HOME> 試薬> 天然物/有機化合物/糖質> 天然物/有機化合物> Cytostatin / Heliquinomycin / Ruburatoxin A

微生物由来の生理活性天然物 Cytostatin / Heliquinomycin / Ruburatoxin A

掲載日情報:2013/11/12 現在Webページ番号:6998

公益財団法人微生物化学研究会 微生物化学研究所が単離した,微生物由来の生理活性物質をご紹介します。

本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

化学構造式 品 名
(商品コード)
[CAS番号]
生理活性
微生物由来の生理活性天然物 Cytostatin(サイトスタチン)
由来:Streptomyces sp. MJ654-NF4
Cytostatin(サイトスタチン)
(#10664)
[156856-30-3]
B16メラノーマのラミニン(IC50=1.3μg/ml)およびコラーゲンⅣ(IC50=1.4μg/ml)への接着を阻害するが,フィブロネクチンへの接着は阻害しない。また,プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を非競合的に阻害する(IC50=0.09μg/ml)。
微生物由来の生理活性天然物 Heliquinomycin(ヘリキノマイシン)
由来:Streptomyces sp. MJ929-SF2
Heliquinomycin(ヘリキノマイシン)
(#10665)
[178182-49-5]
HeLa細胞のDNAヘリカーゼ阻害物質(Ki=6.8 mM)。トポイソメラーゼⅡ(IC50=30μg/ml)およびⅠ(IC50=100μg/ml)も阻害する。ヒト腫瘍細胞の成長を阻害する(IC50=0.96~2.8μg/ml)。培養細胞において,DNAおよびRNA合成を阻害するが,タンパク質合成は阻害しない。
微生物由来の生理活性天然物 Rubratoxin A(ルブラトキシンA)
由来:Penicillium sp.
Rubratoxin A(ルブラトキシンA)
(#10663)
[22467-31-8]
Penicilliumにより産生されるマイコトキシン。プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を競合的に阻害(Ki=28.7 nM,IC50=6.1~15.1 nM)するが,PP1A,PP2Bなどのホスファターゼは阻害しない。

参考文献

Cytostatin
1. Amemiya, M., et al., J. Antibiotics, 47, 536~540 (1994).
2. Masuda, T., et al., J. Antibiotics, 48, 528~529 (1995).
3. Kawada, M., et al., Biochim. Biophys. Acta., 1452, 209~217 (1999).
4. Kawada, M., et al., Int. Immunopharmacol., 3, 179~188 (2003).
Heliquinomycin
5. Chino, M., et al., J. Antibiotics, 49, 752~757 (1996).
6. Chino, M., et al., J. Antibiotics, 50, 143~146 (1997).
7. Chino, M., et al., J. Antibiotics, 50, 781~784 (1997).
8. Chino, M., et al., J. Antibiotics, 51, 480~486 (1998).
Rubratoxin A
9. Wada, S., et al., Cancer Sci., 101, 743~750 (2010).

[在庫・価格 :2018年05月18日 19時22分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名 商品コード メーカー 包装 価格 在庫 納期 文献数 リスト
Cytostatin <Inhibitor for Protein Phosphatase 2A>
データシート
10664 IMCビセイブツカガクケンキュウカイ ビセイブツカガクケンキュウショ
(公財)微生物化学研究会 微生物化学研究所
1 mg ¥50,000 3個以上 - 0 追加

説明文 B16メラノーマのラミニンおよびコラーゲンIVへの接着を阻害するが,フィブロネクチンへの接着は阻害しない。IC50=1.3μg/ml(ラミニン),1.4μg/ml(コラーゲンIV)。B16-F10の転移を著しく阻害する。また,プロテインホスファターゼ2Aを非競合的に阻害する(IC50=0.09 μg/ml)。M.W.:450.4381,純度:>75%(HPLC)
CAS No:156856-30-3
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Heliquinomycin <Inhibitor for DNA Helicase>
データシート
10665 IMCビセイブツカガクケンキュウカイ ビセイブツカガクケンキュウショ
(公財)微生物化学研究会 微生物化学研究所
1 mg ¥50,000 3個以上 - 0 追加

説明文 HeLa細胞のDNAヘリカーゼ阻害物質(Ki=6.8 mM)。トポイソメラーゼII(IC50=30 μg/ml)およびI(IC50=100 μg/ml)も阻害する。HeLa S3,KB,LS180,K562,HL60などのヒト腫瘍細胞の成長を阻害する(IC50=0.96~2.8μg/ml)。培養細胞において,DNAおよびRNA合成を阻害するが,タンパク質合成は阻害しない。HeLa S3細胞をG2/M期で停止させる。M.W.:698.5811,純度:>80%(HPLC)
CAS No:178182-49-5
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
Rubratoxin A <Inhibitor for Protein Phosphatase 2A>
データシート
10663 IMCビセイブツカガクケンキュウカイ ビセイブツカガクケンキュウショ
(公財)微生物化学研究会 微生物化学研究所
1 mg ¥50,000 3個以上 - 0 追加

説明文 Penicilliumにより生産されるマイコトキシン。プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を競合的に阻害(Ki=28.7 nM,IC50=6.1~15.1 nM)するが,PP1A,PP2Bなどのホスファターゼは阻害しない。培養哺乳動物細胞に対して細胞毒性を示し,PP2A基質タンパク質の過剰リン酸化を誘導する。M.W.:520.1945
CAS No:22467-31-8
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2018年05月18日 19時22分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Cytostatin <Inhibitor for Protein Phosphatase 2A>

文献数:0


  • 商品コード:10664
  • メーカー:IMC
  • 包装:1mg
  • 価格: ¥50,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-

説明文 B16メラノーマのラミニンおよびコラーゲンIVへの接着を阻害するが,フィブロネクチンへの接着は阻害しない。IC50=1.3μg/ml(ラミニン),1.4μg/ml(コラーゲンIV)。B16-F10の転移を著しく阻害する。また,プロテインホスファターゼ2Aを非競合的に阻害する(IC50=0.09 μg/ml)。M.W.:450.4381,純度:>75%(HPLC)
CAS No:156856-30-3
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Heliquinomycin <Inhibitor for DNA Helicase>

文献数:0


  • 商品コード:10665
  • メーカー:IMC
  • 包装:1mg
  • 価格: ¥50,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-

説明文 HeLa細胞のDNAヘリカーゼ阻害物質(Ki=6.8 mM)。トポイソメラーゼII(IC50=30 μg/ml)およびI(IC50=100 μg/ml)も阻害する。HeLa S3,KB,LS180,K562,HL60などのヒト腫瘍細胞の成長を阻害する(IC50=0.96~2.8μg/ml)。培養細胞において,DNAおよびRNA合成を阻害するが,タンパク質合成は阻害しない。HeLa S3細胞をG2/M期で停止させる。M.W.:698.5811,純度:>80%(HPLC)
CAS No:178182-49-5
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

Rubratoxin A <Inhibitor for Protein Phosphatase 2A>

文献数:0


  • 商品コード:10663
  • メーカー:IMC
  • 包装:1mg
  • 価格: ¥50,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-

説明文 Penicilliumにより生産されるマイコトキシン。プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を競合的に阻害(Ki=28.7 nM,IC50=6.1~15.1 nM)するが,PP1A,PP2Bなどのホスファターゼは阻害しない。培養哺乳動物細胞に対して細胞毒性を示し,PP2A基質タンパク質の過剰リン酸化を誘導する。M.W.:520.1945
CAS No:22467-31-8
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。