HOME> 特集> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 免疫化学> 免疫染色(免疫組織染色)> 免疫組織染色用関連製品> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 免疫化学> フローサイトメトリー> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 抗体> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞培養一般試薬> 3次元細胞培養試薬・器材> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 細胞の移動/浸潤/遊走> 腫瘍微小環境特集
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 血管新生> 腫瘍微小環境特集

腫瘍微小環境特集

掲載日情報:2021/12/29 現在Webページ番号:69929

近年,がん研究で注目されている腫瘍微小環境(Tumor microenvironment, TME)に関連した腫瘍モデル,細胞培養製品,アッセイキット,抗体をご紹介します。

腫瘍微小環境特集

目次

カテゴリー名をクリックするとオススメ製品一覧をご覧いただけます。


目次に戻る

腫瘍微小環境(TME)とは

腫瘍微小環境(Tumor microenvironment, TME)とは,腫瘍またはがん細胞とともに免疫系細胞,血管系細胞,線維芽細胞などの様々な細胞が作り出す複雑な微小環境のことを指します。免疫抑制性と低酸素ニッチなどを特徴とし,腫瘍の発生から発達・進行に多くの影響を与えることが分かっています。これまでのがん治療ではがん細胞を標的としてきましたが,近年の研究ではTMEが新たな標的として注目されています1,2


TMEを構成する主な細胞

がん関連線維芽細胞(Cancer-Associated Fibroblast, CAF)
腫瘍間質の主要な構成要素であり,がんの増殖,浸潤,転移,血管新生において重要な役割を果たします3

制御性T細胞(Regulatory T cell, Treg)
CD4T細胞を抑制するため,自己免疫や防御免疫応答を防止するリンパ球のサブセットです。フォークヘッドボックス転写因子(FOXP3)を発現しています4

腫瘍随伴マクロファージ(Tumor-Associated Macrophage, TAM)
M2型のマクロファージです。抗炎症性サイトカインや血管新生因子を多く分泌します5

骨髄由来免疫抑制細胞(Myeloid Derived Suppressor Cell, MDSC)
顆粒球,マクロファージ,樹状細胞などに分化する前の未熟な骨髄細胞です6

Treg, TAM, MDSCはT細胞による免疫応答を阻害します1,5

Tumor-microenvironment

腫瘍微小環境の再現

がん研究では二次元共培養または動物モデルが多く使われています。しかし,二次元の単層状態では複雑な腫瘍微小環境を再現できず,元の組織の機能を完全に反映することができません。動物モデルを用いる場合でも,ヒトに関する生物学的研究を行う上では限界があります7,8
そのため,がん研究においては腫瘍微小環境の複雑さをより再現できる組織モデルや三次元培養技術の需要が高まっています。このような組織は,がんのシミュレーションだけでなく,創薬スクリーニングでの活用も期待されています4

参考文献

  1. Arneth, B., Medicina., 56(1), 15(2019).[PMID:31906017]
  2. Jin, M.Z. and Jin, W.L., Signal Transduct. Target Ther., 5, 166 (2020).[PMID:32843638]
  3. Shiga, K., et al., Cancers(Basel)., 7(4), 2443~2458 (2015).[PMID:26690480]
  4. Nishikawa, H. and Koyama, S., J. Immunother. Cancer, 9, e002591 (2021).[PMID:34330764]
  5. Li, Y. and Yi, Z., J. Hematol. Oncol., 10 10(1), 58 (2017).[PMID:28241846]
  6. Gao, X., et al., Front. Immunol., 11, 585214 (2021).[PMID:33613512]
  7. Fontana, F., et al., Cancers(Basel)., 13(12), 2970(2021).[PMID:34199324]
  8. Mestas, J., and Hughes, C.C.W., J. Immunol., 172(5), 2731~2738(2004).[PMID:14978070]
目次に戻る ↑


目次に戻る

がん組織由来細胞/オルガノイド関連製品・受託サービス

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

一般財団法人福島医大トランスレーショナルリサーチ機構 がん組織由来培養細胞F-PDO®を用いた抗がん物質評価解析受託サービス 

生体内のがん組織の状態に類似したがん組織由来培養細胞(がんオルガノイド)F-PDO®を用いて,抗がん物質評価を実施する受託サービスです。
F-PDO®は元組織の特長を多く残しているため,抗がん物質感受性評価ががん細胞株よりもさらにがん組織に近い評価を可能にします。

F-PDOとがん細胞株の感受性の違い

ATCC Human Cancer Models Initiative(HCMI)作製の次世代がんモデル

ATCC®が,Human Cancer Models Initiative(HCMI)と提携して提供する,患者由来の次世代がんモデルです。
既存の細胞株と比べてヒト腫瘍の複雑さをより再現しており,がんの新規治療法の評価やトランスレーショナルリサーチに有用です。

