HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> DetectX アッセイキットシリーズ(Arbor Assays社)
HOME> 試薬> サイトカイン/増殖因子/ホルモン> ホルモンアッセイキット> DetectX アッセイキットシリーズ(Arbor Assays社)
HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> 酵素活性測定キット> DetectX アッセイキットシリーズ(Arbor Assays社)

ホルモン,酸化ストレス,代謝関連因子,酵素活性測定キット DetectX アッセイキットシリーズ(Arbor Assays社)

掲載日情報:2021/10/15 現在Webページ番号:63368

Arbor Assays社は,ホルモン,酸化ストレス,代謝関連因子を含む広範な研究分野を対象とした高品質で利便性の高いアッセイキットの開発および製造を行っているメーカーです。Arbor Assays社の多彩なDetectXシリーズアッセイキットの製品ラインナップをご紹介いたします。

Arbor Assays社実験する人たち

“Wow! You really are the best source of ALL information!”
(JB, St. Joseph Hospital, Bangor, ME)

製品ラインナップ

Arbor Assays社とは

Arbor Assays社は,高感度イムノアッセイ,活性および検出用のキットの他にも阻害物質や抗体の開発を専門としている,米国で最初の従業員所有のライフサイエンス企業です。従業員が大企業への買収の心配をせずに安心して製品の開発や製造に努められることが,革新的な製品の開発や高品質の維持につながっています。また,Arbor Assays社の従業員は,重要な生体分子を検出・アッセイする研究用製品を構築を使命とし,FDAの体外診断市場向けや研究用のキットを開発してきた50年以上の豊富な経験を持っています。基本的なアッセイ研究から製造,品質管理,流通までのすべてを自社で実施しており,品質には絶対に妥協することはありません。一例として,Webサイトやデータシート中に「N-Cal™」というマークの表示がありますが,これはWHOや米国国立標準技術研究所(NIST)のスタンダードに準拠していることを指します。しかしどのキットも「N-Cal™」表示がある製品と同様に優れています。

Arbor Assays社内ツアービデオ

Arbor Assay社の製品は,設計,製造,そして検査のすべてが米国ミシガン州の自社内で行われています。

N-Cal

Arbor Assays社さらに実験する人たち

データ解析ツール MyAssays

MyAssays

プレートリーダーで測定した生データをコピー&ペーストし,さらにプレートの試料のレイアウトや実験条件,標準試料濃度や希釈率などの数値を入力することで,未知試料の濃度を迅速に求められる便利なツールです。Arbor Assays社では,それぞれのアッセイキットに対応したMyAssayを提供しています。ご利用は無料ですが,最初にメンバー登録が必要です。

Arbor Assays社の取り組み

One Tree Planedプログラム

2021年,Arbor Assays社は地球環境保全活動・森林再生の一環として,アッセイキットの売り上げの度にその一部の収益を植林のために非営利団体である「One Tree Planed」機構に寄付を行います。この取り組みによって,2022年1月までに10,000本の植林を目指しています。ユーザーの皆様のArbor Assays社アッセイキットのご購入は,森林の6つの重要な柱である空気,水,生物多様性,社会,健康,そして気候の支援にも生かされます。

One Tree Planedプログラム

Research the Cureプログラム

Arbor Assays社は,Research the Cureプログラムを行っています。Research the Cureプログラムは,8年間続いているARB社の寄付活動で、2020年はロバートパッカードALS研究センター(The Robert Packard Center for ALS Research)に収益の一部を寄付します。なお,Research the Cureプログラムでは,お客様がARB社のキットを使用して論文を書いた場合,ARB社が寄付を行うというサービスも行っています。

