HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> タンパク質電気泳動> DynaMarker® Protein MultiColor Ladder Marker, Stable
HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> タンパク質マーカー> DynaMarker® Protein MultiColor Ladder Marker, Stable

冷蔵保存できる着色済みタンパク質分子量マーカー DynaMarker® Protein MultiColor Ladder Marker, Stable

掲載日情報:2019/12/24 現在Webページ番号:5167

4℃で1年間保存可能な,天然タンパク質由来の着色済みタンパク質分子量ラダーマーカーです。独自のタンパク質着色技術により高い安定性を実現し,冷蔵庫で保存できます。分子量範囲の異なる2つのタイプ(Broad Range, Low Range)があります。

高い保存安定性イメージ 高い視認性イメージ 正確な分子量イメージ

ワイドレンジでの分離が可能なSDS-PAGE泳動バッファー:AllView PAGE Buffer®についてはこちらをご覧下さい。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


タンパク質分子量マーカー選択ガイド

タンパク質分子量マーカー選択ガイドイメージ

目次に戻る

製品一覧

商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。


品名 Protein MultiColor StableⅡ Protein MultiColor Stable, Low Range
分子量範囲 8.4~230 kDa 1.7~47 kDa
電気泳動図 DM660の電気泳動図 DM670の電気泳動図
適用バッファー Tris-Tricine SDS Buffer
商品コード DM660 DM660L DM670 DM670L
サイズ 120ロード 600ロード 40ロード 120ロード
包装 1.2 ml 5×1.2 ml 200μl 3×200μl

ロット毎の正確な分子量は製品添付のデータシートをご覧下さい。

目次に戻る

特長

  • 従来のタンパク質分子量マーカーの多くは凍結保存の必要がありましたが,本製品は4℃で長期間安定なため,凍結・融解の操作は不要で,冷蔵庫で保存できます。
  • 4℃で均一な溶液です。あらかじめサンプルバッファーに溶解してありReady-to-useのため,そのままアプライできます。
  • すべてのバンドでシャープかつ強い色調を示します。
  • 電気泳動やエレクトロブロッティングのモニターに適しています。

■高い保存安定性

Protein MultiColor Stableシリーズは高い保存安定性を持つため,4℃での保存が可能です。

タンパク質安定性の検証

タンパク質安定性の検証
マーカーを37℃で3週間保存した後,SDS-PAGEでバンドの状態を確認した。
過酷条件で保存しても泳動像に変化がなかったため,高い保存安定性を持つことが分かる。

■正確な分子量

Protein MultiColor Stableシリーズの記載分子量は,分子量既知のタンパク質を基準とし,電気泳動的な移動度の差を基に算出しているため,正確な分子量を示します。

β-Amyloid(1-42)検出実験

β-Amyloid(1-42)検出実験
Protein MultiColor Stable, Low Rangeと4.5 kDaのβ-Amyloid(1-42)をポリアクリルアミドゲルで電気泳動後,ニトロセルロース膜へ転写した(セミドライ法)。転写した膜をβ-Amyloidモノクローナル抗体と反応させ,DAB発色により検出を行った。
本マーカーは検出工程を通して着色バンドが退色することなく,高い視認性を維持していた。また,分子量数千Daの低分子量域においても,正確な分子量を表していることが分かる。

メンブレン湿潤状態で画像取得


目次に戻る

ポリアクリルアミドゲルの調製~電気泳動までの流れ(SDS-PAGE)

Laemmli法

Protein MultiColor Stable, Low Range(#DM670)はTrice-Tricine SDS-PAGE用です。Trice-Tricine SDS-PAGEのゲル組成,泳動バッファー組成はこちら「Tris-Tricine SDS-PAGE」をご覧下さい。

(クリックで開閉します)

準備する試薬

<ポリアクリルアミドゲル>

  • 1.5 M Tris-HCl (pH 8.8)
  • 0.5 M Tris-HCl (pH 6.8)
  • 30% アクリルアミド/ビス溶液:冷暗所保存
  • 10% SDS (sodium dodecyl sulfate:ドデシル硫酸ナトリウム)
  • 10% APS (ammonium persulfate:過硫酸アンモニウム):用事調製
  • TEMED (N,N,N’,N’-tetramethyl ethylenediamine)

<泳動バッファー>

  • Tris-Glycine SDS buffer:25 mM Tris, 192 mM Glycine, 0.1% SDS

<2×サンプルバッファー>

  • 125 mM Tris-HCl(pH6.8), 4% SDS, 20% glycerol, 10% 2-mercaptoethanol(もしくは200 mM DTT), 0.02% BPB

