HOME> 試薬> 遺伝子工学> 遺伝子発現抑制> モルフォリノアンチセンスオリゴ> Morpholinoアンチセンス合成受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> Morpholinoアンチセンスオリゴ合成> Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

核酸医薬研究に!第三世代のアンチセンスオリゴ Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

掲載日情報:2022/01/26 現在Webページ番号:699

モルフォリノアンチセンスオリゴは,従来使用されているS-Oligoなどのアンチセンスの問題点(特異性,安定性,配列決定の難しさなど)を克服した,細胞毒性のない,第三世代のアンチセンスです。
ご注文は☞ オンラインオーダーフォームをご利用下さい。☞ ご注文方法の詳細はこちらをご覧下さい。
哺乳動物やゼブラフィッシュなどの実験動物に使用できる☞ 『Vivo-Morpholino合成受託サービス』はこちらを,miRNAを標的とした☞ 『miRNA標的Morpholinoオリゴ合成受託サービス』はこちらをご覧下さい。
☞ 『ユーザーレビュー:核酸医薬のがん治療への応用の可能性』(国立がん研究センター 研究所 吉見昭秀 様)はこちらをご覧下さい。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

モルフォリノオリゴの構造

図1. モルフォリノオリゴの構造

核酸合成受託サービスバナー

ゼブラフィッシュ(zebrafish)研究用製品特集バナー

モルフォリノオリゴとは

What are Morphorinos?(動画)



モルフォリノアンチセンスオリゴが使用される分野について

モルフォリノアンチセンスオリゴは,培養細胞への容易な導入方法が確立されているため,遺伝学や薬物の標的分子の研究に広く使用されています。また, mRNAのスプライシング阻害を起こすことが出来るため, エキソンスキッピングによる疾病治療の研究にも用いられています。特にデュシェンヌ型筋ジストロフィーの研究で多く用いられ,他にもがん研究での利用や,最近では新型コロナウイルスの増殖阻害に関する文献も出ています。
また, 従来から, 発生に関わる遺伝子の機能解析の最適なツールとして多くの研究者に用いられています。特に,アフリカツメガエル,ゼブラフィッシュ,ウニなどの受精卵にモルフォリノオリゴをマイクロインジェクションで導入することにより,標的遺伝子の発現を特異的に阻害でき,その使用例も数多く発表されています。

最新の情報は,☞ GeneTools社ホームページおよび☞ Morpholino Publication Databaseをご参照下さい。

Morpholinoアンチセンスを用いた注目の研究

新型コロナウイルスの増殖阻害

Rosenke, K.らによる最近の新型コロナウイルスに関する研究1で,SARS-CoV-2のゲノムRNAの5'末端領域またはリーダー配列中の転写調節領域の塩基配列と相補的塩基対を形成するようにモルフォリノオリゴを設計し,膜透過性ペプチドとの複合体(PPMO,Peptide-conjugated morpholino oligomers)を合成しました。このPPMOは,感染後48~72時間の細胞培養において,非毒性かつ用量反応的にウイルス力価を最大4~6 log10減少させることが報告されました。このデータは,PPMOがSARS-CoV-2の増殖を強力かつ特異的に抑制する能力を有し,創薬ターゲットとして有望であることを示しています。

植物の花粉管誘導に関わる重要な因子LUREsの同定

花のめしべに付着した花粉から伸びる花粉管の誘導に関わる因子とそのメカニズムは長い間,謎とされていました。しかし,名古屋大学の東山教授のグループがMorpholinoアンチセンスオリゴを用いた研究により植物の花粉管誘導に関わる重要な因子LUREsの同定に成功し,Nature誌2009年3月19日号で研究成果が発表され表紙を飾りました2。この研究でMorpholinoアンチセンスオリゴは花粉管誘導物質を合成する遺伝子の候補を発現抑制することに使用されました。これは植物に対してMorpholinoアンチセンスを使用した最初の論文です。

