HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質・酵素関連製品> 酵素阻害物質> Cayman Chemical社 NAFLLD/ NASH 研究用製品
HOME> 試薬> 脂質> 脂質代謝関連酵素> エイコサノイドカスケード酵素阻害物質/NSAIDs> Cayman Chemical社 NAFLLD/ NASH 研究用製品

NAFLD / NASH:脂肪肝(Fatty Liver)および肝線維化(Hepatic Fibrosis)の研究に Cayman Chemical社 NAFLLD/ NASH 研究用製品

掲載日情報:2021/12/14 現在Webページ番号:68724

Cayman Chemical社では,NAFLD(Nonalcoholic Fatty Liver Disease,非アルコール性脂肪性肝疾患)/NASH(Nonalcoholic Steatohepatitis,非アルコール性脂肪肝炎)関連の研究用製品を多数提供しています。

NAFLD / NASHの病態解明に向けた基礎研究と創薬研究

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)/NASH(Nonalcoholic Steatohepatitis,非アルコール性脂肪肝炎)の治療薬の候補としては,以下に挙げたような作用を持つことが望ましいと考えられています。

  1. 背景にある脂質代謝異常や脂質の取り込み・蓄積を抑制
  2. インスリン抵抗性の改善
  3. 炎症反応や細胞死の抑制
  4. 線維化の抑制

このような目的で,新規な糖尿病治療薬,抗肥満薬,カスパーゼ阻害物質,CCR2/5アンタゴニスト,TRβアゴニスト(Resmetirom, MGL-3196),FGFアナログなどの効果を検証する前臨床試験や臨床試験が増えています。

参考文献:
  • Tacke F. and Weiskirchen R., Ann. Transl. Med., 9(8), 729 (2021). [PMID: 33987427]
  • Attia S.L. et al., Clin. Transl. Sci., 14(1), 11~19 (2021). [PMID: 32583961]

Cayman Chemical社では,このような疾患の治療に対する基礎研究を支援するため,生理活性を持つ低分子化合物,中分子,核内転写因子,核内レセプター,Gタンパク質共役型レセプターおよび関連するタンパク質・抗体などの多数の製品をご提供しています。

Cayman Current Issue 31

Cayman Chemical社の "Cayman Current Issue 31" では,NAFLD / NASHに関連して,インスリン抵抗性を改善させることが期待されるチアゾリジンジオン誘導体,PPARアイソフォームアゴニスト,および非PPARアゴニストなどに関する話題を,米国セントルイス大学のDr. Kyle McCommisが執筆しています)。 Cayman Current Issue 31のダウンロードはこちらのページから。


目次に戻る

NAFLD / NASH治療研究に向けた標的と化合物

下図の因子名(図中,赤枠部分)をクリックすると,関連製品の説明および製品リストをご覧いただけます。

Fatty Liver DeseasePPARMPCPGC-1aDGATGLP-1RA FXR-ligandsDPP-4AMPKACCSCD1LeptinFASNSREBP

目次に戻る

PPARとは

核内受容体のPPARサブファミリーは,脂質代謝経路に関与する遺伝子の転写活性化を調節するペルオキシソーム増殖因子のグループです。PPARは,タンパク質レベルでは高い相同性を示していますが,それぞれのサブタイプ(α,β,γ,δ)は,エネルギー利用からエネルギー貯蔵に至るエネルギー代謝においてそれぞれ異なる特異な役割を果たしています(下図参照)。PPARαは,代謝活性の高い組織で普遍的に発現し,肝臓に多く存在します。脂肪酸の輸送の制御,トリグリセリドレベルの低下,β酸化の亢進に働くことにより炎症反応を抑制します。PPARδは,筋肉,脂肪組織,肝臓に発現し,脂肪酸の代謝を亢進させるとともに,抗炎症作用も発揮します。PPARγは,脂肪組織,マクロファージ,および結腸に高発現しており,インスリン感受性,糖代謝,脂質代謝,酸化ストレスの予防に役割を果たています。

脂肪酸センサーおよびエネルギー恒常性調節因子としてのPPARの機能は,脂肪酸から高脂血症治療薬に至るまで,構造的に多様なリガンドによって活性化されます。PPARは,9-cis-retinoic acid receptor(RXR)とヘテロ二量体を形成し,リガンドによって活性化されると,peroxisome proliferator response element(PPRE)と呼ばれるシス作用制御領域を介して標的遺伝子に結合します。PPARのDNA結合部位とヒンジ領域は,ともにPPREと広範な相互作用を形成します。


