HOME> 受託サービス・特注品> 創薬・薬物動態> リガンドスクリーニング> ブロモドメイン阻害物質(インヒビター)スクリーニング受託サービス

BPS Bioscience社 ブロモドメイン阻害物質(インヒビター)スクリーニング受託サービス

掲載日情報:2017/09/25 現在Webページ番号:34764

ブロモドメインはヒストンのアセチル化リジンを認識するタンパク質ドメインです。BPS Bioscience社が有する高品質のBRDやCREBBP,TAFなどを用いて阻害物質の評価を行います。


特長

  • 28種類のブロモドメインタンパク質(阻害対象因子)で構成されたパネルから測定対象を選択して頂き,お手持ちの化合物に対するアッセイを行います。
  • 第1ステップでは,お引き受けした被験物質に対して,単一の阻害対象因子の濃度で阻害活性の有無を評価(スクリーニング)します。
  • 第2ステップでは,10種類程度の異なる濃度でIC50値を決定します。

  • 被験物質や阻害対象因子の数が少ない場合は,始めから第2ステップでの実施を推奨する場合もあります。

目次に戻る

確認事項

  • 標的となる酵素をご指定下さい。
  • 被験物質に対するコントロール物質がある場合は予めご指定下さい。ご指定がない場合はコントロール無しの評価か,BPS Bioscience社のサービス仕様に掲載されているコントロール物質を採用した評価となります。
  • コントロール物質の試験にも料金が発生します。

目次に戻る

阻害対象因子

ATAD2A BRD2 (BD1 + BD2) BRD9 SMARCA2
ATAD2B BRD3 (BD1) BRDT (BD1) SMARCA4
BAZ2B BRD3 (BD2) BRDT (BD1+BD2) TAF1 (BD2)
BPTF/FALZ BRD3 (BD1 + BD2) BRG1 TAF1L (BD2)
BRD1 BRD4 (BD1) BRPF3 TAF1L (BD1 + BD2)
BRD2 (BD1) BRD4 (BD2) CECR2 TRIM24
BRD2 (BD2) BRD4 (BD1 + BD2) CREBBP WDR9/BRWD1

目次に戻る

測定例

BPS Bioscience社 ブロモドメイン阻害物質スクリーニング受託サービス

(+)JQ1を用いたBRD2(BD2)活性の阻害結果

BPS Bioscience社 ブロモドメイン阻害物質スクリーニング受託サービス

CBP112を用いたCREBBP活性の阻害結果

目次に戻る

価格/ご注文

詳細は当社受託・特注品業務担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。