ATCC_colon-model

Cell Biologics がん研究に有用なマウス初代がん細胞

がん研究に有用なマウス初代がん細胞(上皮細胞/内皮細胞/線維芽細胞)です。


AIM Biotech 様々な実験条件に適応するユニークな3D細胞培養用チップ idenTx 3 Chip

スライドガラスサイズのチップに,3つのチャンネルで構成される3D細胞培養用マイクロ流路デバイスが3個配列された製品です。
生体内を模倣した三次元細胞培養が行えます。

AIM_metastasis

abc biopply オルガノイド・スフェロイド作製用チップ 3D CoSeedis

一度に均一サイズのスフェロイドが大量に作製できる,足場を必要としない三次元培養器材です。6ウェルまたは24ウェルのプレートに,対応する3D CoSeedis Chipを入れて使用します。細胞を混合して共培養する「Contact Co-culture」に加え,距離を置いて共培養する「Distance Co-culture」も可能です。

ECS_3D CoSeedis

TheWell Bioscience オルガノイド培養用ハイドロゲル VitroGel ORGANOID

オルガノイド培養に最適化された,ゼノフリー(動物由来成分フリー)のハイドロゲルです。
Ready-to-useで室温ですぐに使用でき,培地と混合するだけで溶液がハイドロゲルマトリックスに変化します。

TWB_VitroGel ORGANOID

PromoCell 悪性がん細胞の選択的培養システム Primary Cancer Culture System

原発腫瘍または患者由来の異種移植片(Patient-derived xenograft, PDX)を選択的に培養できるシステムです。
本製品には,専用培地,サプリメント,培養容器表面処理剤が含まれています。

PCI_Primary-Cancer-Culture-System

目次に戻る ↑

目次に戻る

イメージング関連製品

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

ジェノスタッフ(株) ヒト組織検出用プローブ Human Cytoplasm Stain Probe Ⅰ&Ⅱ

ヒトのRibosomal RNAをターゲットにしたin situ Hybridization 用のOligoプローブです。
がん研究で多く使われている ゼノグラフト(xenograft)の組織や混合培養の細胞から,ヒト由来の細胞を特異的に検出します。
DIG標識のⅠキットとBiotin標識のⅡキットがあります。

Human Cytoplasm Stain Probe

Visikol スフェロイド・細胞塊用の透明化試薬 Visikol HISTO-M

スフェロイド,オルガノイド,細胞塊,Microtissue(微小培養組織)など組織培養試料用の透明化試薬です。
スフェロイドなどについて,組織内部を蛍光プローブ検出や免疫染色により観察できるため,これらをモデル組織として用いた創薬研究に有用です。

VSK_HISTO-M

目次に戻る ↑

目次に戻る

制御性T細胞(Treg)関連製品

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

R&D Systems 制御性T細胞分化誘導用キット CellXVivo Human/Mouse Treg Differentiation Kit

高品質のサイトカインを組み合わせることにより,ヒトまたはマウスナイーブCD4+T細胞から制御性T細胞(Treg)への分化を誘導するために最適化されたキットです。

RSD_Treg Differentiation Kit

R&D Systems ミクロスフェアを用いたTreg細胞の培養・回収キット Cloudz Human NK Cell / Treg Expansion Kit

表面に抗体を結合した可溶性のミクロスフェアにより,目的細胞を効率よく増殖させ遠心分離により細胞を簡単に回収できるキットです。

RSD_microsphere

Exbio フローサイトメトリーによる制御性T細胞測定キット TregFlowEx Kit

Tregに特徴的なCD4,CD25およびFOXP3の発現をフローサイトメトリーで検出するキットです。

EXB_Treg_flow-cytometry

目次に戻る ↑

目次に戻る

リポソーム製品/受託製造サービス

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

(株)ヒュギエイアバイオサイエンス マクロファージ枯渇試薬 クロドロン酸内包リポソーム

マクロファージ(Macrophage)に対して枯渇作用を示すクロドロン酸をリポソーム化した製品(Clodronate liposome)です。細胞膜を透過しにくいクロドロン酸の細胞透過性が向上します。腫瘍随伴マクロファージを標的とした粒子径の小さな製品もあります。

HYG_クロドロン酸内包リポソーム

片山化学工業(株) リポソーム受託製造サービス

お客様のご要望に沿った脂質組成や内包物のリポソームを,様々なスケールで作製いたします。50種類以上の物質の内包実績があります。

目次に戻る ↑

目次に戻る

細胞遊走/浸潤能測定キット

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

Platypus Technologies細胞遊走能を再現性高く測定できるキット Oris & Oris Pro Cell Migration Assay

細胞を傷つけることなく細胞の遊走能を,高い再現性(CV:≦12%)でモニタリングおよび計数できるキットです。
各ウェルの中央部にシリコーン樹脂製stopperがセットされた96ウェルプレートの製品(Oris)と,生物適合性の可溶性ゲルを用いた自動化に適する96/384ウェルプレートの製品(Oris Pro)があります。

PLS_oris-migration-assay-kit

Cell Biolabs細胞走化性測定キットと浸潤活性測定キットのセット CytoSelect Boyden Chamber Cell Migration / Invasion Assay