試薬の調製

1.5M Tris-HCl (pH 8.8) トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):18.2 g
超純水に溶解,塩酸(HCl)で pH 8.8 に調製し,100 mlとする
0.5M Tris-HCl (pH 6.8) トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):6.1 g
超純水に溶解,塩酸(HCl)で pH 6.8 に調製し,100 mlとする
30% アクリルアミド/ビス溶液(C:5%):冷暗所保存 アクリルアミド:28.5 g
※アクリルアミドの取り扱いには十分に注意すること。
N,N’- メチレンビスアクリルアミド:1.5 g
超純水に溶解し,100 mlとする
この溶液を0.22~0.45μmのフィルターで吸引ろ過する
10% SDS (sodium dodecyl sulfate) SDS(sodium dodecyl sulfate):10 g
超純水に溶解し,100 mlとする
10% APS(ammonium persulfate):用事調製 APS(ammonium persulfate):0.1 g
超純水1 mlに溶解する
10×Tris-Glycine SDS buffer
使用時は超純水で10倍希釈する
トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):30.28 g
Glycine:144.13 g
SDS(sodium dodecyl sulfate):10 g
超純水に溶解し,1 L とする(pH 調整は不要)
2×サンプルバッファー
ストック溶液は分注して-80℃で保存する
0.5 M Tris-HCl (pH 6.8):2.5 ml
10% SDS :4 ml
グリセロール:2 ml
2-メルカプエタノール:1 ml(もしくはDTT:0.3 g)
1% BPB溶液 :0.2 ml
超純水で溶解し,10 mlとする

手順

①プレートの組み立て

ポイント!画像 プレート,コーム,シールガスケットは70% エタノールで清拭してから組み立てる。
汚れているとゲルがうまく固まらず,綺麗な泳動像が得られない。

②分離ゲル溶液の調製

泡立たないように注意しながらゲル溶液を混合する。

表1.分離ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

分離ゲル濃度 6% 7.5% 10% 12.5% 15%
超純水(ml) 8.05 7.3 6.05 4.8 3.55
1.5 M Tris-HCl (pH 8.8) 3.75 3.75 3.75 3.75 3.75
30% アクリルアミド/ビス溶液 3.0 3.75 5.0 6.25 7.5
10% SDS 0.15 0.15 0.15 0.15 0.15
TEMED 0.00375
(3.75μl)
0.00375
(3.75μl)
0.00375
(3.75μl)
0.00375
(3.75μl)
0.00375
(3.75μl)
10% APS 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05


③分離ゲルの重合(1時間以上)

  1. 調製した分離ゲル溶液をプレートに注ぐ
  2. 注いだ分離ゲル溶液の上に蒸留水を静かに重層する
  3. ゲルが固まるまで静置する
ポイント!画像 分離ゲル濃度が高い場合は,蒸留水ではなく,1-ブタノールを重層すると綺麗な境界面が得られる。

④濃縮ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

泡立たないように注意しながらゲル溶液を混合する。

表2.濃縮ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

濃縮ゲル濃度 3% 4% 5%
超純水(ml) 3.9 3.7 3.5
0.5M Tris-HCl(pH 6.8) 1.5 1.5 1.5
30% アクリルアミド/ビス溶液 0.6 0.8 1.0
10% SDS 0.06 0.06 0.06
TEMED 0.003
(3μl)
0.003
(3μl)
0.003
(3μl)
10% APS 0.06 0.06 0.06


⑤濃縮ゲルの重合(1時間以上)

  1. 重層した蒸留水またはを1-ブタノールを取り除く
  2. 調製した濃縮ゲル溶液を注ぐ
  3. 空気が入らないように注意しながらコームを挿し込む
  4. ゲルが固まるまで静置する

⑥試料の調製

  1. 分析するタンパク質溶液と 2×サンプルバッファーを1:1で混合する
  2. 95℃で5分間加熱した後、氷上に置く

⑦泳動槽へゲルをセット

  1. シールガスケット、クリップ、コームを外す
  2. 泳動槽へゲルをセットする
  3. 泳動バッファーを注ぐ
ポイント!画像 泳動の乱れを防止するために,ゲル板の下の気泡をしっかり除去すること。

⑧電気泳動

タンパク質分子量マーカー,調製した試料をアプライし,泳動スタート。

ポイント!画像 ・アプライする直前にウェルをピペッターなどで軽く洗浄し,ゲルの破片などの泳動の妨げとなるものを取り除く。
・ゲルの両端のレーンは泳動が乱れやすいのでなるべく使用しない。

オススメ!  
分離がワイドレンジになるSDS-PAGE用泳動バッファー
AllView PAGE Buffer® (#DS520)
いつもの泳動バッファーをAllViewに替えるだけ。自作ゲルでグラジエントゲルのような泳動が可能。


