HOME> 試薬> 抗体> 一次抗体> 免疫染色用HistoSure抗体シリーズ

ホルマリン固定パラフィン包埋組織で検証済み免疫染色用抗体 免疫染色用HistoSure抗体シリーズ

掲載日情報:2020/12/18 現在Webページ番号:67229

HistoSureロゴ

Synaptic Systems社のブランドHistoSure抗体は,ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織における免疫染色に使用するために特別に開発されました。すべてのSynaptic Systems社製品と同様に,HistoSure抗体は,最高の品質と信頼性を保証するために,自社の施設で製造および検証されています。

【評価用無料サンプル】

ご使用後フィードバックにご協力いただける方に無料サンプルをご提供しています。

詳細は当社テクニカルサポート 試薬担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。



使用例

ヒト扁桃腺(ホルマリン固定パラフィン包埋)の二重免疫染色像

ヒト扁桃腺(ホルマリン固定パラフィン包埋)の二重免疫染色像
ラット抗ヒトIgλ Light Chain抗体(#HS-349117):茶色(DAB)
ビオチン標識マウス抗ヒトIgκ Light Chain抗体(#HS-346011BT):赤色(AP-RED)
核:青色(haematoxylin)

マウス結腸(ホルマリン固定パラフィン包埋)の二重免疫染色像

マウス結腸(ホルマリン固定パラフィン包埋)の二重免疫染色像
抗マウスCD19抗体(#HS-439003):赤色(AP-RED)
抗マウスCD3e抗体(#HS-413117):茶色(DAB)
核:青色(haematoxylin)

目次に戻る

HistoSure製品検索

画像をクリックするとメーカーサイトの該当製品一覧をご覧いただけます。

Antibody for Humanボタン

ヒト組織染色用抗体

Antibody for Mouseボタン

マウス組織染色用抗体

Antibody for chimeraボタン

ヒト/マウスキメラ用抗体

目次に戻る

ヒト化マウスモデルとは

ヒト化マウス(機能的なヒト細胞を移植した免疫不全マウス)は,ヒトの疾患の研究にとってますます重要になっています1

「古典的な」マウス研究は基本的な生物学的プロセスを理解するために非常に重要ですが,人間生物学を調査する場合,マウス研究には限界があります2。特にがんとがん免疫療法の研究は,腫瘍微小環境内のヒトの悪性腫瘍と免疫状況の複雑さを再現する忠実なマウスモデルの必要性を高めています3
免疫不全マウスに注射されたヒト細胞株を使用するヒト異種移植モデル(Human xenograft model)は,がんの細胞毒性療法を評価するための一般的なモデルですが,腫瘍内の不均一性を反映しておらず,薬剤開発の比較的初期の段階で使用することが望ましいです4。患者から採取した腫瘍サンプルを免疫不全マウスに移植するPDXモデルは,患者の元の腫瘍によく似ているため,医薬品開発研究での予測値が高くなります4。次世代のPDXモデルには,さらにヒト免疫細胞が移植されており,免疫ベースの治療法の貴重なモデルです4
広く使用されている抗体は多くの種で機能するように開発されていることが多く,ヒト化マウスモデルのヒト成分とマウス成分を区別しないため,ヒト化マウスモデルの組織学的分析が妨げられています。

HistoSureブランドのXenograft Pathology抗体は,この課題を克服するために特別に設計および開発されています。

抗ヒトおよび抗マウスKi67抗体を用いたヒト化マウス脾臓の二重免疫染色像

抗ヒトおよび抗マウスKi67抗体を用いたヒト化マウス脾臓の二重免疫染色像
試料:ヒトCD34+細胞を移植したマウス脾臓組織(ホルマリン固定パラフィン包埋)
ウサギ抗ヒトKi67抗体(#HS-398003):赤色(AP-RED)
ラット抗マウスKi67抗体(#HS-398117):茶色(DAB)
核:青色(haematoxylin)
HistoSure抗体は,ヒト化マウスの脾臓でマウスとヒトの増殖細胞を免疫染色により染め分けることができている。

■参考文献

  1. Walsh, N., et al., Annu. Rev. Pathol., 12:187~215(2017). PMID: 27959627
    "Humanized mouse models of clinical disease."
  2. Mestas, J., et al., J. Immunol., 172(5):2731~2738(2004). PMID: 14978070
    "Of Mice and Not Men: Differences between Mouse and Human Immunology."
  3. Olson, B., et al., Cancer Discov., 8(11):1358~1365(2018). PMID: 30309862
    "Mouse Models for Cancer Immunotherapy Research."
  4. Murayama, T., Cells, 8(6):621(2019). PMID: 31226846
    "Patient-Derived Xenograft Models of Breast Cancer and Their Application."


