HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> 酵素阻害物質スクリーニング/定量キット> TIGIT関連シグナル伝達経路研究用キット
HOME> 試薬> 細胞情報伝達> 転写因子> TIGIT関連シグナル伝達経路研究用キット

免疫チェックポイントTIGITシグナル伝達経路の研究に有用です TIGIT関連シグナル伝達経路研究用キット

掲載日情報:2016/10/21 現在Webページ番号:65352

新しい免疫チェックポイントとして注目されているTIGIT(T-cell immunoreceptor with Ig and ITIM domains)およびTIGITに競合的に作用する活性化レセプターCD226とリガンドのCD155,またはCD112間との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキットです。これらのレセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用です。

#72029 #72051
TIGHT:CD155 Homogeneous Assay Kit(#72029)と抗TIGIT中和抗体 (#71218)を用いたTIGHT:CD155阻害活性およびIC50の測定例 CD226:CD112 Homogeneous Assay Kit(#72051)と競合レセプターTIGHT(#71186)を用いたCD226:CD112阻害活性およびIC50の測定例
#72030 #72052
TIGHT:CD112 Homogeneous Assay Kit(#72030)と抗TIGIT中和抗体 (#71218)を用いたCD226:CD112阻害活性およびIC50の測定例 CD226:CD155 Homogeneous Assay Kit(#72052)と抗CD155中和抗体を用いたCD226:CD155阻害活性およびIC50の測定例

種類

商品コードをクリックすると直接価格表をご覧いただけます。

レセプター リガンド 品名 商品コード
TIGIT CD112 TIGIT:CD122 Homogeneous Assay Kit 72030
CD155 TIGIT:CD155 Homogeneous Assay Kit 72029
CD226 CD112 CD226:CD112(PVRL2) Homogeneous Assay Kit 72051
CD155 CD226:CD155 (PVR) Homogeneous Assay Kit 72052

MEMO

TIGITタンパク質(T-cell immunoreceptor with Ig and ITIM domains)とは


TIGIT(T-cell immunoreceptor with Ig and ITIM domains)は,T細胞およびNK細胞の表面に発現するレセプターです。樹状細胞表面に発現するCD155またはCD112との結合により,T細胞およびNK細胞の活性化が阻害されます。TIGITシグナル伝達を阻害する抗体や他の製剤は,一部のがんにおいて免疫応答を増強することが知られています。

CD226はNK細胞,単球,血小板およびT細胞表面に発現する活性化レセプターの一つです。この天然のリガンドは抗原提示細胞(APC:antigen presenting cells)で発現されるCD112とCD155です。CD226とCD112,またはCD226とCD155との結合によりNK細胞のエフェクター機能が生じ,Th1細胞のT細胞への分化を促進することができます。CD226とCD112またはCD155との結合は,TIGITと競合します。CD226に対するモノクローナル抗体は,免疫活性化が有効ながんなどの治療の標的になっています。

TIGIT

目次に戻る

特長

  • レセプターTIGHTまたはCD226とリガンドCD112またはCD155間の結合阻害を,AlphaELISAにより,わずか3ステップの操作で簡便,迅速に測定できます。
  • インキュベーション時間:60分
  • インキュベーション温度:室温

測定には以下の器具,測定装置が別途必要です。

  • AlphaLISA Ni Chelate Acceptor beads, 5 mg/ml (PerkinElmer #AL108C)
  • AlphaScreen Streptavidin-conjugated Donor beads, 5 mg/ml (PerkinElmer #6760002S)
  • Optiplate-384 (PerkinElmer #6007290)
  • AlphaScreen microplate reader
  • Adjustable micropipettor and sterile tips

目次に戻る

操作方法概要

  1. レセプター(TIGITまたはCD226)を含む試料と選択した阻害物質を室温で60分間インキュベートする。
  2. AlphaLISA Ni Chelate Acceptor beads,AlphaScreen Streptavidin-conjugated Donor beadsを加える。
  3. Alpha-countの測定。

目次に戻る

キット内容

商品コードをクリックするとキットの価格表,キットコンポーネント名をクリックするとコンポーネントの単品の価格がご覧いただけます。

品名 Homogeneous Assay Kit
TIGIT:CD112 TIGIT:CD155 CD226:CD112 CD226:CD155
商品コード 72030 72029 72051 72052
キット内容 TIGIT-Fc biotin
CD226-Fc biotin
CD112-His
CD115-His
TIGIT assay buffer
CD226 assay buffer

測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要です。

目次に戻る

関連製品

品名 商品コード 包装 製品概要
TIGIT, Fc fusion (Human) 71186 100μg 発現細胞:HEK293,GenBank:NM_173799,a.a. 22-141をHuman IgGのFcと融合,MW:39.7 kDa (monomer),エンドトキシン:<1 EU/μg
TIGIT, Fc fusion, Biotin-labeled (Human) HiP 71251 50μg 発現細胞:HEK293,GenBank:NM_173799,a.a. 22-141をHuman IgGのFcと融合,MW:41.6 kDa (monomer)
Anti-TIGIT, Neutralizing Antibody 71218 100μg 免疫動物:Human(HEK293),性状:PAPu,適用:Neut

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年05月27日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数 リスト
TIGIT:CD155 Homogeneous Assay Kit (384reactions)
10日程度  0 追加
説明文
TIGITとリガンドのCD155との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事
TIGIT:CD112 Homogeneous Assay Kit (384reactions)
10日程度  0 追加
説明文
TIGITとリガンドのCD112との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -20℃,-80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事
CD226:CD112 Homogeneous Assay Kit (384reactions)
10日程度  0 追加
説明文
CD226とリガンドのCD112との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -20℃,-80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事
CD226:CD155 Homogeneous Assay Kit (384reactions)
10日程度  0 追加
説明文
CD226とリガンドのCD155との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2019年05月27日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

TIGIT:CD155 Homogeneous Assay Kit (384reactions)

文献数:0

  • 商品コード:72029
  • メーカー:BPS
  • 包装:1kit
  • 価格:¥75,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 TIGITとリガンドのCD155との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事

TIGIT:CD112 Homogeneous Assay Kit (384reactions)

文献数:0

  • 商品コード:72030
  • メーカー:BPS
  • 包装:1kit
  • 価格:¥75,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 TIGITとリガンドのCD112との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -20℃,-80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事

CD226:CD112 Homogeneous Assay Kit (384reactions)

文献数:0

  • 商品コード:72051
  • メーカー:BPS
  • 包装:1kit
  • 価格:¥75,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 CD226とリガンドのCD112との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -20℃,-80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事

CD226:CD155 Homogeneous Assay Kit (384reactions)

文献数:0

  • 商品コード:72052
  • メーカー:BPS
  • 包装:1kit
  • 価格:¥75,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 CD226とリガンドのCD155との結合活性を,384ウェルのAlphaELISAフォーマットで測定するキット。レセプター:リガンド間の阻害物質のスクリーニングに有用。※測定には別途AlphaELISA用の器具,測定装置が必要。
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年3月1日号 p.5
ニュース2017年1月合併号 p.26

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。