HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> はじめてのELISA
HOME> 試薬> ELISA> EIA練習用キット> はじめてのELISA
HOME> 受託サービス・特注品> アッセイ系構築・測定> ELISA・各種測定系> はじめてのELISA

ELISA成功のカギは準備が9割!? はじめてのELISA

掲載日情報:2023/09/26 現在Webページ番号:70989

ELISA(Enzyme-Linked Immuno Sorbent Assay、イライザ/エライザ)とは、溶液中の目的物(タンパク質、抗体、低分子抗原など)の量を抗原抗体反応により検出・測定する手法です。ELISAに必要な試薬や機器、プロトコル例などをご紹介します。また、ELISAに関するご相談も承ります。

ウェビナーのご案内

フナコシウェビナー案内

ELISAに関する無料のウェビナーを開催します。これからELISAを始める方向けに、ELISAの基本、操作手順、キットの選び方などについて、弊社社員がお伝えします。ウェビナー視聴後、アンケートにご回答いただいた方限定で特典もあります。

開催期間:2024年5月30日(木)~ 6月3日(月)
内容:Ⅰ. ELISAとは
Ⅱ. サンドイッチELISA法のワークフロー
Ⅲ. ELISAの選び方
参加費:無料
申込締切日:2024年5月31日(金)17:00

ELISAへの理解度をチェックしてみよう

以下の質問に×で答えてみて下さい。


Q1. ELISAは目的の抗原や抗体を定量的に検出できるアッセイ法である。×

A.

ELISAでは抗原と抗体の特異的な相互作用と酵素反応による発色を利用して、試料中の標的分子を測定します。ELISAには抗原や抗体の”量”を定量もしくは半定量的に測定できるものと、溶液中の抗原や抗体の”有無(量ではない)”を定性的に検出できるものがあります。


Q2. 測定したい標的因子さえ決まれば、適したキットを選択できる。×

A. ×

キットによって測定対象が異なります。動物種や試料のタイプなどから最適なキットを探していきます。


Q3. キットさえ購入すれば、測定準備~測定まで一貫して操作できる。×

A. ×

ELISAキットには測定に必要な試薬が含まれてますが、別途、消耗品や測定機器が必要です。


Q4. ELISAキットはすべて同じ原理によって測定している。×

A. ×

ELISAにはサンドイッチ法や競合法などいくつかの手法があります。それぞれ操作フローやデータの見方が異なりますので、注意が必要です。


Q5. 試料やスタンダードは二重測定するのがおすすめである。×

A.

二重測定することで、測定操作やピペッティングなどによる誤差が生じていないか、結果を統計的に検証するために十分なデータが得られます。キットによっては三重測定が推奨の場合もあります。


Q6. 実験設備や測定機器がなくてもELISAによる解析を行うことができる。×

A.

フナコシでは受託でのELISA測定も承ります。試料をお送りいただき、測定結果をデータとしてお返しするサービスです。


Q7. 調べても分からないことがあれば、フナコシに気軽に聞いてもいい。×

A.

フナコシでは製品探しから使い方のご説明、トラブルシュートなどきめ細やかなサポートを実施しています。少しでも困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい!




目次に戻る

ELISAを始める準備

ELISAを知る

概要

ELISAは、溶液中の目的物(タンパク質、抗体、低分子抗原など)の量を抗原抗体反応により検出・測定するイムノアッセイの一種です。抗原抗体反応の組み合わせによって、直接法、間接法、サンドイッチ法、競合法に分かれています。

カンタン解説(原理)

  • サンドイッチ法:プレートに固相化した抗体に標的因子を反応させ、それを酵素標識した別の抗体で挟み込んで検出します。
  • 競合法:プレートに固相化した抗体に対して、標的因子とキットに含まれる酵素標識抗原を競合的に反応させます。

カンタン解説(解析の仕方)

最初に、濃度が既知の標準物質(スタンダード)を使用して、吸光度と標準物質の濃度の相関関係から標準曲線(検量線)を作成します。濃度未知の試料から得られた吸光度を検量線にあてはめることで濃度を算出できます。また吸光度は実験条件や測定機器などによって変動するため、異なる実験間での正確な比較のためには検量線は測定ごとに毎回作成しなおす必要があります。

ELISAキットの選び方を知る

ELISAキットを選ぶ際には、以下のような項目をもとに探していきます。

  • 動物種
  • 測定試料
  • 標的因子
  • 測定範囲

フナコシWebでの探し方

検索方法を示した画像をクリックすると、当社トップページの製品検索を開くことができます。

フナコシWEBでの探し方

キーワードに「測定試料の動物種」+「測定因子名」+「kit」を入力します(それぞれの項目間に半角スペースを入れて下さい)。
製品区分の「一般商品」を選択します。
あとは検索ボタンを押すだけ!