  PPAR

PPARアゴニスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード標的因子
Amorfrutin A21106PPARγ
Amorfrutin B19618
Ciglitazone71730
GQ-1611908
GW 192913689
Pioglitazone71745
Rosiglitazone71740
SR 166411086
Troglitazone71750
MHY90818293PPARα/γ
Muraglitazar10007853
Elafibranor23508PPARα/δ
Lanifibranor25572pan-PPAR

PPARγスクリーニング用アッセイキット

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
PPARγ Ligand Screening Assay Kit10007685
PPARγ-LBD Ligand Screening Assay Kit600616

目次に戻る

MPC

Mitochondrial pyruvate carrier (MPC) は,mTOR経路を介し,進行性NAFLDの肝臓病変における過剰栄養の感知とその影響に関わっています。NASHにおいて最も初期に試験されたインスリン感受性薬剤であるThiazolidinedione(TZD)系化合物は,MPCに直接相互作用し活性を減弱させることができます。mTOTs(Mitochondrial targets of TZD insulin sensitizers)は,MPC阻害物質として開発されています。

MPC関連製品リスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード製品種別
MSDC-016071748mTOTインスリン増感物質
7ACC223445MPC阻害物質
UK 509916980

目次に戻る

PGC-1a

Peroxisome proliferator-activated receptor-γ (PPARγ)coactivator-1α(PGC-1α)は,糖新生,脂肪酸酸化,脂質輸送,ミトコンドリア生合成などに重要な遺伝子の発現に関与する代謝センサーです。PGC-1αの活性化因子は,NAFLD/NASH発症時のエネルギー恒常性の制御に役立つ可能性があります。

PGC-1α活性化/阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード作用機序
SR 1829222084阻害物質
ZLN00514121アゴニスト

PGC-1a遺伝子発現標的因子

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
Irisin (human recombinant)11451
Anti-Irisin Polyclonal Antibody14625

目次に戻る

GLP-1

グルカゴン様ペプチド1(GLP-1)は,GLP-1受容体を介して作用する腸管ペプチドで,グルコース依存性のインスリン分泌を増加させ,β細胞の増殖を促進し,グルカゴン分泌を抑制し,満腹感を増加させます。また,GLP-1レセプターアゴニストは,NAFLDでの脂肪肝の生成を抑制する可能性があります。

GLP-1アゴニスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
Exendin-4 (acetate)11096
Liraglutide24727

GLP-1ペプチド

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
GLP-1 (1-36) amide (human, rat) (trifluoroacetate salt)24755
GLP-1 (1-37) (human, rat, mouse, bovine)(trifluoroacetate salt)24460
GLP-1 (7-36) amide (trifluoroacetate salt)15069
GLP-2 (human) (trifluoroacetate salt)24414
GLP-2 (1-34) (human) (trifluoroacetate salt)24756
GLP-2 (rat) (trifluoroacetate salt)24757

目次に戻る

DPP-4(Dipeptidyl peptidase Ⅳ,DPP(Ⅳ))

ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP-4)は,GLP-1などのインクレチンを分解します。DPP-4阻害物質は,グルカゴンやグルコース濃度を低下させ,インスリン分泌を増加させ,また肝臓においては,SREBP-1c,SCD1,FASNをダウンレギュレートし,PPARαやAMPKをアップレギュレートすることで,脂肪肝を改善します。

DPP-4阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
Alogliptin (benzoate salt)23768
MK-310221454
Saxagliptin (hydrochloride)23697
(-)-Sitagliptin (phosphate)13252
Trelagliptin18504
Vildagliptin14705

DPP-4阻害物質スクリーニングアッセイ

DPP-4の阻害物質を蛍光法により簡便にスクリーニングできるキットです。キットには,ポジティブコントロールとしてSitagliptinが含まれています。品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード測定方法測定波長
DPP (IV) Inhibitor Screening Assay Kit700210蛍光励起 530~540 nm/蛍光 585~595 nm

目次に戻る

FXR

ファルネソイド(Farnesoid)Xレセプター(FXR)は,糖質・脂質代謝,グルコースの恒常性,胆汁酸の恒常性,炎症,線維化などの主要制御因子としての役割を担っています。これらのレセプターを活性化することで,脂肪肝の病態を改善できる可能性があります。

FXRアゴニスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
GW 406410006611
Fexaramine17369
Tropifexor25748
XL33523350