引用文献

  1. Rosenke, K., et al., "Inhibition of SARS-CoV-2 in Vero cell cultures by peptide-conjugated morpholino oligomers.",
    J. Antimicrob. Chemother., 76(2), 413~417 (2021). [PMID:33164048]
  2. Okuda, S., et al., "Defensin-like polypeptide LUREs are pollen tube attractants secreted from synergid cells.",
    Nature, 458 (7236), 357~361(2009). [PMID:19295610]


メーカーインタビュー:核酸医薬として注目されるモルフォリノオリゴ

GeneTools

GeneTools, LLC は,アンチセンスアプリケーション用の研究用モルフォリノオリゴを製造・販売するアメリカのメーカーです。
今回は,創業時から同社に在籍しているDr. Jon D. Moultonに,同社の歴史についてお話しいただきました。

続きを表示する。

目次に戻る

ユーザーレビュー:核酸医薬のがん治療への応用の可能性

吉見昭秀先生

国立がん研究センター 研究所
がんRNA研究ユニット
独立ユニット長 吉見昭秀様


☞ 略歴
☞ 専門

核酸医薬の臨床実装

核酸医薬は,新型コロナウィルスに対するワクチンをはじめ,現在注目を集めている新しい創薬手法の一つです。特に,標的とする遺伝子のmRNAに相補的な配列を持つAntisense Oligonucleotide(ASO)は,開始コドンの上流を標的に狙うことによる特定の蛋白質の翻訳阻害や,スプライスジャンクションあるいはスプライス調整蛋白質の結合部位を狙うことによる特定の遺伝子のスプライシングの調整・改変が可能です。後者のスプライシングを阻害・調整するケースでは,一般的にmRNA前駆体のExonとIntronの境界領域を標的としてASO(最近はsplice switching oligonucleotide:SSOと呼ばれることも多くなってきました)を設計することにより,目的のExonをスキップさせるなどの使い方が主流です。例えば,Duchenne型筋ジストロフィーではジストロフィン遺伝子のExonの欠失変異によりFrameshiftが起こり,同遺伝子のC末端側が機能を失って,蛋白質が分解されてしまうことが病因となっています(図1)。SSO医薬品であるeteplirsenは,ジストロフィンのExon 51へのスプライシング因子の結合を阻害することによりExon 51 skippingを促し,In-frameに戻すことによって,ジストロフィン遺伝子の機能・発現に重要なC末端を保持した蛋白質の発現を回復させます。
このようなSSOはすでに臨床応用されています。特に,Duchenne型筋ジストロフィーや脊髄性筋萎縮症などの良性神経疾患でその臨床実装が進んでおり,すでにいくつかのSSOがアメリカ食品医薬品局(FDA)あるいは日本の医薬品医療機器総合機構(PMDA)により患者さんへの使用が承認されています。例えば脊髄性筋萎縮症に対するnusinersenや,Duchenne型筋ジストロフィーに対するeteplirsenの投与によって臨床的な効果が得られています。


Duchenne型筋ジストロフィーに対する核酸医薬

図1:Duchenne型筋ジストロフィーに対する核酸医薬

がんにおけるスプライシング異常

一方,最近はがんにおけるスプライシング異常も注目を集めています。きっかけになったのは,京都大学の小川誠司先生らのグループによる遺伝子解析の結果です。同研究により,造血器腫瘍である骨髄異形成症候群においてはスプライシング因子をコードする遺伝子に頻繁に遺伝子変異(以下SF変異)が同定されることが初めて明らかになりました(2011年Nature 1))。その後,SF変異は様々ながんに高頻度に見られることがわかり,SF変異によるスプライシング異常,あるいはミススプライシングががんの発症や維持に重要な役割を果たしていることがわかってきました。

