HOME> 試薬> 抗体> 一次抗体> 細胞周期・微小管研究用製品特集
HOME> 試薬> 細胞接着/細胞骨格> 細胞骨格> 細胞周期・微小管研究用製品特集
HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> 蛍光/標識用試薬> 蛍光および標識試薬> 細胞周期・微小管研究用製品特集
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 細胞の染色/トレーサー> 細胞周期・微小管研究用製品特集

注目の研究分野! 細胞分裂/有糸分裂/チューブリン(Cell Cycle / Mitosis / Microtubule / Tubulin) 細胞周期・微小管研究用製品特集

掲載日情報:2020/08/13 現在Webページ番号:67144

当社が取り扱う,細胞周期および微小管,また微小管を構成するチューブリンの研究に有用な製品をご紹介いたします。

細胞分裂は,生命の根幹に関わる現象として古くから認識され,数多くの研究が行われてきました。その細胞分裂を制御する機構である細胞周期についても盛んに研究が行われ,また現代においても数多くの研究者を魅了する壮大なテーマの1つです。

細胞周期の一連の過程において,DNAの複製と染色体の分配といったダイナミックな現象が観察される一方,細胞周期上の各過程が正常に行われているかを確認する複数のチェックポイントの存在が知られています。これまでに,様々な因子が細胞周期の制御に関わっていることが解明されてきましたが,その複雑な生命現象と制御機構には未だに解明されていない部分も数多く残されており,世界中で研究が進められています。

細胞周期と微小管,チューブリンの関わり

■細胞周期

真核生物では,G0, G1, S, G2, Mの5つの期が存在しており,G0期の細胞は分裂を行わず,静止期とも呼ばれています。G1期に移行した細胞は,後にS期で行われるDNAの複製に必要となる栄養を細胞内に蓄積し,細胞の大きさを拡大,成長します。S期におけるDNA複製が完了後,細胞は有糸分裂に備えて成長を続けるG2期を経てM期へ移行し,細胞分裂が起こります。引き続き分裂が必要な細胞は再びG1期へ移行し,次の周期へと進みますが,分裂の必要が無い細胞はG0期へと移行します。
このように細胞周期とは,細胞が増殖する過程で2つの娘細胞へ分裂する一連の周期的なサイクルのことを指しています。

細胞の分裂期(M期)

細胞の分裂期(M期)

DNA特異的な細胞核ライブイメージング試薬については,こちら「NucleoSeeing <Live Nucleus Green>」をご覧下さい。

■分裂期(M期)における微小管

M期に起こる有糸細胞分裂ではS期に複製された姉妹染色体が分裂期の進行に伴って紡錘糸微小管に沿って細胞の中央部分(赤道面;metaphase plate)に輸送されます。この時,すべての染色体が赤道面に整列した場合のみ後期に進み,姉妹染色体は娘細胞に均等分配されます。赤道面への染色体の整列に異常をきたすと娘細胞に正確に遺伝情報が分配できないため,中期と後期の間にはチェックポイントが存在し,紡錘体形成チェックポイント(Spindle Assembly Checkpoint;SAC)と呼ばれています。紡錘体形成チェックポイントには多数のタンパク質が関与すると考えられており,その機構解明が期待されています。

紡錘形成チェックポイント

M期における微小管,紡錘形成チェックポイント

光で制御可能な細胞分裂前中期の染色体輸送調節試薬については,こちら「PCEI-HU <Photoswitchable CENP-E Inhibitor>」をご覧下さい。

■微小管とα-,β-,γ-チューブリン

微小管はα及びβチューブリンと呼ばれる 2 つのタンパク質のヘテロダイマーを基本単 位として構成されていることが知られており,これらの遺伝子配列は,真核生物でよく保存されています。一方で,γ-tubulinは微小管の構成成分ではなく,5種類のタンパク質とγ-tubulin環状複合体(γ-tubulin ring complex; γTuRC)を形成し,微小管が伸長する起点としての役割を果たすことが知られています。

