HOME> 試薬> 天然物/有機化合物/糖質> 天然物/有機化合物> Oxanosine [CAS: 80394-72-5]
HOME> 試薬> 天然物/有機化合物/糖質> 生理活性物質(微生物化学研究所)> Oxanosine [CAS: 80394-72-5]

白血病L1210細胞に阻害作用および抗HIV作用を示すオキサノシン Oxanosine [CAS: 80394-72-5]

掲載日情報:2020/05/08 現在Webページ番号:69089

Oxanosine(オキサノシン)は微生物化学研究所(IMC)の梅澤らによりStreptomyces capreolus MG265-CF3から単離精製され,新規のヌクレオシドとして報告されました。Oxanosineの構造は核酸の塩基であるグアニンに構造が類似しており,カルボニル基の隣の窒素(N)が酸素(O)に変わった構造で,糖はRNAと同じリボース構造を有していることがX線解析により決定されました。1) 近年でもOxanosineの誘導体についての研究報告がされています。2)
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

Oxanosineの構造式

特長

  • 純度:>90%(HPLC)
  • CAS No.:80394-72-5
  • 分子式:C10H12N4O6
  • 分子量:284.227
  • 水,メタノール,DMSOに可溶。CHCl3には不溶。


目次に戻る

生理活性・作用の報告例

  • E.coli K-12に対して弱い抗菌活性を示した。3)
  • HeLa細胞に対して細胞増殖阻害活性を示した(IC50:32 μg/ml)。3)
  • マウスの白血病L1210細胞を阻害した(IC50:32 μg/ml)。3)
  • GMP合成酵素を競合的に阻害した(Ki:7.4×10-4 M)。4)
  • 34℃で発がん遺伝子に関連するK-ras遺伝子を含むラット腎細胞の形態を通常の形態へと変換した。5)
  • 細胞毒性を示すことなく,CEM細胞,U937に対して抗HIV活性(EC50=7.0 μg/ml(CEM細胞),EC50=27 μg/ml(U937))を示した。6)

本数値は文献に基づく数値であり,本製品についての生理活性有無の実証実験はしていません。



目次に戻る

参考文献

  1. Nakamura H. et al. J. Antibiot., 34(9), 1219~1221(1981).
  2. Yu R. et al. Chem.Res.Toxicol., 32(3), 456~466(2019).
  3. Shimada N. et al. J. Antibiot., 34(9), 1216~1218(1981).
  4. Yagisawa N. et al. J. Antibiot., 35(6), 755~759(1982).
  5. Itoh O. et al. Cancer Res., 49(4), 996~1000(1989).
  6. Saito Y. et al. J. Antibiot., 53(3), 309~313(2000).


目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2021年06月14日 17時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Oxanosine <Antitumor> <GMP Synthase Inhibitor>
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
白血病L1210細胞阻害,GMP合成酵素を競合的に阻害,HIVの複製を抑制する効果等が報告されている。白血病L1210細胞阻害:IC50=1.0 μg/ml, GMP合成酵素を競合的に阻害:Ki=7.4x10-4 M。化学式:C10H12N4O6,M.W.:284.23 ,純度:>90%(HPLC),溶解性:水,メタノール,DMSOに可溶。CHCl3には不溶。
CAS No:80394-72-5
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年10月15日号 p.31

製品記事 微生物由来生理活性物質
関連記事

[在庫・価格 :2021年06月14日 17時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Oxanosine <Antitumor> <GMP Synthase Inhibitor>

文献数:0

説明文 白血病L1210細胞阻害,GMP合成酵素を競合的に阻害,HIVの複製を抑制する効果等が報告されている。白血病L1210細胞阻害:IC50=1.0 μg/ml, GMP合成酵素を競合的に阻害:Ki=7.4x10-4 M。化学式:C10H12N4O6,M.W.:284.23 ,純度:>90%(HPLC),溶解性:水,メタノール,DMSOに可溶。CHCl3には不溶。
CAS No:80394-72-5
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年10月15日号 p.31

製品記事 微生物由来生理活性物質
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。