Research the Cure

製品ラインナップ


目次に戻る

測定因子一覧

測定因子名をクリックすると製品の概要をご覧いただけます。

Acetylcholine Esterase Adrenocorticotropic Hormone (ACTH) Aldosterone Allopregnanolone Androstenedione
Arg8-Vasopressin Atrial Natriuretic Peptide(ANP) (BCA) Protein Butyrylcholinesterase Catalase
Ceruloplasmin Corticosterone Cortisol Cortisone Creatinine
Cyclic AMP(cAMP) C-Reactive Protein(CRP) 2',3'/3',3'-Cyclic GAMP(cGAMP) Cyclic GMP(cGMP) Cystatin C
DHEA-S DNA Damage Endothelin-1(ET-1) Epiandrosterone 17β-Estradiol
Estriol Estrone Estrone-3-Glucuronide(E1G) Estrone-3-Sulfate(E1S) Ferric Reducing Antioxidant Power:FRAP
Formaldehyde Galactose Glucose Glutathione Glutathione S Transferase(GST)
Glutathione Reductase Hemoglobin Histone Demethylase(HDM) Hydrogen Peroxide 20-Hydroxyecdysone
17-Hydroxyprogesterone Insulin Levonorgestrel:LNG Myeloperoxidase Nitric Oxide
Osteopontin Oxytocin P450 Palladium Pregnanediol-3-Glucuronide:PDG
Progesterone Progesterone metaborites Prolactin Prostaglandin E2(PGE2 Prostaglandin F 13 14 Dihydro 15 Keto
Protein Kinase A(PKA) Retinol Binding Protein(RBP) Stimulation Expressed Gene 2(ST2) Super Oxide Dismutase(SOD) TBARS/MDA
Testosterone Thiol Thyroxine(T4) Triiodothyronine(T3) Urea Nitrogen