SSOのがん治療への応用の可能性

SF変異によるミススプライシングはグローバルに(複数の遺伝子のmRNA前駆体に)配列特異的に誘導され,その中でもミススプライシングによる機能喪失が分子生物学的に大きく病態形成に寄与するイベントがこれまでにもいくつか同定されてきました。このような病理学的に重要なイベントは,変異をきたしているスプライシング因子ごとに,あるいはがん種ごとに異なっており,それぞれの組み合わせによって丹念に解きほぐしていく必要がありますが,SF変異を有するがんに対する治療法開発の一つとして,病理学的に重要なミススプライシングイベントをSSOによって修正する手法が考えられます。
例えば代表的なSF変異としてSRSF2遺伝子の遺伝子変異があります。このようなSF変異はいわゆるhotspotを持つことが特徴であり,特定のアミノ酸に影響を及ぼします。SRSF2遺伝子の場合には95番目のプロリンがヒスチジンに置換されるP95H変異が多く,この点突然変異が配列特異的に500~1,000程度の遺伝子にグローバルにスプライシング異常をきたすことが明らかになりました(図2)。詳細な解析により,こうしたスプライシング異常の中でもINTS3遺伝子に生じるIntron retentionはその変化が非常に強く,蛋白質発現量が大きく低下します。私たちはINTS3蛋白質の機能喪失によりSRSF2変異を有する白血病においては血球分化が阻害され,白血病発症を誘導することを明らかにしましたが(Yoshimi A, et al., Nature 2019 2)),このような病態に重要な働きをするスプライシング異常をSSOで特異的に修正することができれば新しいがん治療法の開発につながると考えられます。


変異型SRSF2によるミススプライシング

図2:変異型SRSF2によるミススプライシング


SSOによるINTS3スプライシング異常の修正

図3:SSOによるINTS3スプライシング異常の修正

そこで,私たちは独自の配列予測システムを用いて2種類の配列を標的としたSSOをそれぞれ作製し,INTS3遺伝子にIntron retentionを有するSRSF2P95H変異細胞に投与してみました。その結果,図3に示すようにSSO#1によってINTS3遺伝子のIntron retentionを修正することに成功しました。また,その結果,INTS3蛋白質の発現が回復し,血球細胞の分化ブロックが解除されました。
このように,SSOはがんの病態に重要な働きをするスプライシング異常を修正することにより,その蛋白質の本来の機能を回復させ,がん治療に応用できる可能性があります。核酸医薬開発はがんに限らず様々な疾患に活用が期待されている分野であり,病態形成の鍵となるスプライシング異常を同定してSSO開発を進めていくことが私たちの課題だと考え,日々研究を進めています。

参考文献

  1. "Frequent pathway mutations of splicing machinery in myelodysplasia"
    Yoshida K, et al., Nature, 478 (7367), 64 (2011). [PMID:21909114]

  2. "Coordinated alterations in RNA splicing and epigenetic regulation drive leukaemogenesis"
    Yoshimi A, et al., Nature, 574 (7777), 273 (2019). [PMID:31578525]

吉見研究室の皆様

がんRNA研究ユニットの皆様

著者:吉見昭秀

国立がん研究センター 研究所 がんRNA研究ユニット 独立ユニット長

略歴

  • 2003年3月 東京大学医学部医学科 卒業
  • 2007年4月 東京大学大学院医学系研究科入学
  • 2009年4月 日本学術振興会特別研究員
  • 2011年3月 東京大学大学院医学系研究科修了,博士(医学)取得
  • 2011年4月 東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 特任助教・助教
  • 2015年7月 Memorial Sloan Kettering Cancer Center, Visiting Investigator
  • 2016年4月 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2018年8月 Memorial Sloan Kettering Cancer Center, Senior Research Scientist
  • 2020年7月 国立がん研究センター 研究所 がんRNA研究ユニット 独立ユニット長

専門

  • RNAスプライシング,エピジェネティクス,PDXモデル,Orphan受容体,Multi-Omics解析



目次に戻る

モルフォリノ修飾アンチセンスオリゴ鎖(Morpholino Antisense Oligo)

特長

  • アンチセンスオリゴヌクレオチドを構成しているモルフォリノ化合物(図1参照)は,ヌクレアーゼ耐性であり,また安定なためオートクレーブで滅菌することも可能です。
  • モルフォリノオリゴとRNAのTm値は,天然DNAとRNAのTm値より少し高い値を示し,安定した結合を形成します(図2参照)。
  • RNAとのアフィニティが強く,標的mRNAの二次構造にかかわらず目的の配列に結合するので,容易に有効な配列設計ができます。
  • モルフォリノオリゴは高い水溶性のため,調製が容易です。
  • 高い特異性を有します。
  • モルフォリノアンチセンスオリゴはタンパク質に対する非特異的な結合がありません。
各ヌクレオチドとRNAのハイブリッドの熱安定性

