HOME> 特集> mRNAワクチン研究・開発関連製品
HOME> 試薬> 遺伝子工学> RNA研究用製品> mRNAワクチン研究・開発関連製品
HOME> 試薬> 創薬研究> exploratory_research> 薬理研究・薬物動態> ドラッグデリバリー試薬> mRNAワクチン研究・開発関連製品
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> RNA合成> mRNAワクチン研究・開発関連製品
HOME> 受託サービス・特注品> 創薬・薬物動態> リポソーム> mRNAワクチン研究・開発関連製品

2023年ノーベル生理学・医学賞に関連する研究用製品をご紹介! mRNAワクチン研究・開発関連製品

掲載日情報:2023/10/04 現在Webページ番号:71520

2023年のノーベル生理学・医学賞は、「新型コロナウイルス感染症に対する効果的なmRNAワクチンの開発を可能にしたヌクレオシド塩基修飾に関する発見」に関する業績により、カリコー・カタリン(BioNTech社、ペンシルベニア大学)、ドリュー・ワイスマン(ペンシルベニア大学)の2名が受賞されました。
本ページでは修飾mRNA関連製品、および関連製品としてmRNA送達関連製品をご紹介いたします。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


mRNAによるタンパク質発現について

mRNAによるタンパク質発現のメリット

タンパク質の発現において、mRNAを用いる方法は、プラスミドDNA(pDNA)と比べて、下記に挙げたような利点があります。

  • ①:mRNAからの翻訳は細胞質内で起こるため、発現に際して核への取り込みを必要としません。核送達(核膜の通過)は、分裂速度の遅い細胞や、非分裂細胞へのトランスフェクションにおける主な課題の1つとなります。そのため、これらの細胞へのトランスフェクションにおいて有用です。
  • DNAからタンパク質の翻訳機構

    図をクリックすると拡大します(拡大図

    DNAからタンパク質の翻訳機構

    mRNAからタンパク質の翻訳機構

    図をクリックすると拡大します(拡大図

    mRNAからタンパク質の翻訳機構

  • ②:pDNAとは異なり、mRNAは宿主ゲノムへ組み込まれることはありません。
  • ③:初代培養細胞やトランスフェクションが困難な細胞に最適で、より簡単に遺伝子操作することができます。mRNAでは宿主ゲノムへの組み込みのリスクがないことに加え、mRNAによるトランスフェクションは細胞周期にも依存しないため、内皮細胞や樹状細胞などの分裂速度の遅い細胞に特に適しています 1

mRNAの構造

mRNAの構造

図をクリックすると拡大します(拡大図

5' Cap キャップ構造は、mRNAを分解から保護し、プロセッシングおよび翻訳因子の動員に関与します。哺乳動物では、リボースにおける2位のOがメチル化された1番目の転写ヌクレオチドと、7-メチルグアノシン3リン酸が5'-5'結合している状態が多く見られます。
5' Untranslated Region (5' UTR) 5' UTRは、開始コドンのすぐ上流にある非コード領域で、mRNAの安定性、輸送、細胞内局在化、および翻訳効率の調節において転写後調節に関与し、タンパク質産物の微調整を可能にします。この領域は、高いGC含有量と複数の二次構造を持っており、翻訳プロセスの開始に重要な役割を果たすKozak配列(GCCGCCRCCAUGG)を含んでいます。
Open Reading Frame (ORF) 真核生物のmRNAにおいて、この領域の配列は実際のタンパク質翻訳に反映されます。ORFはメチオニンコドン(AUG)で始まり、終止コドンで終わります。
3' Untranslated Region (3' UTR) 3' UTRは、翻訳終結コドンの直後にあるmRNAの領域です。この領域は、mRNAの局在化、安定性、輸送、および翻訳効率に影響を与え、遺伝子発現において重要な役割を果たします。
Poly A tail Poly A tailは、mRNA前駆体の3'末端に付加されたアデニンヌクレオチドの長い配列(HeLa および NIH-3T3 細胞では長さのの0~250ヌクレオチド(中央値:50~100))です2。Poly A tailには、Poly A結合タンパク質(PABP)の結合部位が含まれ、核からの運搬、翻訳に関与し、またmRNAの分解から保護します。その長さは、翻訳効率とmRNAの安定性の重要な決定要因であり、欠落または除去されると、多くの場合においてエキソヌクレアーゼを介したmRNAの分解につながります。