目次に戻る

DetectX シリーズ製品一覧,価格

品名をクリックすると製品の詳細,商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

測定因子 種別 測定試料 測定方法 測定波長 フォーマット 商品コード 製品データシート 測定因子
一覧
Acetylcholinesterase Activity 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),赤血球膜 蛍光 励起390 nm
/蛍光510nm
2×96 well K015-F1 pdf return
Adrenocorticotropic Hormone (ACTH) Immunoassay 血漿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K072-H1 / H5 pdf return
Aldosterone Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,尿,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K052-H1 / H5 pdf return
CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K052-C1 / C5 pdf return
Allopregnanolone Immunoassay 血清,血漿組織培養液,尿,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K061-H1 / H5 pdf return
Androstenedione Immunoassay 血清,血漿,唾液,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K070-H1 / H5 pdf return
Arg8-Vasopressin (AVP) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K049-H1 / H5 pdf return
CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K049-C1 / C5 pdf return
Atrial Natriuretic Peptide Immunoassay 血漿組織培養液,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K071-H1 / H5 pdf return
K026-H1 / H5 pdf return
(BCA) Protein Quantitative 比色 562 nm 2×96 well K041-H1 pdf return
Butyrylcholinesterase Activity 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理) 蛍光 励起390 nm
/蛍光510nm
2×96 well K016-F1 pdf return
Catalase Activity 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),赤血球,細胞,組織 比色 560 nm 2×96 well K033-H1 pdf return
蛍光 励起570~580 nm/蛍光580~590 nm 2×96 well K033-F1 pdf return
Ceruloplasmin Activity 血清,尿 比色 560 nm 2×96 well K035-H1 pdf return
Corticosterone Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,尿,糞便,唾液 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K014-H1 / H5 pdf return
血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,糞便 CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K014-C1 / C5 pdf return
Cortisol Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,尿,糞便,唾液 比色 450 nm 96 well(strip plate)
5×96 well(strip plate)
K003-H1 / H5 pdf return
96 well(solid plate)
5×96 well(solid plate)
K003-H1W / H5W pdf return
Cortisone Immunoassay 血清,血漿,唾液,尿,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K017-H1 / H5 pdf return
血清,血漿,唾液,尿,組織培養液,糞便 CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K017-C1 / C5 pdf return
Creatinine Quantitative 尿 比色 490 nm 96 well
5×96 well
K002-H1 / H5 pdf return
血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理) 比色 490 nm 2×96 well
4×96 well
KB02-H1 / H2 pdf return
比色 490 nm 384 well KB02-H1D pdf return
C-Reactive Protein(CRP) Immunoassay 血清,血漿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K069-H1 / H5 pdf return
Cyclic AMP(cAMP) Immunoassay 血漿(EDTA, ヘパリン処理)細胞,組織,組織培養液,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K019-H1 / H5 pdf return
血漿(EDTA, ヘパリン処理)細胞,組織組織培養液,唾液,尿 CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K019-C1 / C5 pdf return
2',3'-Cyclic GAMP(cGAMP) Immunoassay 細胞,組織,組織培養液 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K067-H1 / H5 pdf return
384 well K067-H1D pdf return
3',3'-Cyclic GAMP(cGAMP) Immunoassay 細胞,組織,組織培養液 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K073-H1 / H5 pdf return
Cyclic GMP(cGMP) Immunoassay 血漿(EDTA処理)細胞,組織培養液,唾液,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K020-H1 /H5 pdf return
比色 450 nm 96 well
5×96 well
K065-H1 / H5 pdf return
CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K020-C1 / C5 pdf return
Cystatin C Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,尿 比色 450 nm 96 well K012-H1 pdf return
Dehydroepiandrosterone sulfate(DHEA-S) Immunoassay 血清,血漿組織培養液,尿,唾液,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K054-H1 / H5 pdf return
DNA Damage (8-OHdG) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,唾液,尿,糞便,精製DNA 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K059-H1 / H5 pdf return
Endothelin-1(ET-1) Immunoassay 血清,血漿,緩衝液 比色 450 nm 96 well K045-H1 pdf return
Epiandrosterone Immunoassay 血清,血漿組織培養液,尿,唾液,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K063-H1 / H5 pdf return
17β-Estradiol Immunoassay 組織培養液,糞便,尿, 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K030-H1 / H5 pdf return
血清,血漿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
KB30-H1 / H5 pdf return
Estriol Immunoassay 血清,血漿組織培養液,尿,唾液,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K064-H1 / H5 pdf return
Estrone Immunoassay 組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K031-H1 / H5 pdf return
Estrone-3-Glucuronide(E1G) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K036-H1 / H5 pdf return