図2. 各ヌクレオチドとRNAのハイブリッドの熱安定性

各アプリケーションのモルフォリノアンチセンスオリゴ使用濃度


アプリケーション モルフォリノアンチセンスオリゴ濃度 希釈溶液
培養細胞への導入
[Endo-Porter(#Endo-P)を使用]
1~10μM滅菌水
培養細胞への導入
[Cell Scraper(#CS)を使用]
1~20μM培地
マイクロインジェクション
による胚への導入
1~10μM
(胚の体積1μlあたり1 mMの濃度で1~10 nlインジェクション)
滅菌水またはバッファー
無細胞翻訳系での遺伝子抑制100~1,000 nMライセート

価格へ

目次に戻る

Morpholino参考資料

標的配列設計

①タンパク質の翻訳を阻害する場合

mRNAの5'キャップ部位から開始コドンの約25塩基下流までの領域を標的配列として,翻訳開始複合体を立体的に阻害します。ほとんどの場合,標的遺伝子に対して1つのモルフォリノオリゴをデザインするだけで非常に高い確率でタンパク質の翻訳阻害効果を示します。

タンパク質の翻訳を阻害する場合

②mRNAのスプライシングを阻害する場合

pre-mRNAのエキソンとイントロンの境界領域を標的配列として,スプライシングを阻害しmRNAの成熟を不完全にします。ノーザンブロッティングやRT-PCRといったRNAレベルでの解析により阻害効果を確認できます。特定のスプライシングバリアントに対する発現阻害も可能です。




mRNAのスプライシングを阻害する場合

ご注文の際には,スプライシング阻害を標的とする旨をお知らせ下さい。

配列設計追加情報

①タンパク質の翻訳を阻害する場合

Potential translation blocking sites in a typical RNA

特定のmRNAの翻訳を阻害するためには,モルフォリノオリゴの一部が開始コドンの上流に結合していればよいので,5'-UTR(非翻訳領域)内の標的部位に相補的なモルフォリノオリゴを結合させます。翻訳開始複合体の一部であるリボソームの小サブユニットが5'キャップまたは内部リボソーム侵入部位(IRES)から開始コドンに向かって移動する際に,その経路上に結合したモルフォリノオリゴが小サブユニットの進行を停止し,成熟したリボソームの形成を中断することができます。なお,5'-UTR内にイントロンがある場合は,開始コドンがその後のエクソン内に現れることにご留意下さい。

②mRNAのスプライシングを阻害する場合

モルフォリノオリゴは,スプライスジャンクションまたはスプライス調節タンパク質の結合部位のいずれかを標的としてスプライシングを改変します。スプライスジャンクションを標的とする場合,25塩基のモルフォリノオリゴは,エクソン配列由来の0~10塩基と,イントロン配列の末端部分を標的とします。最初,または最後のスプライスジャンクションを標的にすると,通常,隣接するイントロンが挿入されます。

他のスプライスジャンクションを標的にすると,通常は隣接するエクソンが欠失されます。また,ダブルエクソンスキッピングや隠れたスプライス部位の活性化などにより,イントロンの一部挿入や,エクソンの一部欠失が引き起こされることもあります。時には,例えばエクソンが丸ごと欠失した転写産物と,エクソンが部分的に欠失した転写産物の2つの産物が生じる場合もあります。

価格へ

目次に戻る

コントロール実験用モルフォリノオリゴ鎖(Control Oligo)

①汎用コントロールオリゴ鎖(Standard Control)

コントロール実験用の25 merのStandard Control Morpholino Oligoです。

この配列は,ヘモグロビン異常症であるサラセミアにおける赤血球β-グロビンpre-mRNA中705番目の部位のスプライシング異常により生じた配列に由来し,正常細胞では,特異的標的部位や生物学的活性を有していません。