データシートのダウンロード方法


最新のデータシートはメーカーサイトからダウンロードして下さい。

実験で使用する試料がメーカー保証の対象か必ず確認して下さい。

試料中の物質濃度がキットに適しているか確認して下さい。
想定される濃度が検出範囲以下の場合、より感度が高いキットを選ぶ必要があります。


ELISAキット探しのヒント

メーカーロゴをクリックすると、各メーカーのELISAキット特集をご覧いただけます。


R&D systemes社のロゴ
Salimetrics社のロゴ
ELISAメーカー10選

準備するものを知る

各項目をクリックすると製品検索や製品詳細を確認できます。



エクセルファイルを印刷してチェックリストとしてお使いいただけます。
またこちらにご記入後、当社テクニカルサポート(試薬担当)へお送りいただければ、製品のご提案もいたします!



目次に戻る

ELISAの操作を知る

測定のコツ

①キット構成品は適正な温度で保管し、使用前は必ず室温に戻して下さい。

画像内容説明

②マルチチャネルピペットを用いることよって、迅速にアプライでき、より安定した結果を得ることができます。

画像内容説明

③ピペッティングの際は、ウェル底面に触れないように分注して下さい。

画像内容説明

④コンタミネーション防止のため、異なる試料/スタンダードをピペッティングする際にはチップを交換して下さい。

画像内容説明

⑤マルチチャネルピペットによるプレート洗浄はバックグラウンドが高くなる可能性があります。バックグラウンド低減のため、プレートウォッシャーの使用を推奨します。

画像内容説明


参考動画(日本語字幕付き)

サンドイッチ法操作例:R&D Systems Quantikine ELISA Kit

凍結乾燥品再構成方法


目次に戻る

操作フロー例と練習用キット

サンドイッチ法

サンドイッチ法の操作フロー例

Step1:試薬の前準備

キット構成品(スタンダード、Washバッファー、抗体など)および試料/コントロールをプロトコルに沿って、希釈調製を行う。
スタンダード/コントロール/試料の配置はプレートレアウト図に事前に書き込んでおくと良い。
二重測定(Duplicate)以上を一般的に推奨。

サンドイッチ法のプレートレイアウト例

Step2:スタンダード/コントロール/試料を添加、インキュベート

スタンダード/コントロール/試料をウェル壁面へ沿わせるよう添加する。添加後、プレートシールを貼りインキュベートを行う。
コンタミ防止のため、その都度チップ交換する。
プロトコル中に指示がある場合、オービタルシェーカーの上に置く。

スタンダード、コントロール、サンプルの添加とインキュベート

Step3:プレートの洗浄

ウェル中の溶液を廃棄する。Washバッファーを充填した自動プレートウォッシャー(もしくはつる首タイプの洗浄瓶)を用いて複数回洗浄する。
最後にペーパータオルに軽く叩きつけて液体を完全に取り除く。

プレートウォッシャー

Step4:検出抗体の添加

検出抗体を添加後、新しいプレートシールを貼り、インキュベートを行う。
マルチチャネルピペットとリザーバーを用いると便利。
プロトコル中に指定があれば、オービタルシェーカーの上に置く。

検出抗体の添加

Step5:基質・反応停止液の添加

基質を添加後、遮光してインキュベートを行う。その後、反応停止液を添加する。
基質は退色するため、アルミによる遮光が必要な場合あり。
TMB基質の場合、溶液が青色⇒黄色に変化する。

基質・反応停止液の添加

Step6:測定・解析

反応停止液を添加後、直ちにプレートリーザ―にて測定する。プロトコル記載の吸光度(測定波長および補正波長)を設定し、付属ソフトで解析する。
補正波長:ウェル均一性やキズの影響を無くすために使用。必須ではないが、測定値の正確性が得られることが多い為、メーカーで推奨している製品が多くなっている。

検量線例


サンドイッチ法の練習用キット

[在庫・価格 :2024年04月23日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
ELISA Mini Training Kit (96well)
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 ELISA Training Kit(Bertin Bioreagent社)
Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事
ELISA Training Kit (2x96well)
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 ELISA Training Kit(Bertin Bioreagent社)
Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事

[在庫・価格 :2024年04月23日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

ELISA Mini Training Kit (96well)

文献数: 0

説明文
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 ELISA Training Kit(Bertin Bioreagent社)
Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事

ELISA Training Kit (2x96well)