Estrone-3-Sulfate(E1S) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K038-H1 / H5 pdf return
Ferric Reducing Antioxidant Power(FRAP) Quantitative 血清,血漿,尿,飲料,細胞,ハーブ,果汁 比色 560 nm 2×96 well K043-H1 pdf return
Formaldehyde Quantitative 尿,組織培養液 蛍光 励起 450 nm
/蛍光 510 nm
2×96 well K001-F1 pdf return
Galactose Quantitative 血清,血漿組織培養液 比色 560 nm 2×96 well K042-H1 pdf return
Glucose Quantitative 血清,血漿,尿,脳脊髄液 比色 560 nm 2×96 well K039-H1 pdf return
蛍光 励起570~580 nm
/蛍光 580~590 nm
2×96 well K039-F1 pdf return
Glutathione Quantitative 全血,血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),赤血球細胞,組織,尿 比色 405 nm 4×96 well K006-H1 pdf return
Cuvette, 8.5 mm K006-H1C-L pdf return
Cuvette, 15 mm K006-H1C-H pdf return
蛍光 励起 390 nm
/蛍光 510 nm
96 well
5×96 well
K006-F1 / F5 pdf return
2×384 well K006-F1D pdf return
Glutathione Reductase Activity 血清,血漿,赤血球細胞 蛍光 励起 390 nm
/蛍光 510 nm
96 well K009-F1 pdf return
Glutathione S-Transferase(GST) Activity 血清,血漿細胞,尿 蛍光 励起 390 nm
/蛍光 460 nm
96 well K008-F1 pdf return
Hemoglobin Quantitative 全血,赤血球 比色 560~580 nm 2×96 well K013-H1 pdf return
血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理) 比色 450 nm 2×96 well
10×96 well
K013-HX1 / HX5 pdf return
Histone Demethylase(HDM) Activity 蛍光 励起 450 nm
/蛍光 510 nm
2×96 well K010-F1 pdf return
Hydrogen Peroxide Quantitative 組織培養液,尿,緩衝液 比色 560 nm 2×96 well K034-H1 pdf return
蛍光 励起 570 nm
/蛍光 590 nm
2×96 well K034-F1 pdf return
20-Hydroxyecdysone Immunoassay 組織(節足動物の血リンパ,植物) 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K066-H1 / H5 pdf return
17-Hydroxyprogesterone Immunoassay 血清,血漿組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K053-H1 / H5 pdf return
Insulin Immunoassay 血清,血漿組織培養液 比色 450 nm 96 well K046-H1 pdf return
Levonorgestrel(LNG) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,唾液,尿,糞便,母乳 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K058-H1 / H5 pdf return
Myeloperoxidase(MPO) Immunoassay 血清,乏血小板血漿(ヘパリン処理)組織培養液,唾液,尿 比色 450 nm 96 well K060-H1 pdf return
Nitric Oxide Quantitative 血清,血漿組織培養液,水,緩衝液,尿,唾液 比色 540~570 nm 2×96 well K023-H1 pdf return
Osteopontin Immunoassay 血漿(EDTA処理)組織培養液,尿,母乳 比色 450 nm 96 well K021-H1 pdf return
Oxytocin Immunoassay 血清,血漿組織培養液,唾液,母乳 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K048-H1 / H5 pdf return
CLIA
(化学発光)
96 well
5×96 well
K048-C1 / C5 pdf return
P450 Denethylaton Activity 蛍光 励起 450 nm
/蛍光 510 nm
2×96 well K011-F1 pdf return
Palladium API Quantitative 原薬中に残存するパラジウムを定量 蛍光 励起 485 nm
/蛍光 522 nm
96 well K007-F1 pdf return
Pregnanediol-3-Glucuronide(PDG) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K037-H1 / H5 pdf return
Progesterone Immunoassay 組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K025-H1 / H5 pdf return
Progesterone Metabolites Immunoassay 尿,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K068-H1 / H5 pdf return
Prolactin Immunoassay 血清,血漿組織培養液 比色 450 nm 96 well K040-H1 pdf return
Prostaglandin E2(PGE2 Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)培養上清,組織,唾液,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K051-H1 / H5 pdf return
13, 14-Dihydro-15-Keto-Prostaglandin F Immunoassay 血清,血漿組織培養液,糞便,尿, 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K022-H1 / H5 pdf return
Protein Kinase A(PKA) Activity 細胞,組織培養液 比色 450 nm 96 well K027-H1 pdf return
Retinol Binding Protein(RBP) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),乾燥血斑,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K062-H1 / H5 pdf return
尿,乾燥血斑 比色 450 nm 96 well
5×96 well
KU04-H1 / H5 pdf return
Human Stimulation Expressed Gene 2(ST2) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液 比色 450 nm 96 well K055-H1 pdf return
Super Oxide Dismutase(SOD) Activity 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),赤血球細胞,組織 比色 450 nm 2×96 well K028-H1 pdf return
TBARS/MDA Quantitative 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理),細胞,培地,緩衝液 比色 450 nm 2×96 well K077-H1 pdf return
Testosterone Immunoassay 血清,血漿組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K032-H1 / H5 pdf return
血清,血漿,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K080-H1 / H5 pdf return
Thiol Quantitative 緩衝液 蛍光 励起 390 nm
/蛍光 510 nm
96 well K005-F1 pdf return
Thyroxine(T4) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,糞便,尿 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K050-H1 / H5 pdf return
Triiodothyronine(T3) Immunoassay 血清,血漿(EDTA,ヘパリン処理)組織培養液,尿,糞便 比色 450 nm 96 well
5×96 well
K056-H1 / H5 pdf return
Urea Nitrogen Quantitative 血清,血漿組織培養液,尿,唾液 比色 450 nm 2×96 well
10×96 well
K024-H1 / H5 pdf return


