HOME> 試薬> 遺伝子工学> 形質転換・培地> E.coliコンピテントセル> ダイナコンピテントセル(DynaCompetent Cells)選択ガイド

ダイナコンピテントセル(DynaCompetent Cells)選択ガイド

掲載日情報:2020/11/13 現在Webページ番号:8342

BioDynamics Labolatory社(バイオダイナミクス研究所)の迅速・安価・高効率なコンピテントセル(DynaCompetent Cells)をご紹介します。クローニング用,タンパク質発現用それぞれに,特長ある製品を取りそろえています。
併せて,コンピテントセル使用時の注意点とトラブルシューティングを掲載しています。

クローニング用コンピテントセルお勧め製品

プラスミドが傷つきにくい 低コスト 操作時間 高効率
DS410 DynaCompetent Cells LowInSeq
大腸菌ゲノム中のDNA型転移因子が低活性
DS230 DynaCompetent Cells JetGiga DH5α
分注・再凍結可能
(50本に分注で420円/本)
DS230 DynaCompetent Cells JetGiga DH5α
操作時間:6分
DS230 DynaCompetent Cells JetGiga DH5α
1×109 cfu/μg
DS225 DynaCompetent Cells Jet DH5α
操作時間:10分
(ヒートショックなし)
DS228 DynaCompetent Cells DH5α for Electroporation
2×109 cfu/μg
DS218 DynaCompetent Cells JM109 for Electroporation
2×109 cfu/μg

目次に戻る

タンパク質発現用コンピテントセルお勧め製品

DS255 DynaCompetent Cells Zip BL21(DE3) 短時間(5分, ヒートショックなし)
T7発現系
DS250 DynaCompetent Cells BL21(DE3) スタンダードコンピテントセル
T7発現系
DS258 DynaCompetent Cells BL21(DE3) for Electroporation エレクトロポレーション
T7発現系
DS260 DynaCompetent Cells BL21(DE3)pLysS T7リゾチームによる発現制御

目次に戻る

クローニング・ライブラリー作製用コンピテントセル各製品の特長

商品コードをクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

用 途 クローニング・ライブラリー作製用コンピテントセル
品 名 DynaCompetent Cells LowInSeq DynaCompetent Cells JetGiga DH5α DynaCompetent Cells Jet DH5α DynaCompetent Cells DH5α DynaCompetent Cells JM109 DynaCompetent Cells DH5α/JM109 for Electroporation
商品コード DS410 DS230 DS225 DS220 DS210 DS228 DS218
特 長 プラスミドが傷つきにくい 安価
迅速
高効率
迅速 スタンダード スタンダード 高効率 高効率
E. coli LowInSeq DH5 α JM109 DH5 α JM109
形質転換効率(pUC19)

> 1 × 108

> 1 × 109

> 2 × 108

> 5 × 108

> 5 × 108

> 2 × 109

操作時間 約65分 約6分 約10分 約80分 約80分 -
ヒートショック 必要 必要 不要 必要 必要 -
回復培養 必要 不要 不要 必要 必要 必要
青白スクリーニング × ◎(IPTG の添加不要)

目次に戻る

タンパク質発現用コンピテントセル各製品の特長

商品コードをクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

用 途 タンパク質発現用コンピテントセル
品 名 DynaCompetent Cells BL21 DynaCompetent Cells Zip BL21(DE3) DynaCompetent Cells BL21(DE3) DynaCompetent Cells BL21(DE3) for Electroporation DynaCompetent Cells BL21(DE3)pLysS
商品コード DS240 DS255 DS250 DS258 DS260
E. coli BL21 BL21( DE3 ) BL21( DE3 ) pLysS
形質転換効率(pUC19)

≧ 5 × 107

≧ 2 × 106

≧ 5 × 107

> 2 × 109

≧ 5 × 107

操作時間 約80分 約 5 分 約80分 - 約80分
ヒートショック 必要 不要 必要 - 必要
回復培養 必要 不要 必要 必要 必要
誘導発現 λファージCE6の感染が必要 IPTG添加
特 長 lon proteaseとompT membrane protease遺伝子の欠損により発現タンパク質の分解を防止
IPTGによるT7 RNAポリメラーゼ誘導
T7リゾチームにより, バックグラウンドタンパク質の発現レベルを低下

目次に戻る

コンピテントセル使用時の注意点とトラブルシューティング

コンピテントセルの形質転換(transformation)とは,コンピテントセルにプラスミドDNAを導入する操作です。日常的に行われる実験操作ではありますが,小さなポイントに不備があると,「コロニーが出ない」「コロニーが少ない」などの問題が生じることがあります。以下の点についてご注意いただき,コンピテントセルをご使用下さい。

項 目注意点
保存条件 コンピテントセルは温度の変化によって品質が低下します。納品時にはドライアイス同梱の容器から直接-80℃のディープフリーザーに移して下さい。
DNA純度 エタノール沈殿,カラム精製キットなどでできるだけ不純物を除いて下さい。エレクトロポレーションを行う場合は特に脱塩が大切です。
ライゲーション産物などを導入する際,(DNA量に余裕がある場合は)フェノール/クロロホルム処理およびエタノール沈殿を行うことにより形質転換効率が上昇する場合があります。
DNA量 トランスフォーメーションに用いるDNA量を増やすと,得られるコロニーの数が増加します。ただし,コロニー数の増加はDNA量に比例しないため,過剰にDNAを用いると見かけ上のコンピテンシーが低くなることがあります。
凍結融解 氷上で融解し,融解した後すぐに使用して下さい。
ただし,JetGiga DH5α(#DS230)については融解・分注しての再凍結が可能です。
DNA添加後の撹拌 コンピテントセルにDNAを加えた後すぐに撹拌して下さい。撹拌が激しすぎると形質転換効率が低下するものの,均一に撹拌されることも必要です。そのため,10回程度チューブを指ではじくようにしての撹拌をお勧めします。
ヒートショック ヒートショックの温度および時間は厳密に守って下さい。規定の温度および時間以外では形質転換効率が低下します。
形質転換を行った細胞の希釈 プレーティングの際にコンピテントセルを希釈する場合は,SOC, SOB, LBなどを使用して下さい。水などで希釈を行うと形質転換効率が低下します。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。