Webページ番号:
[掲載日情報:2017/03/09 現在]

3月9日は「試薬の日」

フナコシ株式会社も会員である一般社団法人日本試薬協会は,平成27年に発足15 周年を記念して,3 月9 日を「試薬の日」に制定しました。

日本で初めて「試薬」という言葉を造語した,美作国津山藩(岡山県津山市)藩医で蘭学者の「宇田川 榕菴」(うだがわ ようあん,1798 年~1846 年)の生誕日に因んでいます。

宇田川 榕菴は津山藩のお抱えである一方,その学殖を買われ,当時江戸御府内浅草にあった幕府天文方の「蛮書和解御用」の一員として蘭学書の翻訳にあたりました。彼は天保3 年(1832 年)に「舎密(せいみ)試薬編」を刊行し,天保8 年(1837年)から弘化4 年(1847 年)にかけて英国人W・ヘンリーの原著の重訳に,自身の実験と考察も加えた「舎密開宗(かいそう)」という全21 巻の大部の書を刊行しました。後者は,日本で初めての近代化学を体系的に紹介した書物です。

幕府天文方蛮書和解御用跡地そばに立つ,台東区教育委員会による案内板
幕府天文方蛮書和解御用跡地そばに立つ,台東区教育委員会による案内板

トップに戻る

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせはこちら

試薬について

試薬について

機器・消耗品について

機器について

受託サービス・特注品について

受託サービス・特注品について

バルク包装品お見積りについて

バルク包装品お見積りについて

FBS・血清について

FBS・血清について

その他お問い合わせ

その他お問い合わせ

TEL/FAXでのお問い合わせはこちら