目次に戻る

DGAT

ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ-1および-2(DGAT-1/2)は,肝細胞のトリグリセリド生合成の最終段階を司る酵素であり,NAFLDの初期段階でのトリグリセリド蓄積を可能にします。これらの酵素を阻害することで,脂肪肝の改善が期待できます。

DGAT-1/2阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード標的因子
A-92250010012708DAGT-1
Amidepsine A17774DAGT
Amidepsine D17775
Cochlioquinone A19440
PF-0462011016425DAGT-1
PF-0642443917680DAGT-2
T-86325807DAGT-1

目次に戻る

AMPK

AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)は,ATP消費経路を減少させ,ATP産生経路を増加させることで,エネルギー恒常性を維持しています。AMPK活性化因子は,肝臓での新規脂肪合成を抑制し,肝臓での脂肪酸酸化を増加させ,脂肪組織でのミトコンドリア機能を促進します。

AMPK活性化物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
A-76966211900
AICAR10010241
AMPK activator14741
Ampkinone10631
GSK62119155
Metformin (hydrochloride)13118
Niclosamide (ethanolamine salt)17118
PD 9805910006726
PT121335
U-012670970
YLF-466D19475
ZLN02421644

目次に戻る

ACC

アセチル-CoAカルボキシラーゼ(ACC)は,アセチル-CoAをマロニル-CoAに変換し,新規脂肪合成に寄与するとともに,脂肪酸酸化を調節する働きがあります。AMPKがACCをリン酸化したり,ACCを薬物によって阻害すると,新規脂質合成が阻害され,ミトコンドリアの脂肪酸酸化が増加します。

ACC阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード標的因子
CP 640,18617691ACC1 / ACC2
ND-63023961
PF-0517515721778
TOFA10005263ACCと脂肪酸合成

目次に戻る

SCD1

ステアロイル-CoAデサチュラーゼ1(SCD1)は,オレイン酸とパルミトレイン酸の生合成の律速酵素です。SCD1の阻害物質は,肝臓のAMPKを活性化することで脂肪酸酸化を増加させ,NASH時の肝臓でのトリグリセリドの蓄積を防ぐ可能性があります。

SCD1阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
A-93957219123
Aramchol22478
CAY1056610012562
PluriSln 116161
SW20366819379
10-Thiastearic Acid10007417

目次に戻る

Leptin

レプチンは,主に脂肪細胞で産生されるサイトカイン型ホルモンで,肝臓の脂質沈着を調節する役割を担っています。NASH患者の一部はレプチン欠損症を示すため,臨床試験での組換えレプチン療法が検討されています。

Leptin EIAキット

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

SPB社ロゴ
品名商品コード
Leptin (human) EIA KitA05174
Leptin (Mouse / Rat) EIA KitA05176
Leptin Receptor (human) EIA KitA05175

目次に戻る

FASN

脂肪酸合成酵素(FASN)は,脂肪酸生合成の最終段階を触媒する酵素で,新規脂質合成によって脂肪酸を作り出すという肝脂質合成の重大な機能を決定する主要因子であると考えられています。FASNを阻害することで,脂肪肝や炎症状態の改善が期待できます。

FASN阻害物質

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
(±)-C7510005270
Cerulenin10005647
Fasnall (benzenesulfonate)19957
GSK837149A19098
Icaritin20236
ML-35620940
TOFA10005263
UCM0519090

目次に戻る

SREBP

ステロール調節エレメント結合タンパク質(SREBP)は,コレステロールや脂質の合成に必要な遺伝子の転写を促進することにより,細胞内コレステロールや脂質レベルを調節しています。SREBP阻害物質は,NASHでの肝コレステロールの潜在的な毒性作用を制御する可能性があります。

SREBP阻害物質およびアゴニスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード作用機序
Betulin11041阻害物質
Fatostatin (hydrobromide)13562
MBX-298222206アゴニスト

アッセイキット/抗体

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード
SREBP-1 Transcription Factor Assay Kit10010854
Anti-SREBP-2 Polyclonal Antibody10007663
Anti-SREBP-2 Polyclonal Antibody - Biotinylated22728
SREBP-2 Transcription Factor Assay Kit10007819

>マトリックスサンプラーパック(#p9107-sampler)もあります。

このような目的で,新規な糖尿病治療薬,抗肥満薬,カスパーゼ阻害物質,CCR2/5アンタゴニスト,TRβアゴニスト(Resmetirom, MGL-3196),FGFアナログなどの効果を検証する前臨床試験や臨床試験が増えています。