参考文献

  1. Yamamoto, A., et al., "Current prospects for mRNA gene delivery", Eur. J. Pharm. Biopharm., 71(3), 484~489 (2009). [PMID:18948192]
  2. Chang, H., et al., "TAIL-seq: genome-wide determination of Poly A tail length and 3' end modifications", Mol. Cell, 53(6), 1044~1052 (2014). [PMID:24582499]

修飾mRNAについて

未修飾のmRNAを外部より導入した場合、自然免疫系の活性化およびサイトカイン産生の活性化(炎症反応)を引き起こします。カリコー、ワイスマン両氏は、mRNA中のウリジンを、tRNAでは一般的なシュードウリジンに置き換えると炎症反応を抑えられることを発見し、これがmRNAワクチンの実用化をもたらしました。

Mature mRNA(Unmodified nucleotides)with cap1 and PolyA tail

図をクリックすると拡大します(拡大図

Mature mRNA(Unmodified nucleotides)
with cap1 and PolyA tail

Mature mRNA(fully modified moU)with cap1 and PolyA tail

図をクリックすると拡大します(拡大図

Mature mRNA(fully modified moU
with cap1 and PolyA tail

Mature mRNA(fully modified N1-mΨ)with cap1 and PolyA tail

図をクリックすると拡大します(拡大図

Mature mRNA(fully modified N1-mΨ
with cap1 and PolyA tail

5moU:5-メトキシウリジン、N1-mΨ:N1-メチルシュードウリジン


LNP(脂質ナノ粒子)によるmRNA送達について

効率的な遺伝子送達の課題

RNA治療薬は、安全性・再現性・汎用性が高いため、ワクチン接種、免疫腫瘍学、慢性および遺伝性疾患の治療などの医療分野に革命を起こす可能性を秘めています。しかし、裸のmRNAは不安定で、負電荷のために細胞に取り込まれにくく、また生体内で急速に分解されます。そのため、in vivoアプリケーションでmRNAを効率的に送達するためのシステムが必要です。非ウイルス遺伝子送達システムは、タンパク質発現の一時的な増強またはノックダウンを目的として、目的の細胞に核酸ペイロード(DNAおよびRNA)を送達するための効率的なアプローチです。現状、LNP(脂質ナノ粒子)を用いた製剤化は、遺伝子治療の最先端の送達プラットフォームであり、様々な疾患を治療するための有望な候補となっています。さらに、LNPは、siRNAによるアミロイドーシス疾患治療薬(Onpattro)が米国FDA(食品医薬品局)の承認を受けたほか、mRNA-LNPベースのSARS-CoV-2ワクチン(ComirnatyおよびSpikeVax)が広く流通しています。

LNPによるDDSの原理

LNPは、内部コア内に目的の送達物(ペイロード)を保持する脂質ベースのドラッグデリバリーシステム(DDS、Drug Delivery System)です(下図参照)。核酸の場合、カチオン性脂質が主に静電的相互作用により遺伝物質を保持することにより、核酸はヌクレアーゼの分解から保護されます。LNPが生体内に投与されると、主にエンドサイトーシス現象の後に細胞内にペイロードを輸送できます。エンドソームでは、pHスポンジ効果によってLNPの完全性が損なわれて、核酸が細胞質へ放出されます。最終的には、細胞内の機構により輸送された遺伝物質が細胞内での反応に使用されます。LNPは、タンパク質の置換、免疫調節、および遺伝子編集などへの関与による数多くの医療用途に適用されています。

LNPカプセル化mRNAの細胞への取り込みと細胞内輸送

LNPカプセル化mRNAの細胞への取り込みと細胞内輸送


製品ラインナップ

項目名をクリックすると該当箇所へページ内ジャンプします。

修飾mRNA関連製品・受託サービス mRNA送達関連製品・受託サービス
各種タンパク質発現用mRNA 核酸デリバリー用脂質ナノ粒子:NanOZ-LNP
細胞導入に適したmRNAを合成するキット 脂質ナノ粒子(LNP)作製検討キット
mRNA合成受託サービス(OZ Biosciences社) in vivo専用のmRNA導入試薬:in vivo-jetRNA®+
mRNA合成受託サービス(GenScript社) LNP調製用カチオン性脂質:LipidBrick IM21.7c
リポソーム受託製造サービス

