HOME> 試薬> 神経/イオンチャネル> 神経生理> 神経伝達/神経修飾関連物質> LiveReceptor GABAAR <GABAAR Labeling Reagent>
HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> 蛍光/標識用試薬> LiveReceptor GABAAR <GABAAR Labeling Reagent>

イオンチャネル型GABAレセプター ライブセルイメージング試薬 LiveReceptor GABAAR <GABAAR Labeling Reagent>

掲載日情報:2019/02/25 現在Webページ番号:68109

フナコシ /
フナコシ株式会社

LiveReceptor GABAARは生細胞でイオンチャネル型GABAレセプター(GABAAR)を特異的にフルオレセイン標識するタンパク質標識試薬です。生細胞でGABAARを標識できるため,ライブセルイメージングによるGABAARの挙動解析や競合性阻害剤の探索に優れています。
本製品はフナコシ株式会社が京都大学工学研究科 浜地教授の研究成果に基づき製品化したものです。
生細胞で内在性のAMPA型グルタミン酸レセプター(AMPAR)を標識する試薬については,こちらをご覧下さい。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


使用例

GABAAR (α1/β3/γ2) の生細胞標識とイメージング
GABAAR (α1/β3/γ2)を過剰発現させたHEK293細胞をLiveReceptor GABAAR 1μMで添加した条件下で37℃,3時間培養し,培地交換の後,生細胞イメージングをおこなった。細胞表面にフルオレセインの蛍光シグナルが観察された。一方,LiveReceptor標識時にGABAAR特異的阻害剤Gabazine(100μM)を共添加すると細胞膜上のシグナルが著しく減少していることから,GABAAR (α1/β3/γ2)特異的に標識されていることが分かる。


受容体のライブセルイメージング手法の問題点とリガンド指向性タンパク質標識


MEMO

受容体のライブセルイメージング手法の問題点とリガンド指向性タンパク質標識


標識イメージ

■リガンド指向性タンパク質標識

従来の問題点を克服するために,京都大学工学研究科の浜地教授・清中准教授らは,タンパク質表面反応基acyl imidazoleにより内在性の標的受容体タンパク質のみを蛍光標識する技術を確立しました(図下段)。この方法では,特異的リガンドが標的受容体タンパク質に結合したときのみ,タンパク質表面反応基acyl imidazoleが活性化され,標的受容体タンパク質に選択的に蛍光標識することが可能です。続いて培地交換により余剰なリガンドや反応断片を除去できるため,リガンド結合部位が空いた状態の生理的な受容体タンパク質の挙動を観察することができます。

参考文献



目次に戻る

LiveReceptor GABAARとは

LiveReceptorは神経伝達物質受容体を標的としたリガンド指向性タンパク質標識試薬です。LiveReceptor GABAARはイオンチャネル型GABAレセプター(GABAAR)に対する世界初の特異的フルオレセイン標識試薬1)であり,抑制性神経伝達物質のレセプターとして注目されるGABAARの挙動解明に有用で,脳神経の基礎研究はじめ神経・精神疾患研究などの治療薬開発に優れた試薬として期待されています。

■ 参考文献

  1. Yamaura, K., et al., Nat. Chem. Biol., 12, 822~830 (2016).
    "Discovery of allosteric modulators for GABAA receptors by ligand-directed chemistry."

目次に戻る

特長

  • GABAARにフルオレセインを標識できます。
  • GABAAR (α1/β3/γ2)を過剰発現させたHEK細胞において標識実績があります。
  • 培地に添加し,1~4時間の標識反応後に,GABAARのライブイメージングが可能です。
  • 膜透過性がないため細胞表面のGABAARのみを標識することができます。
  • 蛍光色素としてフルオレセインを用いているため,pH応答性があり,インターナリゼーションされた標識GABAARは消光します。細胞表面GABAARの観察に最適です。
  • イオンチャネル活性に標識は影響しません。

目次に戻る

アプリケーション

  • ライブセルイメージング
  • ウエスタンブロット(抗フルオレセイン抗体)
  • 免疫沈降(抗フルオレセイン抗体)によるGABAAR結合タンパク質の解析・探索
  • 免疫染色(他の因子に対する抗体と共染色が可能)
  • 拮抗型阻害剤の探索および活性評価

目次に戻る

使用例

ウエスタンブロッティングによる標識タンパク質の評価

GABAAR (α1/β3/γ2)を過剰発現させたHEK293細胞をLiveReceptor GABAAR 0.01~1μMで添加した条件下で37℃,3時間培養し,細胞ライセートを調製した。細胞ライセートをSDS-PAGEで分離後,抗フルオレセイン(FL)抗体および抗GABAAR α1抗体で検出した。LiveReceptor GABAARの添加濃度依存的にGABAARの分子量に相当する位置に抗FL抗体のシグナルが増加するのが観察された。また抗FL抗体のシグナルは阻害剤Gabazine添加により顕著に減少していることから,本試薬による標識がGABAARに特異的であることが分かる。

ウエスタン

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年04月18日 23時06分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数 リスト
LiveReceptor GABAAR <GABAAR Labeling Reagent>
- 0 追加
説明文
生細胞でイオンチャネル型GABAレセプター(GABAAR)を特異的にフルオレセイン標識するタンパク質標識試薬。生細胞で特異的に標識できるため,ライブセルイメージングによる生理的なGABAARの挙動解析に優れている。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2019年04月18日 23時06分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

LiveReceptor GABAAR <GABAAR Labeling Reagent>

文献数:0

  • 商品コード:FDV-0018B
  • メーカー:FNA
  • 包装:10μg
  • 価格:¥60,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-
  • 法規制等:

説明文 生細胞でイオンチャネル型GABAレセプター(GABAAR)を特異的にフルオレセイン標識するタンパク質標識試薬。生細胞で特異的に標識できるため,ライブセルイメージングによる生理的なGABAARの挙動解析に優れている。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。