HOME> 試薬> 遺伝子工学> トランスフェクション> 核酸の導入> DreamFect Stem

幹細胞に特化したDNAトランスフェクション試薬 DreamFect Stem

掲載日情報:2014/06/04 現在Webページ番号:7544

ES細胞やiPS細胞,ヒト成体幹細胞などに,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬です。

トランスフェクション試薬をお探しの方必見! トランスフェクション試薬選択ガイドはこちらをご覧ください。

トランスフェクション試薬ガイドはこちら

特長

  • ES細胞(ヒトES細胞,マウスES細胞)やiPS細胞,ヒト成体幹細胞(ヒト間葉系幹細胞,脂肪組織由来幹細胞,羊水幹細胞)にもご使用いただけます。
  • 幹細胞のフェノタイプや分化能,未分化状態の維持に影響を及ぼしません。
  • 本製品は,生分解性を有します。また,高効率に導入できるため,使用する核酸は少量で済みます。このため,細胞への毒性を最小化することができます。
  • 血清を含む培地でも使用できます。
  • Ready-to-useで,専用のバッファーは不要です。

目次に戻る

操作方法概略

目次に戻る

使用例

ヒト幹細胞に,DreamFect Stem(1.5μl)を用いてpVectOZ-GFP(0.5μg)を導入した。導入後,フローサイトメトリー解析によりGFP陽性の細胞の割合を調べた。

トランスフェクション効率の比較

ヒト間葉系幹細胞に,DreamFect Stem(1.5μl)もしくは他社製品のトランスフェクション試薬(A~E)を用いて,pVectOZ-GFP(0.5μg)を導入した。導入後,フローサイトメトリー解析によりGFP陽性の細胞の割合を調べた。

幹細胞に特化したDNAトランスフェクション試薬 DreamFect Stem />
<p><span class=細胞毒性の比較

ヒト間葉系幹細胞(A)およびKG1a細胞(B)に,DreamFect Stem(1.5μl)もしくは他社製品のトランスフェクション試薬を用いて,pVectOZ-GFP(0.5μg)を導入した。導入後,MTTアッセイにより生細胞の割合を調べた。

トランスフェクション効率の比較

接着性の幹細胞(MSC,AdSC,AFSC)に,DreamFect Stem(1.5μl)を用いてpVectOZ-GFP(0.5μg)を導入した。導入後,蛍光顕微鏡観察によりトランスフェクション効率を調べた。

多幹細胞に特化したDNAトランスフェクション試薬 DreamFect Stem

分化能への影響

ヒト間葉系幹細胞に,DreamFect Stemを用いて,トランスフェクションを行なった。2日後,骨形成培地を用いて分化誘導を開始した。分化誘導18日後に,アリザリンレッド染色を行なった。

本製品を用いたトランスフェクションの結果

本製品を用い,間葉系幹細胞(左図)またはマウスES細胞(右図)にトランスフェクションを行った。

目次に戻る

実績細胞

iPS細胞
ヒトES細胞(hES)
ヒト間葉系幹細胞(MSC)
ヒト白血病細胞(KG1a)
マウスES細胞(mES)
脂肪組織由来幹細胞(ADSC)
羊水幹細胞(AFSC)

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2020年07月11日 00時12分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
DREAMFECT STEM
2週間程度  0
説明文
ES細胞,iPS細胞および多能性幹細胞に,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬。小包装のサンプルあり。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年8月15日号 p.11
ニュース2017年7月1日号 p.8

製品記事
関連記事 [OZB]多能性幹細胞用トランスフェクション試薬 DreamFect Stem モニターキャンペーン
トランスフェクション試薬選択ガイド
DREAMFECT STEM
2週間程度  0
説明文
ES細胞,iPS細胞および多能性幹細胞に,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬。小包装のサンプルあり。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年8月15日号 p.11
ニュース2017年7月1日号 p.8

製品記事
関連記事 [OZB]多能性幹細胞用トランスフェクション試薬 DreamFect Stem モニターキャンペーン
トランスフェクション試薬選択ガイド

[在庫・価格 :2020年07月11日 00時12分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

DREAMFECT STEM

文献数:0

  • 商品コード:ST30500
  • メーカー:OZB
  • 包装:500μl
  • 価格:¥54,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:2週間程度 
  • 法規制等:

説明文 ES細胞,iPS細胞および多能性幹細胞に,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬。小包装のサンプルあり。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年8月15日号 p.11
ニュース2017年7月1日号 p.8

製品記事
関連記事 [OZB]多能性幹細胞用トランスフェクション試薬 DreamFect Stem モニターキャンペーン
トランスフェクション試薬選択ガイド

DREAMFECT STEM

文献数:0

  • 商品コード:ST31000
  • メーカー:OZB
  • 包装:1000μl
  • 価格:¥96,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:2週間程度 
  • 法規制等:

説明文 ES細胞,iPS細胞および多能性幹細胞に,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬。小包装のサンプルあり。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年8月15日号 p.11
ニュース2017年7月1日号 p.8

製品記事
関連記事 [OZB]多能性幹細胞用トランスフェクション試薬 DreamFect Stem モニターキャンペーン
トランスフェクション試薬選択ガイド

無料サンプル品フィードバックフォーム


目次に戻る

その他の関連トランスフェクション試薬ラインナップ

品名をクリックすると商品の詳細が,商品コードをクリックすると直接価格表がご覧いただけます。

対象細胞 品名 トランス
フェクション法
包装 回数 商品コード 製品概要
神経細胞 NeuroMag Transfection Reagent Magneto-
fection
200μl 50~70 NM50200 初代神経細胞を始めとする,各種神経細胞用のトランスフェクション試薬
500μl 125~175 NM50500
1 ml 250~350 NM51000
Starting Kit 1 kit 50~70 KC30800
多能性幹細胞 DreamFect Stem Transfection Reagent Tee-
technology*
500μl 125~250 ST30500 ES細胞やiPS細胞,ヒト成体幹細胞などに,高効率かつ低毒性で核酸を導入できるトランスフェクション試薬
1 ml 250~350 ST31000
COS細胞株 COSFect Transfection Reagent 500μl 250 CF10500 COS細胞,HeLa細胞にそれぞれ最適化されたトランスフェクション試薬
1 ml 500 CF11000
5 ml 2,500 CF12500
HeLa細胞 HeLaFect Transfection Reagent 500μl 250 HF20500
1 ml 500 HF21000
5 ml 2,500 HF25000
ベロ細胞 VeroFect Transfection Reagent Lipofection 250μl 125 VF60250 アフリカミドリザルの腎上皮細胞株であるベロ細胞に最適化されたトランスフェクション試薬
500μl 250 VF60500
1 ml 500 VF61000
5 ml 2,500 VF65000
昆虫細胞 FlyFectIN Transfection Reagent Tee-
technology*
500μl 125 FF50500 昆虫細胞へのトランスフェクションに最適化された試薬
1 ml 250 FF51000
5 ml 500 FF55000
ミクログリア細胞 Glial-Mag Transfection Reagent Magneto-fection 250μl + 2 ml 350 GL00250 ミクログリア細胞株(microglial cell lines)および初代ミクログリア細胞用のトランスフェクション試薬
500μl + 4 ml 700 GL00500
Starting Kit 1 kit 350 KGL0250

* Tee-technology:The Tee-Technology (Triggered Endosomal Escape)
Tee-technologyは,カチオン性脂質(lipoplexes)およびポリマー(polyplexes)の両方の特性を併せ持ち,細胞内へ高効率で核酸を送達する技術です。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。