各種タンパク質発現用mRNA

OZBロゴ

OZ Biosciences
[メーカー略称:OZB]

目的遺伝子を高発現するmRNAです。5’末端側にヌクレオチドキャッピング(Cap1)と3’末端側にPolyA tailを有するため、安定化されており、また成熟したmRNAと構造が似ているため、リボソームによってすぐに翻訳されます。
非修飾タイプ(Unmodified)と、自然免疫応答を低減するために5-メトキシウリジン(5moU)またはN1-メチルシュードウリジン(N1-mΨ)で修飾されているタイプ(Modified)の製品があります。

特長

  • 塩基配列は、安定性とパフォーマンスが向上するよう最適化されています。
  • 細胞質内で直接タンパク質を発現し、核内へ取り込む必要がないため、トランスフェクションが難しい細胞や非分裂細胞などに適しています。
  • プラスミドDNAとは異なり、ゲノムへの組込みはありません。
  • プロモーター非依存的にタンパク質を発現し、DNAのトランスフェクションよりも発現が迅速です。
  • in vitro転写により作製されています。
  • 非修飾タイプ(Unmodified)と、自然免疫応答を低減するために5-メトキシウリジン(5moU)またはN1-メチルシュードウリジン(N1-mΨ)で修飾されているタイプ(Modified)の2種製品があります。

新型コロナウイルス変異株のスパイクタンパク質発現用

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

品名 変異 一般名 mRNA
の長さ
修飾 M.W. 包装 商品コード

Spike SARS-CoV-2 mRNA

SARS-CoV-2 E484K:N501Y mutant

E484K; N501Y ベータ株
(B.1.351)
ガンマ株
(P.1)
4,036 nt. Unmodified 1,300,650 20 μg MRNA34-20
100 μg MRNA34-100
1,000 μg MRNA34-1000
Modified
(5moU)
1,320,720 20 μg MRNA35-20
100 μg MRNA35-100
1,000 μg MRNA35-1000
Modified
(N1-mΨ)
1,310,685 20 μg MRNA43-20
100 μg MRNA43-100
1,000 μg MRNA43-1000

Spike SARS-CoV-2 DELTA mRNA

SARS-CoV-2 Delta mutant

L452R; T478K; D614G; P681R; D950N デルタ株
(B.1617.2)
4,036 nt. Unmodified 1,300,873 20 μg MRNA36-20
100 μg MRNA36-100
1,000 μg MRNA36-1000
Modified
(5moU)
1,320,913 20 μg MRNA37-20
100 μg MRNA37-100
1,000 μg MRNA37-1000

Spike SARS CoV-2 Omicron mRNA

SARS-CoV-2 Omicron mutant

A67V; H69-;V70-; T95I; G142-; V143-; Y144-; Y145D; N211-; L212I; ins EPE 214; G339D; S371L; S373P; S375F; K417N; N440K; G446S; S477N; T478K; E484A; Q493R; G496S; Q498R; N501Y; Y505H; T547K; D614G; H655Y; N679K;P681H; N764K; D796Y; N856K; Q954H; N969K; L981F オミクロン株
(B.1.1.529)
4,027 nt. Unmodified 1,297,642 20 μg MRNA38-20
100 μg MRNA38-100
1,000 μg MRNA38-1000
Modified
(5moU)
1,317,802 20 μg MRNA39-20
100 μg MRNA39-100
1,000 μg MRNA39-1000

