HOME> 特集> レンチウイルス発現システム特集 | System Biosciences社
HOME> 試薬> 遺伝子工学> タンパク質発現システム> 哺乳動物細胞発現ベクター> レンチウイルス発現システム特集 | System Biosciences社

レンチウイルス発現システム特集 | System Biosciences社

掲載日情報:2018/07/20 現在Webページ番号:81095

System Biosciences社(メーカー略称:SBI)は,幅広いレンチウイルス発現システムを取り扱っています。

System Biosciences社レンチウイルスベクターの安全性について

  • 3' ⊿ LTR の U3 領域のエンハンサーを欠損させているため,標的細胞への形質転換・ゲノム DNA への組み込み後に,偽ウイルス粒子は自己不活性化します。
  • パッケージング,複製,形質転換に必要なレンチウイルス由来遺伝子の数を 3 種類(gag , pol, rev)にまで減らし,それらのタンパク質はそれぞれ異なるプラスミドからパッケージングシグナルを欠損したものとして発現します(HIV ベースパッケージングプラスミドの場合)。 またこれらのタンパク質の発現ベクターは,レンチベクター,pVSV-G 発現ベクターを始めとするベクターと有意な相同配列を持たず,相同組換えによって自己複製能を有するウイルスが産生することを防いでいます。
レンチウイルス

目次に戻る

レンチウイルス関連製品ラインナップ




cDNA発現用レンチウイルスベクター

ウイルス作製・導入用スターターキット

・レンチウイルスパッケージング

・ウイルス濃縮試薬・タイター測定キット

・ウイルス導入・トランスダクション試薬

コントロール用ウイルス粒子


・受託サービス

目次に戻る

レンチウイルス関連製品フライヤー

アッセイキットびっくり50%OFFキャンペーン

フライヤーのダウンロードは画像をクリックして下さい。

本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。
本紙に掲載されている価格は,2018年7月1日現在です。
仕様は改善のため,予告なく変更することがあります。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。