目次に戻る

Arbor Assays社アッセイキットデモビデオ

Fecal Extraction Demo

ELISAの前操作として,糞便試料から測定化合物の抽出方法について解説しているビデオです。

Tail Bleed Sample Prep

ステロイドアッセイのための尾から少量の調製方法について解説しているビデオです。

Chemiluminescent ELISA Demo

化学発光ELISAキットのセットアップ方法について解説しているビデオです。

Sample Preparation

各種試料の前処理方法について解説しているビデオです。

Setting up an Arbor Assays ELISA

Arbor Assay社のELISAキットのセットアップ方法を解説しているビデオです。

製品ラインナップ

目次に戻る

試料別前処理プロトコル

下の各画像をクリックすると,それぞれの試料の前処理のプロトコルをご覧いただけます。

Extraction
Saliva
Hair, Feather and Nail

製品ラインナップ

目次に戻る

FAQ

Q-1. アッセイの測定感度と検出限界(LLD, Lower Limit of Detection)とは何ですか?

A-1.

  • (a). 測定感度は,測定におけるバックグラウンドと統計的に区別することが可能なアッセイバッファー中の分析物の最低値であり,複数の低いスタンダードウェルとゼロのシグナルの比較によって決定された計算値です。測定感度は,最低濃度のスタンダードの測定値よりも高くなる可能性があります。試料の値が測定感度を下回っていた場合は,検出には低すぎると見なす必要があります。
  • (b). LLDは測定感度に似ていますが,通常の試料の測定によって決定されます。複数の希薄な試料とゼロのウェルを比較し,ゼロと統計的に区別できる試料の最低濃度を決定します。


Q-2. スタンダードの範囲を変更できますか?

A-2. すべてのアッセイは,キットに添付されているマニュアルに示されているスタンダードの範囲において,正確で再現性のある結果が得られるようにテストおよび設計されています。その範囲よりも高いまたは低い測定点の追加は,アッセイのパフォーマンスを改善しない場合があります。スタンダードの濃度を変更すると,重要な測定点(アッセイポイント)で適切なデータが得られず,不正確になる可能性があります。また,測定に使用されている抗体とバッファーの関数である感度の限界があることも忘れないで下さい。曲線の下限の標準濃度を追加するだけでは,測定感度は上がりません。標準曲線の推奨する希釈方法に従うことにより,通常の場合,最良の結果を得ることができます。


Q-3. 試料をアセチル化する必要があるのはなぜですか?

A-3. サイクリックヌクレオチド用のすべてのDetectXキット(cAMP Kit(#K019-Hおよび#K019-C),およびcGMP Kit(#K020-Hおよび#K019-C))には,スタンダードと試料のアセチル化に使用できる試薬が付属しています。これらのキットの特異的な抗体は,アセチル化されたヌクレオチドに対してより反応性が高いため,この方法で試料を処理することによりcAMPまたはcGMPのより高感度な測定が可能になります。ただし,アセチル化について注意点がいくつかあります。まず,アセチル化試薬により試料中のタンパク質と脂質が沈殿します。測定濃度に合わせて希釈した試料のみを処理する必要があります。
第二に,アセチル化はプロセスに別のステップを追加します。一般には,最初はアセチル化せずに試料を測定することをお勧めします。通常のアッセイは非常に感度が高く,ほとんどの試料はアセチル化の手順を実施せずに分析できます。試料濃度が低すぎる場合,またはマトリックスの干渉を排除するために試料を非常に希釈する必要がある場合は,アセチル化は測定で良好な結果を得るための有用なツールになります。


Q-4. 4PLカーブフィッティングを使用する必要があるのはなぜですか?