レポーター遺伝子発現用

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

レポーター遺伝子 修飾 蛍光標識 商品コード 製品概要
GFP 5moU MRNA11 GFPを高発現するように設計されています。哺乳動物細胞培養で一般的に使用される直接検出レポーターであり、励起488 nm/蛍光507 nmで発光する明るい緑色の蛍光を発します。
Cy5 MRNA11c
N1-mΨ MRNA22
未修飾 MRNA15
Cy5 MRNA15c
mCherry 5moU MRNA13 造礁サンゴDiscosoma sp.で見られるタンパク質であるDsRedに由来する蛍光タンパク質をコードします。mCherryは、励起587 nm/蛍光610 nmで発光する単量体蛍光タンパク質です。光安定性であり、光退色に耐性があります。
N1-mΨ MRNA1
未修飾 MRNA8
Tomato 5moU MRNA10 オレンジ色の蛍光タンパク質をコードします。励起551~557 nm/蛍光579~583 nmで、蛍光顕微鏡または共焦点顕微鏡、蛍光活性化セルソーティング(FACS)で検出できます。
N1-mΨ MRNA2
未修飾 MRNA9
F-Luc 5moU MRNA12 ホタルルシフェラーゼを高発現するように設計されています。哺乳動物の細胞培養では、遺伝子発現と細胞生存率の両方を測定するために一般的に使用されます。基質であるルシフェリンの存在下で生物発光を発します。
Cy5 MRNA12c
N1-mΨ MRNA24
未修飾 MRNA16
Cy5 MRNA16c
R-Luc 5moU MRNA21 ウミシイタケルシフェラーゼを高発現するように設計されています。R-Luc mRNAは、レポーター遺伝子としてトランスフェクション効率のコントロールとして使用できます。
N1-mΨ MRNA7
未修飾 MRNA20
β-Gal 5moU MRNA14 細菌のLacZ遺伝子の発現産物であるβ-Galはβ-ガラクトシドの単糖への分解を触媒します。トランスフェクション効率を評価するために使用される一般的なマーカー遺伝子です。
N1-mΨ MRNA3
未修飾 MRNA17

オボアルブミン(OVA)発現用(アジュバント用)

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

発現遺伝子 修飾 商品コード 製品概要
OVA 5moU MRNA41 OVAのmRNBAの5’末端にpoly Aを有する未修飾または安定性の高い非免疫原性mRNA。アジュバントとして有用。

ゲノム編集用

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

発現遺伝子 修飾 商品コード 製品概要
Cas9 5moU MRNA31 CRISPR-Cas9システムでのゲノム編集に用いる野生型Cas9を発現する。
CRE 5moU MRNA32 Cre/loxPシステムでのDNA組換えに用いるCREリコンビナーゼを発現する。

製品ラインナップに戻る


細胞導入に適したmRNAを合成するキット
mRNAExpress mRNA Synthesis Kit

SBIロゴ

System
Biosciences, LLC
[メーカー略称:SBI]

哺乳動物細胞への導入に適した高純度なmRNAを合成するキットです。

特長

  • 高濃度かつ高純度のmRNAを、強力なT7 RNA Polymeraseにより大量(20~40μg)に合成できます。
  • ARCA(anti-reverse cap analog)、修飾核酸(5-methylcytidine-5'-triphosphateおよびpseudouridine-5'-triphosphate)と、PolyA tailを有するmRNAを合成できます。そのため、作製したmRNAの安定性が向上し、また宿主細胞への免疫応答を減少させます。
  • Phosphatase処理により、RNA末端の5' triphosphateを除去するため、宿主細胞への免疫応答を減少させます。
  • mRNAであるため、宿主細胞のゲノムに組み込まれることがありません。
  • キットにはスピンカラムが含まれており、合成したmRNAはそのまま使用できます。
  • 合成したRNAの導入量を調節することにより、一過性発現レベルの調節を容易に行えます。
  • 別売りの細胞導入試薬RNAFectionを用いることで、線維芽細胞やリンパ球を含む幅広い細胞種に導入できます。また、卵母細胞へのマイクロインジェクションや、in vitro翻訳にも使用できます。

価格

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
mRNAExpress mRNA Synthesis Kit (5reactions)
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等 医薬用外劇物
保存条件 4℃,-20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 mRNAExpress mRNA Synthesis Kit
関連記事

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

mRNAExpress mRNA Synthesis Kit (5reactions)

文献数: 0

説明文
法規制等 医薬用外劇物
保存条件 4℃,-20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 mRNAExpress mRNA Synthesis Kit
関連記事


関連製品:細胞導入用試薬

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
RNAFection Transfection Reagent
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 mRNAExpress mRNA Synthesis Kit
関連記事