微小管形成におけるγ-tubulinの役割

微小管形成におけるγ-tubulinの役割

しかし,γ-tubulinがどのようにして微小管の伸長に寄与しているか,微小管を制御しているのか,といった分子メカニズムは十分に分かっていません。近年,γ-tubulinの自己集合により形成すると考えられるγ-tubulin filament (γ-string, γ-tubuleなど)が発見されており,オルガネラの形成や構造維持に関わることが示唆されています。さらに,γ-tubulinは転写因子E2Fと共通のDNA配列に競合的に結合することが知られ,E2Fに起因する遺伝子の転写活性制御に関わることも明らかにされており,γ-tubulinの多岐にわたる機能解析が注目されています。

γ-tubulin特異的阻害物質については,こちら「Gatastatin G2 <γ-Tubulin Inhibitor>」をご覧下さい。



目次に戻る

微小管・チューブリン研究用製品ラインナップ

画像をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

(1) (2) (3) (4) (5)
FNA社 LKT社 CYO社 KOM社 CYO社
強力なγ-tubulin特異的阻害物質
Gatastatin G2 <γ-Tubulin Inhibitor>
微小管の重合/脱重合を阻害する物質
Microtubule Stabilizers and Destabilizers
チューブリンの重合反応を測定するキット
Tubulin Polymerization Assay Kit
チューブリン翻訳後修飾(PTM)関連抗体 モータータンパク質の研究に
ダイニン(Dynein)およびキネシン14 (Kisesin-14)
強力なγ-tubulin特異的阻害物質 微小管の重合脱重合を阻害する物質 微小管の重合脱重合を阻害する物質 チューブリン翻訳後修飾(PTM)関連抗体 ダイニン(Dynein)およびキネシン14 (Kisesin-14)
(6) (7) (8) (9) (10)
CYO社 GNT社 GNT社 GNT社 CYO社
細胞中のF-アクチン/チューブリンを検出できる遠赤色(近赤外)蛍光プローブ
SiR / SiR700 - Actin / Tubulin Kit
抗α-Tubulin抗体 抗β-Tubulin抗体 抗γ-Tubulin [TU-32]抗体 チューブリン製品及び抗チューブリン抗体
Tubulin Protein/
抗-α/β-Tubulin抗体
SiR / SiR700 - Actin / Tubulin Kit 抗α-Tubulin抗体 抗β-Tubulin抗体 抗γ-Tubulin [TU-32]抗体 Tubulin Protein/抗-α/β-Tubulin抗体


目次に戻る

細胞周期研究用製品ラインナップ

画像をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

(1) (2) (3) (4) (5)
FNA社 FNA社 CHT社 QBS社 CAY社
細胞分裂前中期の染色体輸送調節試薬
PCEI-HU<Photoswitchable CENP-E Inhibitor>
DNA特異的な細胞核ライブイメージング試薬
NucleoSeeing <Live Nucleus Green>
細胞周期進行やDNA損傷をリアルタイムで観察
Cell Cycle Chromobodyシリーズ
比色による細胞周期モニタリングキット
Cell-Clock Cell Cycle Assay Kit
フローサイトメトリーによる細胞周期の進行解析キット
Cell Cycle Phase Determination Kit
PCEI-HU NucleoSeeing Cell Cycle Chromobody Cell-Clock Cell Cycle Assay Kit Cell Cycle Phase Determination Kit
(6) (7) (8) (9) (10)
RSD社 KOM社 GNT社 POG社
細胞周期研究関連阻害物質 細胞周期研究用の低分子化合物 DNA損傷/修復関連抗体 腫瘍・細胞周期研究のゴールドスタンダード
抗ヒトp53マウス抗体(クローンBp53.11)
増殖細胞中の非ヒストン核タンパク質のKi-67に対する抗体
抗Ki-67抗体(SP6 クローン)
TCS 2312 1-Azakenpaullone DNA損傷/修復関連抗体 抗ヒトp53マウス抗体 抗Ki-67抗体(SP6 クローン)

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。