目次に戻る

その他のNAFLD / NASH関連薬物標的と対応製品リスト

品名をクリックすると商品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名商品コード標的因子(略称)作用機序
Dapagliflozin11574Sodium glucose co-transporter (SGLT)阻害物質
fluoro-Dapagliflozin15951
galacto-Dapagliflozin15952
Antileukinate17359CXCR2 chemokine receptorアンタゴニスト
ASK1 Inhibitor 1028512Apoptosis signal-regulating kinase 1(ASK1)阻害物質
CAY1075630382
NQDI-116226
Selonsertib20972
MGL-319623845Thyroid Hormone Receptor-Beta(TRβ)アゴニスト
Sobetirome30814
OTX00823130Galectin-1 (gal-1) 阻害物質
Emricasan22204Caspase阻害物質
FGF19 (human, recombinant)32064Fibroblast growth factor (FGF)
FGF21 (human, recombinant)32027

目次に戻る

関連製品 PPAR Ligands

表中の品名(青字のアルファベットなど)をクリックすると商品の詳細,商品コード(#青字の数字)をクリックすると価格表をご覧いただけます。

PPAR
PPARα PPARδ PPARγ
SynonymsNR1C1FAARFAARNR1C3
NR1C2
NUC1
PPARβ
CoactivatorsCITED2EP300CREBBP
CREBBPNCOA1 (RIP160/SRC-1)EP300
EP300NCOA2 (SRC-2)FAM120B
MED1 (PBP/DRIP205/TRAP220)NCOA3 (SRC-3)MED1 (PBP/DRIP205/TRAP220)
NCOA1 (RIP160/SRC-1)PGC-1αNCOA1 (RIP160/SRC-1)
NCOA2 (SRC-2) NCOA2 (SRC-2)
NCOA3 (SRC-3) NCOA3 (SRC-3)
PGC-1α NCOA4
PGC-1β NCOA6
PRIC295 NCOA7
PGC-1α
PGC-1β
PGC-2
CorepressorsNCOR1NCOR1GPS2
RIP140 (NRIP1)NR0B2NCOR1
SMRT (NCOR2)RIP140 (NRIP1)NR0B1
SMRT (NCOR2NR0B2
SPENPER2
RIP140 (NRIP1)
SMRT (NCOR2)
Selective
Agonists
AM3102 (#13452)CAY10592 (#10012536)Amorfrutin A (#21106)
Clofibrate (#10956)GW 0742 (#10006798)Amorfrutin B (#19618)
(+)-Etomoxir (sodium salt) (#11969)GW 501516 (#10004272)Azelaoyl PAF (#60924)
Fenofibrate (#10005368) CAY10599 (#13282)
GW 590735 (#10009880) CDDO (#81035)
GW 7647 (#10008613) Ciglitazone (#71730)
GW 9578 (#10011211) GW 1929 (#13689)
8(S)-HETE (#34360) GQ-16 (#11908)
Leukotriene B4 (#20110) Pioglitazone (#71745)
N-Octadecyl-N'-propyl-sulfamide (#10009661) 15-deoxy-⊿12,14-Prostaglandin J2 (#18570)
Oleoyl Ethanolamide (#90265) Rosiglitazone (#71740)
  Troglitazone (#71750)
Non-Selective
and Dual Agonists
Bavachinin (#19376)Bavachinin (#19376)Bavachinin (#19376)
Bezafibrate (#10009145)Bezafibrate (#10009145)Bezafibrate (#10009145)
CAY10514 (#10009017)CAY10573 (#10008846)CAY10514 (#10009017)
CAY10573 (#10008846)Elafibranor (#23508)CAY10573 (#10008846)
Elafibranor (#23508)CAY10573 (#10008846)(±)9-HODE (#38400)
(±)9-HODE (#38400) (±)13-HODE (#38600)
(±)13-HODE (#38600) Lanifibranor (#25572)
Lanifibranor (#25572) MHY908 (#18293)
MHY908 (#18293) Muraglitazar (#10007853)
Muraglitazar (#10007853) Tesaglitazar (#16791)
Tesaglitazar (#16791) Wy 14643 (#70730)
Wy 14643 (#70730)  
Partial Agonists and AntagonistsGW 6471 (#11697)GSK3787 (#15219)BADGE (#70790)
 Sulindac (#10004386)Diclofenac (sodium salt) (#70680)
  FMOC-L-Leucine (#10004888)
  G3335 (#17593)
  GW 9662 (#70785)
  MCC-555 (#70735)
  SR 202 (#21846)
  T0070907 (#10026)

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。