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

RNAFection Transfection Reagent

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 mRNAExpress mRNA Synthesis Kit
関連記事


製品ラインナップに戻る


mRNA合成受託サービス

OZBロゴ

OZ Biosciences
[メーカー略称:OZB]

OZ Biosciences社にてmRNAを合成する受託サービスです。合成されたmRNAは、5’末端側にヌクレオチドキャッピング(Cap1)と3’末端側にpoly(A) tailを有するため安定化されており、安定性と性能が向上するように最適化されています。
また、自然免疫応答を低減する5-メトキシウリジン(5 moU)などで修飾されているタイプや非修飾タイプも対応可能です。

レポーター遺伝子をコードしたmRNA

合成mRNAの構造イメージ

特長

  • 合成可能な容量:マイクログラムから数グラムスケール
  • 合成可能な塩基数:数百から数千塩基
  • 内部修飾:5-メトキシウリジン、およびその他の修飾ヌクレオチドなど
  • 蛍光標識:Cy5、Cy3など
  • すべてのmRNAは精製済みで、その品質が確認されています。

受託サービス内容

  • 遺伝子の合成、クローニング、DNAテンプレートの作製
  • in vitro転写によるmRNAの合成
  • 精製と品質チェック

製品ラインナップに戻る


人工遺伝子合成からmRNA製造までの一連のサービスをカバー
mRNA合成受託サービス

GSCロゴ

GenScript Corp
[メーカー略称:GSC]

GenScript社のmRNA合成は、遺伝子合成からin vitro転写合成(IVT、in vitro transcription)、mRNAの合成までのワークフローを独自の生成プラットフォームで最適化しており、mRNAの品質と発現効率を保証しています。

GenScript社のmRNA合成ワークフロー

GenScript社のmRNA合成ワークフロー

特長

人工遺伝子合成からmRNA製造までの一連のサービスをカバーしています。

mRNAのデザイン、製造の過程でお客様の時間や手間を削減できます。

既製品からカスタム品まで様々な選択肢をご提供します。


製品ラインナップに戻る


ウイルスフリーでの核酸のドラッグデリバリーシステムに有用な脂質ナノ粒子
NanOZ-LNP Lipid NanoParticles

OZBロゴ

OZ Biosciences
[メーカー略称:OZB]

NanOZ-LNPは、様々な核酸(RNA、mRNA、siRNA、gRNA、cRNA、DNA)や低分子化合物などの封入(カプセル化)が可能な脂質ナノ粒子です。4種類の脂質を組み合わせて形成された脂質球状小胞であり、ウイルスフリーで安全かつ効率的なドラッグデリバリーシステム(DDS)を構築することができます。GFPタンパク質、ホタルのルシフェラーゼ(Firefly Luciferase)またはオボアルブミン(OVA)遺伝子をコードしたmRNAをカプセル化した3種類のNanOZ LNP-mRNAがあります。
また、ご希望のmRNAの合成からLNPへのカプセル化まで対応するカスタムmRNA-LNP受託製造や、お手持ちのRNA、DNAまたは低分子化合物などの試料をLNPにカプセル化してご提供するLNPカプセル化受託サービスも承っています。

