HOME> 受託サービス・特注品> プロテオミクス(タンパク質解析)> プロテオーム解析> リン酸化タンパク質のプロファイリング受託サービス

リン酸化タンパク質のプロファイリング受託サービス

掲載日情報:2013/07/29 現在Webページ番号:7883

タンパク質のリン酸化は,細胞の増殖の調節や酵素の活性,細胞内シグナル伝達などに関わる重要な役割を果たしますが,遺伝子解析では推定することができず,タンパク質を直接解析する必要があります。本サービスでは,プロテオーム解析技術を用いたリン酸化タンパク質のプロファイリングに加えて,リン酸化部位の同定作業も実施します。

リン酸化タンパク質濃縮カラムによる網羅的解析

リン酸化タンパク質を濃縮して精製することで,細胞中に微量に発現したリン酸化タンパク質を捉えることが可能です。

  • リン酸化タンパク質と非リン酸化タンパク質を分離します。
  • 濃縮することで,発現量の低いリン酸化タンパク質も分析可能です。
  • 濃縮後は二次元電気泳動,ミニゲルSDS-PAGE のいずれにも対応可能です。

解析例

マウスES 細胞は増殖因子の一種であるLeukemia inhibitory factor (LIF)の添加によって,多能性を維持した状態で培養が可能です。 この機構にはJAK-STAT3 シグナル伝達系の活性化が重要であることがわかっていますが,それ以外のシグナル系も重要であると考えられています。そこで,LIFを添加することでES 細胞内のリン酸化タンパク質がどの様に変動するか,リン酸化タンパク質に親和性のあるカラムと二次元電気泳動・質量分析計を用いて,網羅的に解析しました。
カラムを使った濃縮によって全タンパク質の約10%がリン酸化タンパク質フラクションとして回収されました。
取得されたリン酸化タンパク質を二次元電気泳動によって分離したところ,LIF の有無によって変化するタンパク質スポットを多数検出することができました。
本研究は広島大学大学院理学研究科発生生物学研究室との共同で行われました(2002 ~2004 年)。

目次に戻る

リン酸化タンパク質染色による網羅的解析

リン酸化タンパク質を特異的に検出する手法として,リン酸化タンパク質蛍光染色法があります。1 枚のゲルをリン酸化タンパク質染色・SYPRO(R) Ruby 染色と順次染色し,両泳動像のパターンを比較解析することができます。

目次に戻る

脱リン酸化酵素によるリン酸化タンパク質の網羅的解析

脱リン酸化酵素によってリン酸化タンパク質からリン酸基を除去すると,タンパク質の等電点に変化が起きます。この現象を利用して,等電点方向のスポットの変化が起こったものに注目してリン酸化タンパク質の網羅的解析を行います。


解析例

目次に戻る

リン酸化部位同定解析

リン酸基の結合したペプチドを質量分析計で観測できることは少なく,通常の方法でリン酸基結合部位の同定を行うことは困難です。前処理を行うことで,リン酸基結合ペプチドを観測しやすくし,リン酸化部位の同定を行います。

  • リン酸化タンパク質を数種類のタンパク質分解酵素で切断することにより検出ペプチドのカバー率を高め,高感度質量分析計を用いたリン酸化部位同定を行います。
  • リン酸化部位同定の成否は,リン酸化ペプチドを精製・回収できるかに依存していますが,独自のノウハウにより成功率を高めることができます。

目次に戻る

必要試料量/価格/納期

解析の条件により異なりますので,詳細はお問い合わせ下さい。
※ お客様の試料に最適な解析プロセスをご提案・ご提供するために,解析対象となるタンパク質に関する配列などの情報をご提供していただきます。また,必要に応じて秘密保持契約を締結します。

目次に戻る

ご注文方法

詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

目次に戻る

プロテオーム解析関連受託

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(受託・特注品業務担当)

jutaku@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。