HOME> 特集> ファージディスプレイ特集

ファージディスプレイ特集

掲載日情報:2018/10/04 現在Webページ番号:81139

祝ノーベル賞!

2018年10月3日,フランシス・アーノルド博士が「酵素の指向性進化法」による功績および,ジョージ・スミス博士とグレゴリー・ウィンター博士が「ファージディスプレイ法」による功績により,2018年ノーベル化学賞を受賞されました。
長きにわたっての研究の偉大なご業績が認められてのご受賞を心よりお祝い申し上げます。

フナコシ株式会社では,ファージディスプレイ関連製品を研究者の皆様にご提供させていただきますので,これからもどうぞ弊社を宜しくお願いいたします。

目次に戻る

ファージディスプレイとは

MEMO

ファージディスプレイとは

バクテリオファージの殻タンパク質をコードする部位に目的遺伝子を組み込み大腸菌を感染させると,大腸菌表面に目的タンパク質が提示さます。目的タンパク質との相互作用を解析することができる手法です。組換え抗体のスクリーニングなどに応用されています。


ファージディスプレイを用いた組換え抗体のスクリーニング
ファージディスプレイにより作製した組換え抗体 「RecMAbs」の詳細はこちら。

目次に戻る

ファージディスプレイ関連製品

メーカー略称製品説明
ファージディスプレイ関連製品
ADLADLファージディスプレイ用ベクター
POGPhage Titration ELISA Kit
ファージディスプレイを利用する受託サービス
HBMニワトリモノクローナル抗体作製受託サービス
PEXVHH抗体スクリーニング・作製受託サービス
QVQラマVHH抗体の作製受託サービス
その他
KOM「FRONTIERS」 ファージディスプレイ技術による組換え抗体

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。