⑨バンドの確認

CBB染色や銀染色によりバンドを確認する。またはウエスタンブロッティングなどの次の実験に進む。

オススメ!  
CBB染色の時間を短縮したい,酢酸の刺激臭が苦手という方はこちら!
酢酸・アルコールフリー,短時間かつ高感度にCBB染色できるQuickBlue Staining Solution (#DS500)


Tris-Tricine SDS-PAGE

(クリックで開閉します)

準備する試薬

<ポリアクリルアミドゲル>

  • 49.5% アクリルアミド/ビス溶液(C:3% ):冷暗所保存
  • 3 M Tris-HCl(pH 8.45), 0.3% SDS
  • 10% APS(ammonium persulfate:過硫酸アンモニウム)
  • TEMED(N,N,N’,N’-tetramethyl ethylenediamine)

<泳動バッファー>

  • 陽極側バッファー:0.1 M Tris-HCl(pH 8.9)
  • 陰極側バッファー:0.1 M Tris, 0.1 M Tricine, 0.1 M SDS

<4×サンプルバッファー>

  • 150 mM Tris-HCl(pH7.0), 12% SDS, 6% 2-mercaptoethanol(もしくは400 mM DTT), 30% Glycerol, 0.05% CBB

試薬の調製

49.5% アクリルアミド/ビス溶液(C:5%):冷暗所保存 アクリルアミド:48 g
※アクリルアミドの取り扱いには十分に注意すること。
N,N’- メチレンビスアクリルアミド:1.5 g
超純水に溶解し,100 mlとする
この溶液を0.22~0.45μmのフィルターで吸引ろ過する
3 M Tris-HCl(pH8.45), 0.3% SDS トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):36.4 g
SDS(sodium dodecyl sulfate):0.3 g(0.3%)
超純水に溶解,塩酸(HCl)でpH 8.45に調製し,100 mlとする
10% APS(ammonium persulfate):用事調製 APS(ammonium persulfate):0.1 g
超純水1 mlに溶解する
10×陽極側バッファー
使用時は超純水で10倍希釈する
トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):121.14 g
超純水に溶解,塩酸(HCl)でpH 8.9に調製し,1 Lとする
10×陰極側バッファー
使用時は超純水で10倍希釈する
トリスヒドロキシメチルアミノメタン(Tris):121.14 g
Tricine:179.17 g
SDS(sodium dodecyl sulfate):10 g
超純水に溶解し,1 Lとする(pH 調整は不要)
4×サンプルバッファー
ストック溶液は分注して-80℃で保存する
0.5 M Tris-HCl(pH 7.0):3 ml
SDS(sodium dodecyl sulfate):1.2 g
グリセロール: 3 ml
2-メルカプエタノール:0.6 ml(もしくはDTT 0.6 g )
1% CBB溶液:0.5 ml
超純水で溶解し,10 mlとする

手順

①プレートの組み立て

ポイント!画像 プレート,コーム,シールガスケットは70% エタノールで清拭してから組み立てる。
汚れているとゲルがうまく固まらず,綺麗な泳動像が得られない。

②分離ゲル溶液の調製

表3.分離ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

分離ゲル濃度 16.5%
超純水 7.6 ml
3 M Tris-HCl(pH8.45), 0.3% SDS 10
49.5% アクリルアミド/ビス溶液 10
グリセロール 2.4
TEMED 0.01
(10μl)
10% APS 0.1


③分離ゲルの重合(1時間以上)

  1. 調製した分離ゲル溶液をプレートに注ぐ
  2. 注いだ分離ゲル溶液の上に蒸留水を静かに重層する
  3. ゲルが固まるまで静置する
ポイント!画像 分離ゲル濃度が高い場合は,蒸留水ではなく,1-ブタノールを重層すると綺麗な境界面が得られる。

④濃縮ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

泡立たないように注意しながらゲル溶液を混合する。

表4.濃縮ゲル溶液の調製(ミニゲル2枚の場合)

濃縮ゲル濃度 4%
超純水 8 ml
3 M Tris-HCl(pH8.45), 0.3% SDS 3
49.5% アクリルアミド/ビス溶液 1
10% SDS 0.06
TEMED 0.009
(9μl)
10% APS 0.09


⑤濃縮ゲルの重合(1時間以上)

  1. 重層した蒸留水またはを1-ブタノールを取り除く
  2. 調製した濃縮ゲル溶液を注ぐ
  3. 空気が入らないように注意しながらコームを挿し込む
  4. ゲルが固まるまで静置する