NanOZ-LNP/mRNA(Luc)(RNA 10 μg相当量)をヌードマウスへ腹腔内投与後48時間にわたる生物発光シグナルの継時変化

図をクリックすると拡大します(拡大図

NanOZ-LNP/mRNA(Luc)(RNA 10 μg相当量)をヌードマウスへ腹腔内投与3時間後の生物発光の生体分布

図をクリックすると拡大します(拡大図

NanOZ-LNP/mRNA(Luc)(RNA 10 μg相当量)をヌードマウスへ腹腔内投与後25時間にわたる生物発光シグナルの継時変化

製品ラインナップ

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

品名 検出方法 検出波長 コードしたmRNA 包装 商品コード
NanOZ LNP-mRNA(GFP
-NanOZ_LNP-mRNA(GFP)模式図
蛍光 励起 470~480 nm/蛍光 510 nm GFP 2×250 μl LNP10500mRNA11
4×250 μl LNP11000mRNA11
10×500 μl LNP15000mRNA11
NanOZ LNP-mRNA(Luc
NanOZ_LNP-mRNA(Luc)模式図
生物発光* Firefly Luciferase 2×250 μl LNP10500mRNA12
4×250 μl LNP11000mRNA12
10×500 μl LNP15000mRNA12
NanOZ OVA-mRNA(OVA
NanOZ_LNP-mRNA(OVA)模式図
OVA 2×250 μl LNP10500MRNA41
4×250 μl LNP11000MRNA41
10×500 μl LNP15000MRNA41
NanOZ empty-LNP
NanOZ_empty-LNP模式図
2×250 μl LNP10500
4×250 μl LNP11000
10×500 μl LNP15000

NanOZ-LNP技術を利用した受託サービス

OZ Biosciences社では、NanOZ-LNP技術を利用した以下の受託サービスもご提供しています。詳細については、当社受託・特注品業務担当(jutaku@funakoshi.co.jp)までお問い合わせ下さい。

  • カスタムmRNA-LNP受託製造:ご希望のmRNAの合成からLNPの作製に至るまで、全行程に渡る受託製造をご提供いたします。
  • LNPカプセル化受託サービス:お手持ちのRNA、DNAまたは低分子化合物などの試料をご提供いただき、メーカーにおいてLNPにカプセル化を行い、製品をご提供するサービスです。

製品ラインナップに戻る


RNAデリバリーのための脂質ナノ粒子(LNP)作製検討キット

CAYロゴ

Cayman Chemical Company
[メーカー略称:CAY]

RNAデリバリーに適した脂質ナノ粒子(LNP)の作製条件を探るために、高純度の各種脂質をセットにした製品です。お持ちの適切な機器(マイクロ流体デバイス、T字/Y字ミキサー等)や手動操作により、脂質ナノ粒子の試作が行えます。

特長

  • 脂質ナノ粒子(LNP)作製に向いた、高純度の脂質製品のセットです。
  • COVID-19用mRNAワクチンで用いられたSM-102、またはALC-0315のいずれかを含むセットを選ぶことができます。
  • 脂質ベースの薬物送達(LBDD)に必要なイオン化可能脂質(SM-102あるいはALC-0315)、中性リン脂質(1,2-DSPC)、ステロール脂質(コレステロール)、PEG化脂質(DMG-PEG(2000)あるいはALC-0159)が含まれています。
  • 様々な用途向けにLNPが使用可能か否かの基礎検討が行えます。

キット内容

青字で示されたキットの商品コード、およびコンポーネントの製品名をクリックすると価格表をご覧いただけます。

キット名 Lipid Nanoparticle (LNP-102) Exploration Kit Lipid Nanoparticle (LNP-0315) Exploration Kit
商品コード 35425 35426
イオン化脂質 SM-102 ALC-0315
リン脂質 1,2-Distearoyl-sn-glycero-3-PC(1,2-DSPC)
コレステロール Cholesterol
PEG化脂質 DMG-PEG(2000) ALC-0159


in vivo専用のmRNAトランスフェクション試薬
in vivo-jetRNA®+

PPUロゴ

PolyPlus-transfection SAS
[メーカー略称:PPU]

様々なインジェクション方法、標的器官に対応したin vivo導入専用のmRNAトランスフェクション試薬です。Ready-to-useのリポソームベースの試薬で、脂質ナノ粒子(LNP)の調製に必要な装置などは不要です。

特長

  • 適応性 :静脈、腹腔内、筋肉内、腫瘍内、皮下など様々なインジェクション方法、標的器官で使用できます。本製品でカプセル化したmRNAを腹腔内投与すると、脾臓やリンパ節のほか、肝臓や肺、膵臓、子宮などにも輸送されます。
  • 安全性 :毒性が低く、動物の個体および器官の健康を維持します。
  • 時間短縮:インジェクション溶液は2段階で調製することができ、15分で動物に注射する準備が整います。
  • アプリケーション例:免疫応答誘発、抗腫瘍研究、CRISPR / Cas9システムを使用したin vivoでのゲノム編集、タンパク製剤の補給
  • マウスへの使用回数の目安(in vivo-jetRNA®+ 1 mlあたり):静脈内注射50回、筋肉内注射100回