A-4. 競合法における検量線のシグモイド形状は,4パラメーターロジスティックモデル(4PLC)によって最も正確に適合します。線形,指数,または両対数などの代替モデルでは,特に高濃度と低濃度で不正確な測定値が得られます。市販のほとんどのプレートリーダーには,検量線の4PLC法を使用してデータを適合させる機能があります。不明な場合,プレートリーダーの製造元にお問い合せ下さい。また,Arbor Assaysのすべてのキットにおいて,無料のデータ分析ソフトウェア「MyAssays」を提供しています。


Q-5. CLIAとELISAの利点は何ですか?

A-5. 化学発光アッセイ(CLIA)は,通常同じマーカーの比色アッセイ(ELISA)よりも感度が高くなります。例えば,cAMP ELISA Kit(#K019-H1 / H5)の測定感度は5 fmolですが,cAMP CLIA Kit(#K019-C1 / C5)の測定感度は1 fmolです。CLIAアッセイには,光学密度の比色測定値とは異なり,アッセイからのグロー発光の測定が可能なプレートリーダーが必要となります。


Q-6. GSH測定用に試料を準備するにはどうすればよいですか?

A-6. Glutathione Detection KitK006-FおよびK006-H)について多くの質問を受けています。これらのアッセイでは,試料中のGSHを定量化するために使用される検出器が試料に存在する遊離チオール基とも反応します。このため,タンパク質またはその他の潜在的な干渉成分を最初に除去する必要があります。これは,すべての試料を5%の5-スルホサリチル酸二水和物(SSA)で処理することにより,より大きなタンパク質を沈殿させ,一方でグルタチオンは溶液中に残存します。遠心分離後,試験前に上清を回収し,Assay bufferで最大1%SSAに希釈することができます。Fluoescent Kit(#K006-F)では,還元型GSHと酸化型GSSGを同じウェルで測定することができます。Colorimetric Kit(#K006-H)では,試料とスタンダードを2-ビニルピリジン(2VP)(還元型グルタチオン(GSH)が検出器と反応するのを防ぐ化学物質)で処理することにより,存在する還元型GSHとは別に,酸化型グルタチオン(GSSG)を測定することが可能です。2VP未処理の同じ試料から個別に決定された総GSHの濃度より酸化GSHの濃度を差し引くことにより,遊離GSH濃度を決定することができます。


Q-7. 解離試薬を使用する必要がありますか?

A-7. 解離試薬は,試料タンパク質へのいくつかのホルモンの結合を最小限に抑えるために,一部のステロイドおよび他のAssay Kitに付属されています。これらの試料のステロイドは,担体タンパク質と関連しており,アッセイで検出できないため,血清または血漿試料でのみ使用する必要があります。唾液,糞便,尿などのマトリックス中の試料では,解離試薬を必要としません。
ステロイド分析物のほとんどのアッセイには,血清および血漿試料の処理に使用する必要がある特別な解離試薬が付属しています。この試薬は,測定のためにステロイドが循環中に結合する特殊な結合タンパク質やアルブミンなどの他の担体からステロイドを解放します。解離試薬自体からマトリックス干渉を排除するために,血清および血漿試料を解離試薬で処理後に試験前に試料をアッセイバッファーでさらに希釈する必要があります。希釈方法については,各キットのマニュアルをご確認下さい。


Q-8. 試料の最適希釈率を決定するにはどうすればよいですか?

A-8. 最初にPubMedで同様の研究を調べて,正常レベルをご判断下さい。測定結果における試料の干渉を最小化するために,検証済みのほとんどの試料タイプの推奨希釈率の最適化を行っています。リストされていない試料タイプを測定する場合は,最初にそのタイプに関するデータがあるかどうかを確認するためにお問い合せ下さい。それ以外の場合では,直線性とスパイク試料の希釈実験を実行し,どの希釈が線形結果をもたらすかを判断する必要があります。


Q-9. マトリックス干渉とは何ですか?