細胞走化性測定キットと浸潤活性測定キットがセットになった製品です。ポリカーボネート膜を装着したチャンバーと24 / 96 wellプレートを組み合わせることで,様々な細胞の遊走性および浸潤活性を測定できます。

CBO_Chemotaxis-Invasion-Assay-Combo-Kit

細胞遊走/細胞浸潤製品特集
目次に戻る ↑

目次に戻る

抗体/ELISA

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

Synaptic Systems 免疫染色用抗体 HistoSure

Synaptic Systems社のホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)試料の免疫染色に特化した抗体です。特にXenograft Pathology抗体は,患者から採取した腫瘍試料を免疫不全マウスに移植するPDXモデルなどにおいて,ヒト成分とマウス成分を区別できるように設計されています。

SS2_HistoSure-antibody

Arigo Biolaboratories 腫瘍免疫微小環境研究用抗体セットシリーズ

腫瘍浸潤リンパ球(Tumor-infiltrating Lymphocyte, TIL),MDSC,M1/M2/TAM,およびCAFを識別するための一連の抗体セットです。腫瘍免疫浸潤の研究について理解を深めるのに最良の製品です。

ARI_ARG30333

Bethyl Laboratories マルチプレックスIHC検出用がん関連抗体パネル PathPlex Panelシリーズ

免疫組織染色(IHC)での使用が検証済みの抗体が3~6種類ずつセットになっており,マルチプレックスフォーマットで利用できます。腫瘍内微小環境をプロファイルするのに有用です。

BET_PathPlex Panel 1(#A810-001)

Arigo Biolaboratories HMGB1を中心とした腫瘍微小環境研究用製品

HMGB1(High Mobility Group Box 1)は細胞局在によって異なる役割をもつ多機能性タンパク質です。腫瘍微小環境において腫瘍細胞が分泌するHMGB1は,樹状細胞の成熟を阻害し,MDSCおよびTregの活性を促進することによって抗腫瘍免疫を抑制します。

Absolute Antibody 【技術情報】免疫療法における二重特異性抗体の展望

オランダのライデン大学医療センター(Leiden University Medical Center, LUMC)のグループが行った研究において,腫瘍溶解性レオウイルスと,T細胞-がん細胞に結合(架橋)する二重特異性抗体を併用することで,腫瘍退縮を効果的に退縮できる可能性が示されました。この研究で,Absolute Antibody社のKnobs-into-holes(KIH)二重特異性抗体が使用されました。

    使用された抗体
  • マウスCD3εとTPR-1(TA99)を標的とする抗体(#bAb0136
  • ヒトCD3εとHER2(4D5-8, Trastuzumab)を標的とする抗体(#bAb0183)  

【技術情報】免疫療法における二重特異性抗体の展望の詳細はこちら

ABA_Bi-specific-antibody

目次に戻る ↑

目次に戻る

血管新生

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

R&D Systems in vivoでの血管新生解析に有用なキット Cultrex Directed In Vivo Angiogenesis Assay(DIVAA)Kit

移植グレードのシリコンシリンダー“Angioreactor”にBME(Basement Membrane Extract)と目的物質の混合物を充填し,マウス背側皮下に移植することにより,in vivoで血管新生を解析できます。

RSD_angioreactor

Cell Biolabsin vitroでの血管形成・血管新生を評価するキット Endothelial Tube Formation Assay (In vitro Angiogenesis)

マウスEHS 肉腫から調製したECM を用いて,in vivoに似た三次元環境で血管形成を行うキットです。in vivo実験前の血管形成・血管新生阻害物質のスクリーニングなどに有用です。

CBO_Endothelial-Tube-Formation

目次に戻る ↑

目次に戻る

一酸化窒素(Nitric oxide, NO)測定

各項目名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

活性窒素種(Reactive nitrogen speicies, RNS)は,一酸化窒素シンターゼ(Nitric oxide synthase, NOS)とNADPHオキシダーゼ(NADPH oxidase)の媒介により生成されるNOとスーパーオキシドアニオン(O2)由来の分子です。
RNSは腫瘍微小環境中のC-C motif chemokine 2(CCL2)タンパク質をニトロ化することで,T細胞の浸潤を妨げることが示唆されました。CCL2のニトロ化を阻害する物質を腫瘍微小環境に作用させることが,がん免疫療法として有効である可能性があります1

参考文献

  1. Molon, B., et al., J. Exp. Med., 208(10), 1949~1962(2011).[PMID:21930770

Cell Biolabs培養細胞中のNOを測定するキット OxiSelect Intracellular Nitric Oxide (NO) Assay Kit (Fluorometric)

培養細胞内のNO,またはNOS活性を蛍光法により迅速かつ高感度で測定するキットです。耐光性,pH安定性に優れたNO特異的蛍光プローブを用いています。

CBO_NO-assay-kit

目次に戻る ↑

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当/テクニカルサポート 機器担当/受託・特注品業務担当)

reagent@funakoshi.co.jp

kiki@funakoshi.co.jp

jutaku@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。