HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> アンチセンス> LNA(2', 4'-BNA)合成受託サービス

株式会社ジーンデザイン LNA(2', 4'-BNA)合成受託サービス

掲載日情報:2020/06/12 現在Webページ番号:67528

LNA(2', 4'-Bridged Nucleic Acid, 2', 4'-BNA)を挿入したオリゴヌクレオチド(DNA / RNA)を,様々な合成スケール,各種ラベル化など,研究用途に合わせて合成いたします。合成したLNA(2', 4'-BNA)をろ過滅菌後,無菌環境下で凍結乾燥することにより,in vivo での実験に最適なオリゴとして供給することもできます。

「BNA合成受託サービス」は,こちらをご覧下さい。

BNAオリゴヌクレオチドについて

株式会社ジーンデザインのLNA(2', 4'-BNA)オリゴヌクレオチドは,Exiqon社(デンマーク)と株式会社ジーンデザイン(日本)とのライセンス契約に基づき,研究開発での利用を目的として日本国内で製造されます。

ご提供可能なBNA

BNAオリゴヌクレオチドについて

ご提供可能なBNAは
LNA(2', 4'-BNA):A,G,T,mC,(メチルシトシン)
BNANC:T,mC(メチルシトシン)です。


目次に戻る

BNAとは

BNAとはBridged Nucleic Acid(架橋化核酸)の略で,大阪大学名誉教授の今西武先生により開発された人工核酸の総称です。これまでに約10種類のBNAが開発されています。それぞれのBNAは結合親和性(ハイブリダイズ能)やヌクレアーゼ耐性などにおいて,異なる特性を持っています。天然核酸(DNAやRNA)は化学構造上形の自由度(コンフォメーションの自由度)が大きくなっています。そのためDNA-DNA,RNA-RNA間の二重鎖形成(ハイブリダイズ)において熱力学的に不利となっており,結合親和性(ハイブリダイズ能)を改善することが人工核酸創成の課題となっています。BNAは,天然核酸の“形の自由度”を拘束することにより(Fig.1の赤線表示の構造),標的となるDNAやRNAに対する結合親和性を高め,かつヌクレアーゼ(核酸分解酵素)耐性をも獲得する架橋構造を核酸分子内に持つという,これまでの人工核酸とは異なるコンセプトで設計されました。RNA,一本鎖DNA,二本鎖DNAを分子標的としたゲノムテクノロジー(アンチセンス法,アンチジーン法,RNAi,デコイ法,遺伝子相同組換え,リボザイム,DNAエンザイムなど)に有用です。現在,核酸医薬品開発や診断システムなどの共通基盤材料として2',4'-BNA(LNA)オリゴヌクレオチドの研究開発が進められています。

BNAとは

Fig.1 BNAの構造

目次に戻る

特長

  • LNA(2', 4'-BNA)は 固定化されたN型立体配座になるためRNAへの結合力が大幅に増加します。
  • 固定化された構造によりDNAへの結合力も増加します。
  • ヌクレアーゼ耐性が向上します。
  • in vivo において,S-オリゴヌクレオチドよりも高い安全性を有するという報告があります。

目次に戻る

LNA(2', 4'-BNA)の応用例

  • S-オリゴヌクレオチドに代わるアンチセンスオリゴヌクレオチド1
  • siRNAへの応用
  • miRNA機能阻害2
  • in situハイブリダイゼーションプローブなど

参考文献

  1. Wahlestedt, C., et al., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 97, 5633~5638 (2000).
  2. Corsten, M. F., et al., Cancer Res., 67, 8994~9000 (2007).
  3. Obernosterer, G., et al., Nat. Protoc., 2, 1508~1514 (2007).

目次に戻る

LNA(2', 4'-BNA)オリゴヌクレオチドの核酸分解酵素耐性

LNA(2', 4'-BNA)オリゴは天然型オリゴヌクレオチドに比べて核酸分解酵素への耐性が向上することから,体内での安定性が改善される可能性が示唆されています。動物細胞,実験動物を用いた実験において,少量でアンチセンス,アンチジーン,siRNAなどの効果の持続を期待できます。

目次に戻る

動物実験における LNA(2', 4'-BNA)オリゴヌクレオチドの優位性

脳α線条体にS-オリゴヌクレオチドを注入されたラットは明らかな発熱反応を示し,病理組織像において神経細胞の脱落が見られるのに対し,LNA(2', 4'-BNA)オリゴヌクレオチドを注入されたラットでは,このような病理所見が観察されませんでした。このことからLNA(2', 4'-BNA)オリゴヌクレオチドは従来のS-オリゴヌクレオチドよりも安全な医薬品候補であると考えられます。

目次に戻る

BNANCを含むオリゴヌクレオチドの特性表

LNA(2', 4'-BNA)BNANCBNANC(Me)
結合力
酵素耐性

優位性:◎>○>●>天然核酸

BNANCを含むオリゴヌクレオチドのbinding affinity

目次に戻る

価格

合成量価 格精製方法精製料金最低保証量
0.2μmole¥2,800簡易カラム精製無料5 OD
HPLC精製¥5,0002 OD
1μmole¥5,600簡易カラム精製¥2,00015 OD
HPLC精製¥10,0005 OD

価格はLNA(2', 4'-BNA)1塩基当たりの価格です。
DNAの合成は1塩基当たり¥70です。
LNA(2', 4'-BNA)はA,G,T,mC(メチルシトシン)のみ供給可能です。U,C,はございませんので予めご了承下さい。
末端各種修飾,ラージスケール合成,in vivo実験用グレード(エンドトキシン検定済み)にも対応いたします。詳細はフナコシホームページをご覧下さい。

目次に戻る

ご注文方法

専用注文書の電子ファイルをダウンロードし,塩基配列およびその他必要事項を入力して下さい。入力された注文書の電子ファイルは,当社受託・特注品業務担当(jutaku@funakoshi.co.jp)まで電子メールに添付してお送り下さい。FaxおよびPDFファイルでのご注文は承っておりませんのでご了承下さい。


目次に戻る

関連した特集記事

ノックダウン特集へのリンク

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。