文献数: 0

説明文
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 ELISA Training Kit(Bertin Bioreagent社)
Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事


競合法

競合法の操作フロー例

Step1:試薬の前準備

キット構成品(スタンダード、Washバッファー、トレーサーなど)および試料/コントロールをプロトコルに沿って、希釈調製を行う。スタンダード/試料以外にBlank/NSB/TA/B0用のウェルも設置する。
プレートレアウト図に事前に書き込んでおくと良い。
二重測定(Duplicate)以上を一般的に推奨。

競合法のプレートレイアウト例

Step2:バッファー/酵素標識抗原(トレーサー)/抗体を添加、インキュベート

スタンダード/コントロール/試料をウェル壁面へ沿わせるよう添加する。添加後、プレートシールを貼りインキュベートを行う。
コンタミ防止のため、その都度チップ交換する。
プロトコル中に指示がある場合、オービタルシェーカーの上に置く。

バッファー/酵素標識抗原(トレーサー)/抗体を添加、インキュベート

Step3:プレートの洗浄

ウェル中の溶液を廃棄する。Washバッファーを充填した自動プレートウォッシャー(もしくはつる首タイプの洗浄瓶)を用いて複数回洗浄する。
最後にペーパータオルに軽く叩きつけて液体を完全に取り除く。

プレートの洗浄

Step4:基質を添加し、インキュベート

基質(Ellmans’s Reagent)を添加後、遮光してインキュベートを行う。
基質は退色するため、使用直前に作製することをお勧めする。
Total Actiivity(TA)ウェルのみ別途トレーサー添加する。

基質添加しとインキュベート

Step5:測定・解析

インキュベート後、プレートリーザ―にて測定。プロトコル記載の吸光度(測定波長および補正波長)を設定し、付属ソフトで解析する。
補正波長:ウェル均一性やキズの影響を無くすために使用。必須ではないが、測定値の正確性が得られることが多い為、メーカーで推奨している製品が多くなっている。

検量線例


競合法の練習用キット

[在庫・価格 :2024年04月23日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Practice EIA Kit, Cayman
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
感度:11 pg/ml,測定範囲:67 pg/ml,検出方法:呈色,測定波長:405~420 nm,アッセイ法:競合ELISA,アッセイ数:96 tests
別名:Cayman Practice EIA Kit
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年4月1日号 p.14

製品記事 Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事

[在庫・価格 :2024年04月23日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Practice EIA Kit, Cayman

文献数: 0

説明文 感度:11 pg/ml,測定範囲:67 pg/ml,検出方法:呈色,測定波長:405~420 nm,アッセイ法:競合ELISA,アッセイ数:96 tests
別名:Cayman Practice EIA Kit
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年4月1日号 p.14

製品記事 Cayman社 Practice ELISA Kit
関連記事



目次に戻る

困った時はフナコシにご相談下さい!

当社テクニカルサポート(試薬担当)では、ELISAに関するご相談を承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

こんなお悩みはありませんか?

  • ご自身の試料に合う最適なELISAキットを探したい。
  • ご購入いただいた製品でご不明な点やお困りごとがある。

ELISAデモ(ご相談下さい!)

市販キットを用いたデモ測定(試薬の準備~スタンダード発色確認まで)をオンライン形式もしくは訪問形式のいずれかで承ります。ただし、お客様の試料を使用した測定デモはお受け致しかねます。予めご了承下さい。

当社でデモ実績のあるキットのメーカー名(例)


R&D systems社のロゴ


R&D Systems社

Cayman社のロゴ

Cayman Chemical社


Mercodia社のロゴ


Mercodia社


Salimetrics社のロゴ


Salimetrics社


ご希望される内容や形式によってデモに応じられない場合がございます。ELISAデモご希望の方は当社テクニカルサポート(試薬担当)までご相談下さい。


目次に戻る

ELISA受託サービス

ELISA測定受託サービス

市販のELISAキットまたは、ELISAキット構築受託サービスで構築したELISAキット((株)ホクドーのみ)を用いて試料を測定します。
メーカーロゴをクリックすると、各メーカーの受託サービスの詳細をご覧いただけます。


自然免疫応用技研(株)のロゴ
(株)ホクドーのロゴ

ELISAキット構築受託サービス

お客様のお手持ちの抗体からELISAキットを構築する受託サービスです。
メーカーロゴをクリックすると、各メーカーの受託サービスの詳細をご覧いただけます。


(株)ホクドーのロゴ

(株)メイベルのロゴ

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当/テクニカルサポート 機器担当/受託・特注品業務担当)

reagent@funakoshi.co.jp

kiki@funakoshi.co.jp

jutaku@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。