② カスタムデザインオリゴ鎖(Custom Designed Control)

Invert of Antisense

カスタム配列のコントロールオリゴ鎖が必要な方は,アンチセンスとは逆配列のオリゴ鎖を使用することをお勧めします。このオリゴ鎖は,アンチセンスオリゴ鎖と同一長,同一塩基組成であるため比較コントロールに適しています。


Antisense Containing 5 mis-pairs

厳密なコントロール実験を行いたい場合には,以下のように5か所にミスマッチ部位の入ったオリゴ鎖を用いることをお勧めします。ミスマッチコントロールを用いることにより,アンチセンスオリゴ鎖が実際に厳密な配列特異性を示すことが実証されます。


Sense Complement of Antisense

下記のようなセンス配列オリゴ鎖の作製もいたしますが,GeneTools社ではモルフォリノアンチセンスのコントロール実験用としては,あまりお勧めしていません。



価格へ

目次に戻る

モルフォリノオリゴ鎖の細胞導入用製品

Endo-Porter

Endo-Porterによる導入機構

両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞の代謝レベルや形態を変化させずに導入できます。
DMSO溶液製品(Endo-Porter DMSO),DMSO フリー水溶液製品(Endo-Porter Aqueous)に加え,さらに導入効果が高く細胞毒性も低いPEG溶液製品(Endo-Porter PEG)もあります。使用する細胞に合わせて製品を選択できます。



低分子量(M.W.:<8 kDa)かつ負に荷電した物質の場合は,導入効率が低下します。モルフォリノオリゴヌクレオチドを導入する際は,未標識またはリサミン標識のものをご使用下さい。また,Endo-Porterによる細胞への導入には,10μMのモルフォリノオリゴヌクレオチドを使用することをお勧めします。

使用するEndo-Porterの量はロットごとに変動します。製品添付のプロトコルをご覧下さい。


Endo-Porterの特長

  • あらかじめ導入物質とEndo-Porterの複合体を形成させる必要がなく,各々を直接培地に加えるだけで導入できます。
  • 付着細胞,浮遊細胞のいずれにも使用できます。
  • 無血清培地,および血清濃度が10%までの培地で導入可能です。
  • 細胞毒性を示さず,細胞の代謝レベルや形態を変化させずに導入できます。
  • 導入する際に特別な培地は不要です。また,導入操作後,Endo-Porterの除去や培地交換も必要ありません。
  • Endo-Porterが適切な濃度で培地中に存在する限り,目的物質が導入され続けます。

☞ Endo-Porterの詳細・価格

目次に戻る

FAQ

クリックで開閉します

モルフォリノオリゴの優位性について

Q-1. モルフォリノオリゴとは何ですか?
A-1. モルフォリノオリゴの名前の由来は,RNA やDNA のリボース,デオキシリボースの代わりに骨格に存在するモルフォリン環です。モルフォリノオリゴは天然の核酸が有するアニオン性のホスホジエステル結合の代わりに,荷電していないホスフィンイミドサブユニット間結合を含んでいます。モルフォリノオリゴ中のA,C,G,T の塩基は,ワトソン・クリック型の塩基対を形成します。


Q-2. なぜアンチセンス実験にモルフォリノオリゴが推奨されるのですか?
A-2. siRNA,PNA,mPNA,S-オリゴ,LNA などの遺伝子発現抑制に用いる他のオリゴが有さない,安定性,ヌクレアーゼ耐性,効率,長期活性,水溶性,特異性などの利点をモルフォリノオリゴはすべて有しています。

また,RNase 依存またはRISC 依存のオリゴと異なり,モルフォリノオリゴは翻訳阻害および,核におけるプロセッシング(スプライシング)の双方を標的とすることができます。スプライシング阻害モルフォリノは,上記の特長に加えて,下記の特長を有します。

・標的mRNA の最終的な量をRT-PCR で定量可能
・検出に抗体が不要
・標的mRNA の特異的な阻害
・スプライスバリアントの発現阻害に使用可能
・タンパク質ドメインの機能解析に有用


