HOME> お知らせ> がん病理研究に最適な抗ラミニンモノクローナル抗体4製品 販売開始のお知らせ

がん病理研究に最適な抗ラミニンモノクローナル抗体4製品 販売開始のお知らせ

掲載日情報:2019/01/07 現在Webページ番号:68104

このたび,抗ラミニンモノクローナル抗体4製品の販売を開始いたしました。
Laminin(ラミニン)はα鎖,β鎖,γ鎖のヘテロ三量体からなる巨大な細胞外糖タンパク質で,基底膜の基本構成因子として知られています。現在α鎖は5種類,β鎖は3種類,γ鎖は3種類が同定されており,15種類以上の組み合わせが報告されています。
このたび販売の抗ラミニンモノクローナル抗体4製品は,それぞれ特定の構造のラミニンを特異的に認識し,がん病理研究などに有用です。

本製品は横浜市立大学 木原研究所 宮崎香名誉教授の研究成果を元に製品化されました。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


  • メーカー:フナコシ株式会社
  • メーカー略称:FNA

それぞれの抗体の詳細については,商品コードをクリックして下さい。

商品コード 品 名 概 要
FDV-0024 Anti-Laminin-α3A, Human, Mouse-Mono (BG5) 免疫染色においてLaminin-3A32とLaminin-3B32アイソフォームをそれぞれ特異的に検出します。両者とも良性がんの腫瘍基底膜を染色します。クローンF7抗体は機能が十分に分かっていないα3B鎖に対する世界で唯一の抗体です。
FDV-0023 Anti-Laminin-α3B, Human, Mouse-Mono (F7)
FDV-0025 Anti-γ2 N-terminal Fragment, Human, Mouse-Mono (P2H) Laminin-γ2 N末端部位に対する抗体です。免疫染色による浸潤性がん細胞の同定およびN末端断片の機能解明に有用です。
FDV-0026 Anti-Laminin 511, Human, Mouse-Mono (12D) 全長Laminin-511ヘテロ三量体に対する特異的抗体です。各々のサブユニットや,類似するLaminin-521に反応しません。特に腫瘍組織の微小血管の検出に優れています。

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。