価格

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
in vivo-jetRNA+
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
mRNAの導入に特化したin vivo導入専用のトランスフェクション試薬。毒性が低く,様々なインジェクション方法,標的器官に対応する。シンプルかつ簡単なプロトコルで,15分で試薬が調製できる。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年9月15日号 p.19
ニュース2023年6月15日号 p.8

製品記事 in vivo-jetRNA®+
関連記事 トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

in vivo-jetRNA+

文献数: 0

説明文 mRNAの導入に特化したin vivo導入専用のトランスフェクション試薬。毒性が低く,様々なインジェクション方法,標的器官に対応する。シンプルかつ簡単なプロトコルで,15分で試薬が調製できる。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年9月15日号 p.19
ニュース2023年6月15日号 p.8

製品記事 in vivo-jetRNA®+
関連記事 トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較



mRNA送達用LNPの調製に用いる新世代カチオン性脂質
LipidBrick IM21.7c

PPUロゴ

PolyPlus-transfection SAS
[メーカー略称:PPU]

DNA、mRNAおよびsiRNAなどの核酸を保護し、標的部位に送達するLNP(Lipid NanoParticles、脂質ナノ粒子)の調製に使用できる新世代のカチオン性脂質です。本製品と各種脂質などを組合せたものから、お手持ちのマイクロ流体システムにより、目的の体内分布に適用させたLNPを調製することができます。

LipidBrickとは

送達(デリバリー)分野の第一人者であるPolyplus社は、LNPに使用される一連のカチオン性脂質を開発し、LipidBrickと名付けました。これらの「活性脂質」は、DNA、mRNAおよびsiRNAなどの核酸を保護し、標的細胞に送達します。LNPの電荷は、mRNA-LNPの生体内分布と発現に影響を与えることが知られています。そのため、LNPに正電荷を付加することで、LipidBrickは効力とターゲティングの点で現在の応用範囲を広げます。LipidBrickは、LNPの全体的な電荷を変化させ、生体内での分布を変化させることができます。

  • イミダゾリウムを極性頭部基に使用することで、低毒性を実現しています。
  • 本製品を用いて調製したLNPが、in vivoで毒性および炎症反応を生じないことを確認済みです。
  • 本製品はjetMESSENGERおよびin vivo-jetRNA®+にもすでに使用されており、効率と安全性を実証済みです。
  • 研究用試薬として知的財産(IP、Intellectual Property)の制約を受けることなく入手することができ、mRNA治療薬市場の需要に応え、よりシンプルでコスト効率の高い製造ルートを提供します。
LipidBrick IM21.7cの構造

図をクリックすると拡大します(拡大図

図.LipidBrick IM21.7cの構造

価格

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
LipidBrick IM21.7c
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 LipidBrick IM21.7c
関連記事
LipidBrick IM21.7c
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 LipidBrick IM21.7c
関連記事

[在庫・価格 :2023年12月09日 00時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

LipidBrick IM21.7c

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 LipidBrick IM21.7c
関連記事

LipidBrick IM21.7c

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 LipidBrick IM21.7c
関連記事



リポソーム受託製造サービス

KTYロゴ

片山化学工業(株)
[メーカー略称:KTY]

片山化学工業では、お客様のご要望に沿った脂質組成や内包物のリポソームを、様々なスケールで受託製造いたします。

リポソーム受託製造サービス

特長

  • 100種類以上の物質の内包実績があります。
  • リポソームからの内包物の漏出量を、溶液、凍結、凍結乾燥状態で測定し、比較します。
  • ご要望の脂質組成だけでなく、ご相談の上で脂質組成を提案させていただくことも可能です。
  • 組成検討・内包化検討・表面修飾検討や、リポソームの各種アッセイ(内包化率・細胞取り込み・in vivoアッセイ)にも対応しております。
  • 品質評価に必要な各種分析データの取得も可能です。
  • 各種DDS技術の製造技術を有し、ご要望に応じて受託研究/受託製造サービスを実施します。
    LNP(脂質ナノ粒子)、SLN(固体脂質ナノ粒子)、ジャイアントリポソーム(1 μm 以上20~30 μm の細胞模倣リポソーム)

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。