各種オリゴの比較

特性 Morpholinos siRNA PNA S-オリゴ
水溶性 ++++ ++++ + ++++
配列特異性 ++++ ++ +++ ++
非特異的効果 ++++ +++ ++++ +
非毒性 ++++ ++++ ++++ +
安定性 ++++ ++ ++++ +
長期間の活性 ++++ ++++ +
有効性 ++++ +++ ++++ ++
配列予測 ++++ ++ ++++ +

適切な標的の選択について

Q-3. どのくらいの長さのオリゴが最も高い阻害活性を示しますか?
A-3. オリゴは長ければ長いほど活性は高いため,提供可能な最も長い25 mer のオリゴをお勧めします。


Q-4. 25 merより長いオリゴを注文できますか?
A-4. 往来のオリゴと比べて25 mer のモルファリノオリゴは極めて高い阻害活性を示します。しかし,さらに長いオリゴをご希望の場合は,追加料金を申し受けますが,対応は可能です。


Q-5. どのような末端修飾を注文できますか?
A-5. リサミン(スルホローダミンB),フルオレセイン(カルボキシフルオレセイン),DABCYL,一級アミン,ビオチンなどの末端修飾が可能です。


Q-6. 自分でモルフォリノオリゴへ標識や分子の修飾はできますか?
A-6. はい,できます。標準的なモルフォリノは3' 末端に適度な求核性二級アミン(モルフォリン窒素,pKa 約6.4)を含み,適切な条件の下でこのアミンをアシル化することができます。


Q-7. モルフォリノオリゴは変異を標的にできますか?
A-7. モルフォリノオリゴは配列特異性を持つため,点変異を標的にできません。しかし,遺伝子スイッチ戦略やスプライシング阻害するモルフォリノは点変異,遺伝子多型,およびその他の多くの遺伝的変異の研究に適したツールです。


Q-8. モルフォリノオリゴは mRNAのアミノ酸コード領域を標的にできますか?
A-8. モルフォリノオリゴの機能は立体障害機構なので,アミノ 酸コード領域のリーダー配列と,コード領域最初の25塩基しか翻訳阻害の標的にできません。


Q-9. モルフォリノオリゴはmRNA のプロセッシング(スプライシング)を阻害できますか?
A-9. モルフォリノはスプライスドナー部位かエキソン内部のエキソン/イントロン部位を標的として,スプライシングを阻害します。

方法とプロトコルについて

Q-10. 精製していますか?
A-10. はい。合成樹脂,アンモニア,開裂した塩基性保護基,少量の短いトランケーション断片などの不純物は選択的沈殿により除去しています。その後,分光学的定量およびMALDI-TOF 質量スペクトル解析を行い,凍結乾燥・滅菌しています。


Q-11. さらに精製してもらえますか?
A-11. さらに精製しても効果は変わりません。


Q-12. モルフォリノオリゴはPCR プライマーに使用できますか?
A-12. いいえ,できません。モルフォリノにはプライマーの伸長に必要な3' 末端のOHがなく,またDNA合成のテンプレートとしてもモルフォリノ配列は使用できません。


Q-13. モルフォリノオリゴは良いコンディションで培養された細胞に導入できますか?
A-13. 可能ですが,ほとんどの細胞種において非常に少量の導入でも,高濃度(10 μM)かつ長い培養時間(複数日)が必要です(Suwanmanee, et al.)。


Q-14. 付着細胞にモルフォリノオリゴを導入する最も適した方法は何ですか?
A-14. Scrape Deliveryは,付着細胞の中にモルフォリノオリゴを導入する簡単かつ迅速,効果的な手法です(Patridge, et al., 1996)。
Endo-Porter は,投量を変えて複数のオリゴを導入することができる培養細胞に適した導入試薬です。多くの細胞種で基本的に100%導入でき,24, 48, 96 ウェルプレートなど小さな培養ウェルプレートで使用できます。不十分な接着細胞または浮遊細胞へ導入できます。また,エレクトロポレーションが使用可能な細胞種ならば,導入に効率的な方法です。エレクトロポレーション前の遠心による細胞の濃縮は,モルフォリノ溶液の使用量を節約できます。


