HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞培養一般試薬> 3次元細胞培養試薬・器材> AIM 3D Cell Culture Chip
HOME> 試薬> 細胞培養> cell_analysis> 血管新生> AIM 3D Cell Culture Chip

様々な実験条件に適応するユニークな3D細胞培養用チップ AIM 3D Cell Culture Chip

掲載日情報:2018/09/26 現在Webページ番号:65211

顕微鏡用スライドサイズのプラスチック製チップに,3つのチャンネルで構成される三次元細胞培養(3D cell culture)用マイクロ流路デバイスが3個配列された製品です。左右のチャンネルに培地,中央のチャンネルに任意のハイドロゲルを注入することにより,生体内を模倣した三次元細胞培養(3D cell culture)が行えます。多様な実験条件に適応し,細胞遊走,血管新生,がん細胞の浸潤・遊走,神経突起伸長など多くの研究に応用できます。

AIM 3D Cell Culture Chip (#DAX-1)

血管新生の出芽

3D培養における血管新生(angiogenesis)の出芽

特長

  • 細胞遊走(cell migration),血管新生(angiogenesis),がん細胞の浸潤・遊走・転移(metastasis),神経突起伸長など多くの研究に応用でき,信頼性・再現性の高い結果が得られます(→AIM 3D Cell Culture Chipの使用例)。
  • マイクロ流路デバイスを用いているため,血管新生(angiogenesis)研究での出芽の観察において,出芽した細胞同士が重なることがなく,明白な画像が得られます。
  • 顕微鏡用スライドサイズのチップで,1チップに3つの3D細胞培養(3D cell culture)用マイクロ流路デバイスがマウントされています。各デバイスは左右の培地用2チャンネル,中央のゲル用1チャンネルで構成されています(→全体構造図)。
  • 独自のポスト構造の採用により,ハイドロゲル充填時の漏洩リスクを低減しています(→チャンネル境界面)。
  • ゲルチャンネルには,コラーゲン,フィブリノーゲンなどのハイドロゲル,Matrigelなどの細胞外マトリックス(ECM)を充填することが可能です。
  • チップ底面に装着した通気性を有する薄膜を通して,培地・ハイドロゲルと外界とのガス交換が可能です(→ガス交換性能)。
  • 優れた透明性を有するため,位相差,落射蛍光,2光子および共焦点顕微鏡を用いた観察が可能です(→高い透明性)。
  • 異なる細胞種を用いた共培養を行うことができ,組織間の相互作用を模したモデルを構築できます(→共培養(co-culture)モデルを設計可能)。
  • 培地用の2チャンネル間において培地の圧力を制御でき,それによりハイドロゲル内に生じるせん断流(shear flow)の細胞への影響の検討が可能です(→培地の圧力勾配の制御)。
  • ハイドロゲル内において,化学物質の濃度勾配を設定でき,血管新生(angiogenesis),細胞遊走(cell migration)および神経突起の軸索誘導における走化性の方向性研究に有用です(→化学物質の濃度勾配)。
  • 迅速かつ容易な培地交換が可能です(→迅速かつ容易な培地の交換)。
  • AIM 3D Cell Culture Chip(#DAX-1),別売りの専用ホルダー(#HOL-1)およびコネクター(#LUC-1)はすべて滅菌済みです。

AIM社 Websiteより,各種プロトコルをダウンロードできます。

目次に戻る

構造と機能


目次に戻る

使用例


目次に戻る

動画

画像をクリックすると,AIM 3D Cell Culture Chipの使用方法のビデオがご覧いただけます。



目次に戻る

関連製品

Holder with cover (#HOL-1)

AIM 3D Cell Culture Chip(#DAX-1) を3組セットできるカバー付ホルダーです。細胞培養中の湿度調整のため,無菌水を入れるリザーバーが設けられています。

関連製品1 関連製品2

Luer Connector (#LUC-1

AIM 3D Cell Culture Chip(#DAX-1)に1mlシリンジやルアーチューブを接続するためのコネクターです。重力法による培地添加には1mlシリンジを,シリンジポンプを用いた培地の流速コントロールにはルアーチューブを用います。

関連製品1

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2018年12月14日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名 商品コード メーカー 包装 価格 在庫 納期 文献数 リスト
3D Cell Culture Chip
データシート
DAX-1 AIMエーアイエム バイオテック
AIM Biotech Pte. Ltd.
25 pieces ¥75,000 3個以上 - 0 追加

説明文 生体内により近い三次元環境で細胞を用いた各種アッセイを行える,3つのマイクロ流路デバイスが組み込まれたスライドサイズのチップ。滅菌済み。個別包装。サイズ:75×25mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事
Holder
データシート
HOL-1 AIMエーアイエム バイオテック
AIM Biotech Pte. Ltd.
10 pieces ¥25,000 1個 - 0 追加

説明文 AIM社3D Cell Culture Chip(#DAX-1)を3枚保持できる専用のホルダー。滅菌済み。個別包装。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事
Connector
データシート
LUC-1 AIMエーアイエム バイオテック
AIM Biotech Pte. Ltd.
36 pieces ¥18,000
(未発注)
3週間程度  0 追加

説明文 AIM社3D Cell Culture Chip(#DAX-1)にシリンジを接続させる際に用いるルアーコネクター。滅菌済み。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事

[在庫・価格 :2018年12月14日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

3D Cell Culture Chip

文献数:0


  • 商品コード:DAX-1
  • メーカー:AIM
  • 包装:25pieces
  • 価格: ¥75,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-

説明文 生体内により近い三次元環境で細胞を用いた各種アッセイを行える,3つのマイクロ流路デバイスが組み込まれたスライドサイズのチップ。滅菌済み。個別包装。サイズ:75×25mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事

Holder

文献数:0


  • 商品コード:HOL-1
  • メーカー:AIM
  • 包装:10pieces
  • 価格: ¥25,000
  • 在庫:1個
  • 納期:-

説明文 AIM社3D Cell Culture Chip(#DAX-1)を3枚保持できる専用のホルダー。滅菌済み。個別包装。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事

Connector

文献数:0


  • 商品コード:LUC-1
  • メーカー:AIM
  • 包装:36pieces
  • 価格: ¥18,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:3週間程度 

説明文 AIM社3D Cell Culture Chip(#DAX-1)にシリンジを接続させる際に用いるルアーコネクター。滅菌済み。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年7月1日号 p.31
ニュース2017年9月15日号 p.23

製品記事 フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIM Biotech社の紹介
関連記事



目次に戻る

メーカーインタビュー 生体内を模倣した3D細胞培養用チップ


Frontiers_AIM

AIM Biotech 社は,シンガポールに拠点を置く2013 年に設立したメーカーで,米国MIT のRogen D. Kam 教授により開発されたユニークな3D 細胞培養用製品の製品化を行っています。今回は,CEO のKuan Chee Mun 氏に同社の製品について伺いました。

Frontiers_AIM_Kuan Chee Mun CEO
続きを表示する。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。