フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 AIEgen Biotech社の紹介

掲載日情報:2019/01/15 現在Webページ番号:63386

Frontiers

Vol. 42 凝集誘起発光性を持つ蛍光プローブ

AIEgen Biotech 社は2016 年2 月に設立された香港のベンチャー企業で,自社技術とHKUST(香港科技大学)からライセンスを受けた特許技術を保有するメーカーです。今回は,AIEgen Biotech 社にインタビューしました。



凝集誘起発光性(Aggregation-Induced Emission; AIE)とはどのような現象ですか?

通常の蛍光物質には「凝集起因消光性(ACQ:Aggregation Caused Quenching)」という性質があり,蛍光物質の濃度が上がると,逆に蛍光強度は下がります。一方,私たちの製品は「凝集誘起発光性(Aggregation-Induced Emission; AIE)」を示します。高濃度でも消光することなく強い蛍光を発し,紫外線による励起にも強く,また蛍光シグナルが褪色しません。AIE 現象は,2001 年にHKUST のBen Zhong Tang 教授が初めて発見・報告したもので,私たちがライセンスを持っています。


Frontiers_AIE

社名にもAIE が入っていますね?

社名には,“AIE”と,生成されたモノを意味する接尾辞“-gen”を使用しています。社名の, AIEgen には,,AIE 現象を生み出す物質を提供するメーカーという意味を込めました。また,会社のロゴには,バイオテクノロジーを象徴するDNA の二本鎖が入っています。



AIE プローブの強みは何ですか?

AIE 現象は,化学や材料科学の分野ではよく知られていましたが,バイオテクノロジーの分野では,あまり知られていませんでした。私たちの技術は,発光デバイスやイメージング用のバイオプローブの分野において,発光量子効率の高い製品の提供を可能にします。さらに,高濃度でも消光しないので,蛍光物質の使用濃度を高くすることができ,明瞭な蛍光像を得ることができます。



新製品の開発や発売を計画していますか?

はい。現在は,生体内イメージングプラットフォーム専用のNIR(近赤外)プローブを研究しています。



AIEgen Biotech社の製品


品名 製品概要 測定波長(励起/蛍光) 商品コード
AIE Mitochondria 消光しにくいミトコンドリア染色用蛍光プロー
ブ。4 色のラインナップがある。ライブイメージングに使用できる。
321 nm/480 nm(Blue) BPM480
391 nm/503 nm (Green) BPM503
403 nm/600 nm (Yellow) BPM600
450 nm/670 nm (Red) BPM670
AIE Bacterial(Dead) 死細菌を検出する青色蛍光プローブ。生細菌を染色するSYTO 9 と併用が可能 320 nm/450 nm BPB450
AIE Cardiolipin 酵母のミトコンドリア内膜の典型的なリン脂質カルジオリピンの定量が可能なプローブ。
NAO(10-Nonylacridine orange)と比較して選択性が高く強い蛍光を発する。
適用試料:酵母
350 nm/480 nm BPC480
AIE Cancer Yellow がん細胞特異的にミトコンドリアを染色するプ
ローブ。ライブイメージングに使用できる。
430 nm/560 nm BPCY560
AIE Glucose 溶液中のH2O2 と反応し蛍光を発する。この特
性を利用して,グルコースオキシダーゼ(GOx)
と併用することで,試料中のグルコースの定量
が行える。
344 nm/540 nm BPG540
AIE pH pH により赤色(pH1)~青色(pH13)に蛍光色が変化する。ライブイメージングに使用できる。 <pH 10:励起488 nm/蛍光561~659 nm
>pH 10:励起405 nm/蛍光440~525 nm
BPH660

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。