⑥試料の調製

  1. 分析するタンパク質溶液と 4×サンプルバッファーを3:1で混合する。
  2. 95℃で5分間加熱*1した後,氷上に置く

*1 SDS存在下において加熱すると凝集するタンパク質は,40℃で30~60分とする。


⑦泳動槽へゲルをセット

  1. シールガスケット、クリップ、コームを外す
  2. 泳動槽へゲルをセットする
  3. 泳動バッファーを注ぐ*2

*2 下部バッファー槽に陽極側バッファーを,上部バッファー槽には陰極バッファーをそれぞれ注ぐ。

ポイント!画像 泳動の乱れを防止するために,ゲル板の下の気泡をしっかり除去すること。

⑧電気泳動

タンパク質分子量マーカー,調製した試料をアプライし,泳動スタート。

ポイント!画像 ・アプライする直前にウェルをピペッターなどで軽く洗浄し,ゲルの破片などの泳動の妨げとなるものを取り除く。
・ゲルの両端のレーンは泳動が乱れやすいのでなるべく使用しない。

⑨バンドの確認

CBB染色や銀染色によりバンドを確認する。またはウエスタンブロッティングなどの次の実験に進む。

オススメ!  
CBB染色の時間を短縮したい,酢酸の刺激臭が苦手という方はこちら!
酢酸・アルコールフリー,短時間かつ高感度にCBB染色できるQuickBlue Staining Solution (#DS500)

電気泳動(SDS-PAGE)特集

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2021年10月22日 13時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Protein MultiColor, Stable II, DynaMarker
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
4℃で長期保存可能な,5色で着色済みのタンパク質分子量ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は230 kDa, 141 kDa, 100 kDa, 71 kDa, 45 kDa, 30 kDa, 25 kDa, 17 kDa, 8.4 kDa。ミニゲル約120レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年9月15日号 p.17

製品記事 バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事
Protein MultiColor, Stable II, DynaMarker, Large
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
4℃で長期保存可能な,5色で着色済みのタンパク質分子量ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は230 kDa, 141 kDa, 100 kDa, 71 kDa, 45 kDa, 30 kDa, 25 kDa, 17 kDa, 8.4 kDa。ミニゲル約600レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年11月15日号 p.32

製品記事 バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事
DynaMarker Protein MultiColor Stable, Low Range
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
4℃で長期保存可能な,4色で着色済みのタンパク質低分子量用ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は,47 kDa,31 kDa,22 kDa,17 kDa,8.8 kDa,3.8 kDa,1.7 kDa。ミニゲル約40レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年4月1日号 p.21

製品記事 DynaMarker® Protein MultiColor Stable, Low Range
バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事
DynaMarker Protein MultiColor Stable, Low Range
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
4℃で長期保存可能な,4色で着色済みのタンパク質低分子量用ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は,47 kDa,31 kDa,22 kDa,17 kDa,8.8 kDa,3.8 kDa,1.7 kDa。ミニゲル約120レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年12月15日号 p.32

製品記事 DynaMarker® Protein MultiColor Stable, Low Range
バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

[在庫・価格 :2021年10月22日 13時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Protein MultiColor, Stable II, DynaMarker

文献数:0

説明文 4℃で長期保存可能な,5色で着色済みのタンパク質分子量ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は230 kDa, 141 kDa, 100 kDa, 71 kDa, 45 kDa, 30 kDa, 25 kDa, 17 kDa, 8.4 kDa。ミニゲル約120レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年9月15日号 p.17

製品記事 バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

Protein MultiColor, Stable II, DynaMarker, Large

文献数:0

説明文 4℃で長期保存可能な,5色で着色済みのタンパク質分子量ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は230 kDa, 141 kDa, 100 kDa, 71 kDa, 45 kDa, 30 kDa, 25 kDa, 17 kDa, 8.4 kDa。ミニゲル約600レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年11月15日号 p.32

製品記事 バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

DynaMarker Protein MultiColor Stable, Low Range

文献数:0

説明文 4℃で長期保存可能な,4色で着色済みのタンパク質低分子量用ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は,47 kDa,31 kDa,22 kDa,17 kDa,8.8 kDa,3.8 kDa,1.7 kDa。ミニゲル約40レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年4月1日号 p.21

製品記事 DynaMarker® Protein MultiColor Stable, Low Range
バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

DynaMarker Protein MultiColor Stable, Low Range

文献数:0

説明文 4℃で長期保存可能な,4色で着色済みのタンパク質低分子量用ラダーマーカー(Prestain Protein Ladder Marker)。分子量範囲は,47 kDa,31 kDa,22 kDa,17 kDa,8.8 kDa,3.8 kDa,1.7 kDa。ミニゲル約120レーン分。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年12月15日号 p.32

製品記事 DynaMarker® Protein MultiColor Stable, Low Range
バイオダイナミクス研究所 製品特集
電気泳動(SDS-PAGE) - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

目次に戻る

おすすめ製品記事

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。