HOME> 試薬> 抗体> 一次抗体> Laminin-511(Lm511)の三量体構造を特異的に認識するマウスモノクローナル抗体(クローン12D)
HOME> 試薬> 細胞接着/細胞骨格> 接着細胞> 細胞外マトリックス> Laminin-511(Lm511)の三量体構造を特異的に認識するマウスモノクローナル抗体(クローン12D)

がん病理研究に最適な新規モノクローナル抗体 Laminin-511(Lm511)の三量体構造を特異的に認識するマウスモノクローナル抗体(クローン12D)

掲載日情報:2019/01/07 現在Webページ番号:68103

フナコシ /
フナコシ株式会社

Laminin-511(Lm511)は広範な組織の血管および上皮基底膜で発現するLamininで,クローン12DはこのLm511三量体に特異的な抗体です。個々のLaminin 各鎖に対する抗体とは異なり,他のLamininアイソフォームの影響を受けずにLm511の検出が可能です。がん組織では微小血管に強く反応し,また一部の良性がんの腫瘍基底膜を検出します。
本製品は横浜市立大学 木原研究所 宮崎香名誉教授の研究成果を元に製品化されました。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


12D免染

クローン12Dによる正常乳腺組織の免疫組織染色例(凍結切片)
黒矢印:血管基底膜,白三角:乳腺基底膜
クローン12Dは正常乳腺組織において,血管壁周辺の基底膜,乳腺造周囲の基底膜を染色した。

Laminin-511(Lm511)とは

MEMO

Laminin-511(Lm511)とは


Laminin(ラミニン)はα鎖,β鎖,γ鎖のヘテロ三量体からなる巨大な細胞外糖タンパク質で,基底膜の基本構成因子として知られています。現在α鎖は5種類,β鎖は3種類,γ鎖は3種類が同定されており,15種類以上の組み合わせが報告されています。以前は発見された順に番号が付与されていましたが,現在はα鎖,β鎖,γ鎖の番号を並べる命名法が採用されております。例えば,Laminin-332(Lm332)はα3, β3, γ2鎖から成るヘテロ三量体を示します。

Lm511(旧名 Laminin-10)は,発生段階の最も初期から発現し,成長個体では皮膚,肺,乳腺などの幅広い組織の上皮細胞や,血管内皮細胞の基底膜に発現します。近年,Lm511はLm521,Lm332とともにES細胞やiPS細胞の培養基質として使用されています。がん組織では微小血管に強く発現し,良性がん(分化型がん)の腫瘍基底膜にも発現することがあります。 一部の抗体を除き,Lm511を検出する良好な抗体は市販されていません。横浜市立大学 宮崎香名誉教授らは,Lm511の三量体構造を特異的に認識するモノクローナル抗体クローン12Dを開発しました。12DはLm521を含む他のLamininアイソフォームに反応せず,Lm511を特異的に検出することができます。がん組織の微小血管や毛細血管を強く検出できることから,腫瘍血管新生などの解析に優れたツールです。


模式図

目次に戻る

特長

  • Laminin-511三量体を認識する抗体です。各サブユニットに対する抗体に比べ,特異的にLaminin-511を検出することができます。
  • 個々のサブユニット(α5, β1, γ1)は認識しません。
  • Laminin-521,Laminin-111, Laminin-211,Laminin-332,Laminin-411に結合しないことを確認しています。
  • 正常乳腺組織,乳腺がん,子宮腺がん,子宮扁平上皮がん,肺腺がん,肺扁平上皮がんで免疫染色の実績があります。

商品コードをクリックすると製品の価格表をご覧いただけます。

品 名
(クローン名)
Anti-Laminin-511(12D)
商品コード FDV-0026
抗体種 マウスモノクローナル抗体
抗 原 ヒト子宮由来Laminin
サブタイプ IgG2b
交差性 ヒト
性 状 マウス腹水(未精製)
適 用 IHC(frozen),IP,WB(Non-reducing)
特異性 Laminin-511(Lm511)

IHCにおいてはパラフィン切片での検出は確認されていません。
 WBにおいては還元条件では検出できません。

目次に戻る

原著文献


目次に戻る

使用例

ウエスタンブロット

ヒト組換え体Laminin-511を非還元条件下で電気泳動後,クローン12Dで検出した。クローン12Dは非還元条件下でのみ,Laminin-511を認識する。
注意:還元時は検出できません。

12Dウエスタン

特異性の検証

7種類の主要なLamininアイソフォームをプレートにコーティングし,クローン12Dを用いてELISAで結合実験を行った。クローン12DはLaminin-511に特異的に反応することが分かった。

特異性の検証

乳がん組織の免疫組織染色例

A:血管基底膜,B:乳腺基底膜,C:非浸潤性乳管がん細胞周囲の基底膜構造

P2H肺がん組織染色

肺がん組織の免疫組織染色例(凍結切片)

左:肺扁平上皮がん(染色部位:腫瘍基底膜および微小血管)
右:肺腺がん(染色部位:微小血管)

12D免染

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年12月10日 23時07分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Anti-Laminin 511, Human, Mouse-Mono(12D)
- 0
説明文
Laminin-511(旧名 Laminin-10)の三量体構造を特異的に認識する抗体。類似するアイソフォームLaminin-521には反応しないため,Laminin-511の局在解析に有用。
別名:Lm511
クローン:12D
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse クラス IgG 標識 Unlabeled
交差性 Human 適用 IHC(frozen),IP,Western Blot
クロナリティ Monoclonal フォーマット 性状 Acsites 吸収処理
掲載カタログ ニュース2019年3月15日号 p.18

製品記事 Laminin各鎖に対するモノクローナル抗体
関連記事

[在庫・価格 :2019年12月10日 23時07分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Anti-Laminin 511, Human, Mouse-Mono(12D)

文献数:0

  • 商品コード:FDV-0026
  • メーカー:FNA
  • 包装:100μl
  • 価格:¥40,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-
  • 法規制等:

説明文 Laminin-511(旧名 Laminin-10)の三量体構造を特異的に認識する抗体。類似するアイソフォームLaminin-521には反応しないため,Laminin-511の局在解析に有用。
別名:Lm511
クローン:12D
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse
交差性 Human 適用 IHC(frozen),IP,Western Blot
標識 Unlabeled 性状 Acsites
吸収処理 クラス IgG
クロナリティ Monoclonal フォーマット
掲載カタログ ニュース2019年3月15日号 p.18

製品記事 Laminin各鎖に対するモノクローナル抗体
関連記事


目次に戻る

関連製品

免疫染色においてLaminin-3A32とLaminin-3B32アイソフォームを特異的に検出する2つの抗体(クローンBG5およびF7)
免疫組織染色法においてα3鎖の2つのスプライシングバリアントα3Aおよびα3Bそれぞれに特異的に反応するマウスモノクローナル抗体,クローンBG5,F7です。両者ともクローンP2Hとは対照的に良性がんの腫瘍基底膜を染色します。F7は機能が十分に分かっていないα3B鎖に対する世界で唯一の抗体で,Laminin-3B32および正常組織の血管基底膜に存在するLaminin-3B11を検出します。

Laminin-γ2 N末端部位に対する抗体:Anti-γ2 N-terminal Fragment (クローンP2H)
Laminin-332の構成成分γ2鎖のN末端側ショートアームは,BMP1やMMPなどのプロテアーゼによりさまざまな切断を受け,可溶性因子として放出され,がん細胞の活性化に寄与することが報告されています。本抗体はγ2鎖のN末端領域を認識する抗体で,免疫染色による浸潤性がん細胞の同定およびN末端断片の機能解明に有用です。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。