Q-15. 浮遊細胞にモルフォリノオリゴを導入する最も適した方法は何ですか?
A-15. Endo-Porter は,浮遊細胞の細胞増殖へオリゴを導入する最も簡単で効果的な方法です。


Q-16. リポフェクションやその他の陽イオン脂質を使用してモルフォリノオリゴを導入できますか?
A-16. 非イオンモルフォリノは陽イオン脂質と複合体を形成しないため,導入できません。


Q-17. モルフォリノオリゴはどんなタイプの細胞に使用できますか?
A-17. 導入することができるすべての細胞種に効果的です。


Q-18. モルフォリノオリゴでの阻害はどのくらいの濃度で期待できますか?
A-18. 無細胞翻訳系において,完全な翻訳抑制は,一般的に1 μM 以下で生じます。Scrape Delivery を用いた培養細胞の完全な翻訳抑制は,10 μM 以下で生じます。Endo-Porterを用いた完全な翻訳抑制は,5 μM 以下で生じます。


Q-19. エンドトキシンは除去されていますか?
A-19. エンドトキシンの低減のために,モルフォリノオリゴを充填する前にバイアルを200℃に加熱する処理を行っています。但し,加熱処理の工程は,6,000 nmol以上の大容量をご注文時のみ適用されます。


Q-20. エンドトキシン検査は行っていますか?
A-20. いいえ。GeneTools社ではエンドトキシン検査を実施しておりません。また,モルフォリノオリゴの製造環境は,無菌環境およびPyrogen- (endotoxin) freeを保証しておらず,製品にエンドトキシンが含まれないことは保証できかねます。

価格へ

目次に戻る

関連した特集記事

ノックダウン特集へのリンク

目次に戻る

ご注文方法

Morpholinoアンチセンスの配列設計は,ホスホロチオエートオリゴ(S-Oligo)などの配列設計とは大きく異なります。配列設計のための☞ Gene Tools社ホームページのターゲッティング・ガイドラインを必ずご参照下さい。
GeneTools社では設計した配列に関して,BLAST等によるホモロジー検索は行っていませんのでご注意下さい。

ご注文は☞ オンラインオーダーフォームをご利用下さい。
なお,専用注文書(Excelファイル)にご記入いただいて,電子メール添付でお送りいただく方法でも承っております。その場合は,下記をご確認下さい。

価格へ

目次に戻る

専用注文書(Excelファイル)の注意事項

クリックで開閉します

専用注文書は,☞ Order Form A:おまかせ設計,または☞ B:配列指定の2種類があります。いずれかに必要事項をご記入の上,電子メール添付にて☞ 受託・特注品業務担当までお送り下さい。

専用注文書にご記入の際は,以下の点にご注意下さい。

1. Name for Oligo(試料名)は,製品のチューブラベルに表示される名称です。

お客様が識別しやすい名称を英数字5~15文字で必ずご記入下さい。

2. “Gene Name”には,遺伝子名を英語で,“Species”には,その遺伝子が由来する種名を英語で必ずお書き下さい。

3. アンチセンスおよびコントロールには標識の種類を必ず指定して下さい。

Control Oligoは,上記を参考に選択して下さい。

4. Order Form A:おまかせ設計では以下の項目にご注意下さい。

  • GenBankのAccession Numberが分かる場合は,該当するNumberをご記入下さい。その際,ご指定のAccession Numberの塩基配列情報にmRNAの翻訳開始点上流の配列情報が含まれていることをご確認下さい。
  • 未公開の遺伝子配列を標的とする場合には,注文書の“Unpublished sequence”の欄にチェックして下さい。この場合は,塩基配列を半角英数字のみのテキストファイルとして,電子メールで併せてお送り下さい。
  • 開始コドンはカッコ(ATG)で表示して下さい。また,付帯情報(コーディング領域,エキソン/イントロンの境界,プロモーターサイト等)がある場合は,ファイル中に英語でご記入下さい(塩基配列中には書き込まないで下さい)。