A-9. 測定物質に加え,多くの試料にはタンパク質や脂質などの別の要素が含まれているため,標的物質とキット内の特定の抗体との結合が妨げられる可能性があります。検量線のウェルでは,純粋な分析対象物が単にアッセイバッファーに溶解されるため,干渉する可能性のある成分は存在しません。測定を実行すると,試料のウェルとスタンダードのウェルに同量の測定物質が含まれているが,試料のウェル内の別の成分が特定の抗体への結合を妨げる状況が発生する場合があります。その結果,これらのウェルでは測定物質の量が同じであっても異なる量のシグナルを生成します。


Q-10. 未検証の生物種とは何ですか?

A-10. ステロイド(コルチコステロンなど),環状ヌクレオチド(cAMPおよびcGMP),または小さな脂質(PGE2,PGFMなど)などの多くの測定物質は,由来に無関係でまったく同じです。したがって,特に試験されていない生物種由来であっても,ELISAまたはCLIAで使用可能なはずです。さらに,Glutathione S-Transferase Kit(#K008-F1)またはPKA Kit(#K027-H1)などの試料の活性を測定するキット,または抗体を使用せずに測定物質の存在を検出するキット(Nitric Oxide Kit(#K023-H1)またはHemoglobin Kit(#K013-H1))は,生物種固有の相互作用によって制限されないためにあらゆる生物種の試料で機能します。これらのカテゴリに分類されるすべてのキットは,「Multi Species」として表示されます。検証済みの特定の生物種に限定されているキットには,Cystatin C Human Immunoassay Kit(#K012-H1)など,品名に生物種の名前が含まれています。


Q-11. 未検証のタイプの試料を使用することはできますか?

A-11. キット開発中に特に試験されていないほとんどのタイプの試料は機能しますが,試験と最適化が必要になります。マトリックスの干渉を排除するために,試料を希釈する必要がある場合や,抽出する必要がある場合があります。試料の測定値が検量線の範囲内に収まるようにするための最適な希釈率も決定する必要があります。試料のマトリックスの干渉を避ける十分な希釈後に測定値が検量線の測定範囲に収まる場合,または試料を抽出し測定物質が許容量回収できる場合において,最終的にそのタイプの試料も機能します。


Q-12. ELISAまたはにおける,NSB,B0,およびzero standardとは何ですか?

A-12.

  • NSB(Non-specific binding):競合ELISAにおいて非特異的に結合したペルオキシダーゼ標識物からのシグナルを表します。このシグナルは,プラスチック自体に保持されたペルオキシダーゼ標識物と,基板からのバックグラウンドシグナルから生成されます。
  • B0(Binding for zero standard, maximum binding well):競合ELISAまたはCLIAにおいて特異的抗体によって捕捉された酵素からの最大シグナルを表します。他のすべてのスタンダードと試料は,この値のパーセンテージとして表されます。
  • Zero Standard (Background signal for sandwich assay):イムノアッセイの測定における最小シグナルを表し,検量線の一部になります。


Q-13. Extraction solutionとは何ですか?いつ使用する必要がありますか?

A-13. 小さなペプチドを測定するキットの一部には測定に使用できない試料の精製に使用できる抽出溶液(X123)が付属しています。この酸性有機溶媒溶液は,タンパク質やその他の干渉物質を沈殿させますが,測定物質は溶液中に残存します。汚染物質を含む可能性のある試料はすべて処理できますが,Oxytosin Kit(#K048-H、K048-C),Arginine-Vasopressin Kit(#K049-C),またはET-1 Kit(#K045-H1)では,血清,血漿,唾液の抽出操作が必要となります。
試料調製には,1容量の試料を1.5容量のExtraction reagentと混合し,ボルテックスしてから90分間混合します。混合物を1,660gで20分間遠心分離した後,上清を別のチューブに移し,SpeedVacで乾燥させます。この時点で,試料はキットに付属のAssay bufferで再構成し測定できます。必要に応じて,C18固相カラムを使用して試料を抽出することもできます。詳細は,Arbor Assays社アッセイキットデモビデオおよび試料別前処理プロトコルを併せてご参照下さい。

製品ラインナップ

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。