目次に戻る

HistoSure製品の検証内容

HistoSure抗体は,ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織で使用するために特別に開発されており,幅広いFFPE細胞および組織パネルで広範囲にテストされています。他のアプリケーション(ウエスタンブロット,IHC,ICなど)での抗体検査もまた,検証プロセスの不可欠な部分です。

抗体の特異性の検証例

  • 目的のタンパク質またはタンパク質断片を(過剰)発現している細胞のホルマリン固定パラフィン包埋細胞ペレットでの検証
  • タンパク質またはタンパク質フラグメントをレポーター遺伝子に結合させての,偽陽性染色の検証
  • 内因性レベルで目的のタンパク質を発現する細胞または細胞株での検証
抗Histone H3.3 G34V抗体(#HS-388011)を用いた細胞ペレットでの検証

抗Histone H3.3 G34V抗体(#HS-388011)を用いた細胞ペレットでの特異性の検証
上段:抗Histone H3.3 G34V抗体(#HS-388011)による染色
下段:抗GFP抗体(#132002)による染色(コントロール)
左カラム:H3.3 G34V-GFPをトランスフェクトした細胞ペレット
中央カラム:H3.3 G34R-GFPをトランスフェクトした細胞ペレット
右カラム:未処理の細胞ペレット
核:青色(haematoxylin)
抗Histone H3.3 G34V抗体(#HS-388011)は,G34V mutation(左カラム)のみに特異性を示した。

抗体の組織特異性の検証例

抗体の組織特異性と感度は,ポジティブ組織とネガティブ組織を使用して,(可能な限り)高発現組織と低発現組織で検証されます。この検証のため,Synaptic Systems社には,マウスとラットの組織(脳,脾臓,結腸,胸腺,心臓,腎臓,筋肉,肝臓,膵臓など)の包括的な組織パネルがあり,またヒトの様々な臓器や適応症の臨床試料に使用することができます。HistoSure抗体は,染色の際に生じるアーティファクトが最小限であり,高いS/N比を示します。

FFPEマウス組織のTissueBankイメージ

FFPEマウス組織のTissueBankイメージ

抗STAT6抗体(#HS-378011)によるヒト組織の核STAT6の検出像

抗STAT6抗体(#HS-378011)によるヒト組織の核STAT6の検出像
A:NAB2-STAT6融合遺伝子陽性の血管周囲細胞腫像
B:異型性髄膜腫(ネガティブコントロール)像
画像提供:F. Feuerhake and Prof. Dr. C. Hartmann, Dept. of Pathology,
Neuropathology; Medizinische Hochschule Hannover


目次に戻る

HistoSure抗体のラインナップ

品名をクリックすると製品記事で詳細をご覧いただけます。

抗SARS-CoV-2ヌクレオカプシド(N)タンパク質抗体

SARS-CoV-2ヌクレオカプシド(N)タンパク質を高い特異性で検出する2種類(クローン:4A8および53E2)のマウスモノクローナル抗体です。

#HS-452111を用いたマウス脳組織の免疫蛍光染色像-1
#HS-452111を用いたマウス脳組織の免疫蛍光染色像-2

抗CD11b抗体/抗IBA1抗体

活性化ミクログリアマーカーのCD11bおよびIBA1を検出するHistoSure抗体です。

SARS-CoV-2ウイルスに感染したマウス脳組織のミクログリアにおけるCD11bとIBA1の発現

抗Ki67抗体/抗Lamin B1抗体

異種移植片におけるヒトとマウスの判別を目的として開発された抗Ki67抗体/抗Lamin B1抗体です。

#HS-398003および#HS-398117を用いた異種移植マウス組織の二重染色像-1
#HS-398003および#HS-398117を用いた異種移植マウス組織の二重染色像-2

抗Histone 3.3 G34V抗体

ヒストンH3.3(G34V)変異体を検出するHistoSure抗体です。

SS2-67229-Anti-Histone-3.3-G34V-Antibody-1.jpg
SS2-67229-Anti-Histone-3.3-G34V-Antibody-2.jpg

その他のHistoSure抗体は,下記検索フォームから製品を選択してご検索下さい。



目次に戻る

メーカーインタビュー:FRONTIERS

HistoSureブランドについて,Director HistoSureのDr. Christel Bonnasにお話を伺ったメーカーインタビューはこちらからご覧いただけます。

Vol. 77 FFPE組織の免疫染色に特化した抗体

#Synaptic Systems Director HistoSure Dr. Christel Bonnas

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。