正確な受注のため,標的遺伝子1種類につき1枚の注文書にご記入下さい。

価格へ

目次に戻る

MorpholinoアンチセンスHoldbackのご案内

GeneTools社では,Morpholino Antisense Oligo,Classicをご注文いただいた際に,通常約2倍量のアンチセンスを合成し,余剰合成分は追加ご注文時のHoldbackとして約3年間保管しています。

Holdbackの有無およびその量は,製品添付のデータシートに記載されています。Holdbackは通常価格よりも安価にご購入いただけますので,是非ご利用下さい。
詳細はお問い合わせ下さい。



目次に戻る

価格

指定配列の合成だけではなく,配列設計(無料)も承ります。

  • モルフォリノアンチセンスオリゴの配列設計はホスホロチオエートオリゴ(S-Oligo)などの配列設計とは大きく異なります。可能な限りGeneTools社に配列設計から依頼されることをお勧めいたします(配列は注文前にお知らせいたします)。
  • 一級アミン(1°Amine),ビオチン,フルオレセイン,リサミンで3'末端を標識した標識モルフォリノオリゴ鎖の受託合成も承ります。

GeneTools社では設計した配列について, BLASTなどによるホモロジー検索は行っていませんのでご注意下さい。

Morpholino Antisense Oligo, Custom Designed Control

品名 包装 価格(¥)
Morpholino Antisense Oligo, Classic(18~25 mers) 300 nmol 95,000
1,000 nmol 213,000
6,000 nmol 588,000

発注単位は上記に記載の包装となります。
より大容量をご希望の場合はご相談下さい。


標識追加料金(Morpholino Antisense Oligo, Custom Designed Control共通)

3'-標識 5'-標識
AlkyneAlkyne
AmineAmine
AzideAzide
Amine and Biotin
Biotin
Disulfide amide
DabcylDabcyl
Fluorescein
Gene Tools Blue
Lissamine
Pyridyl dithio
CyclooctyneCyclooctyne'
包装 価格(¥)
300 nmol31,000
1,000 nmol48,000
6,000 nmol95,000

Morpholino Antisense Oligoと3種類のCustom Designed Control(Invert of Antisense Oligo, Antisense with 5 mis-pairs, Sense Complement of Antisense Oligo)の価格は共通です。

Standard Control (Negative Control)

Standard Controlは,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Standard Control Oligo, Classic
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Standard Control Oligo, Classic
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。緑色蛍光色素標識済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。緑色蛍光色素標識済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。Lissamine修飾済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。Lissamine修飾済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Standard Control Oligo, Classic

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Standard Control Oligo, Classic

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。緑色蛍光色素標識済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。緑色蛍光色素標識済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。Lissamine修飾済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

文献数: 0

説明文 モルフォリノアンチセンスオリゴのStandard Control (Negative Control)。Lissamine修飾済み。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Positive Control

Positive Controlは,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Chordin, Danio rerio, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
β-Catenin, Xenopus laevis, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等
保存条件 室温,暗所保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
GFP, Positive Control Oligo
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
GFPおよび,N末端側にGFPを融合させた目的配列の翻訳を阻害する。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Chordin, Danio rerio, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

β-Catenin, Xenopus laevis, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 室温,暗所保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

GFP, Positive Control Oligo

文献数: 0

説明文 GFPおよび,N末端側にGFPを融合させた目的配列の翻訳を阻害する。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

導入用製品

導入用製品は,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Endo-Porter PEG
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬。従来品より導入効果が高く細胞毒性も低いPEG溶液。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事
Endo-Porter Aqueous
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です(DMSO フリー)。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞膜を細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事
Endo-Porter DMSO
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事

[在庫・価格 :2022年08月15日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Endo-Porter PEG

文献数: 0

説明文 両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬。従来品より導入効果が高く細胞毒性も低いPEG溶液。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事

Endo-Porter Aqueous

文献数: 0

説明文 両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です(DMSO フリー)。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞膜を細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事

Endo-Porter DMSO

文献数: 0

説明文 両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチドを始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞に導入できます。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2021年8月15日号 p.7

製品記事 Endo - Porter
関連記事



目次に戻る

おすすめ製品記事

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。