HOME> 試薬> 遺伝子工学> トランスフェクション> 核酸の導入> Helix-IN

導入による細胞ストレスを低減したDNAトランスフェクション試薬 Helix-IN

掲載日情報:2018/04/26 現在Webページ番号:67866

OZ Biosciences社が独自に開発した二官能性のカチオン性ヒドロキシル化両親媒性マルチブロックポリマーCHAMPCationic Hydroxylated Amphiphilic Multi-block Polymer)を用いることで、細胞のストレスを低減し、生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬です。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

ROS(活性酸素種)産生量の比較

本製品が細胞へ与えるストレスは他社製品に比べて少ないことが分かります。

発現効率の比較


トランスフェクション試薬ガイドはこちら

CHAMPとは

CHAMPとは、従来のトランスフェクション法とは異なる生体適合性、イオン化可能およびpH感受性を有する新規二官能性共重合体です。3つの部分で構成されており、これらの相乗的効果によってトランスフェクションを行います。

CHAMPによるDNAのトランスフェクションのポイント

  • 細胞膜障壁の通過原理:電荷、pH-感受性および疎水性の特性による(図①~②)。
  • ステルストランスフェクション原理:核に取り込まれるまでDNAが保護される(図③~⑥)。
  • 生体適合性:生分解性および切断可能部分による。

How Does It Work?

細胞内輸送の原理

図1. ポリプレックスの細胞内輸送の原理

①ポリプレックスの表面における過剰のポリカチオンにより、細胞表面に付着する。
②一般にエンドサイトーシスにより、標的細胞に取り込まれ、内在化される。
③エンドソーム小胞に入る。
④プロトン-スポンジポリマーの高プロトン化度により、イオンの流入が引き起こされる。pH応答性リンカーは切断され、第1ポリマーユニット(青色)が放出される。浸透圧の増加により、小胞の膨潤および破裂を引き起こし、リンカーの疎水性ドメインが提示される。
⑤第3の部位(赤色)は核酸に結合したままであり、細胞によるDNAの感知を低下させ、核への直接的輸送(5a)または微小管輸送(5b)による核内輸送を助ける。
⑥核の中にいったん入るとDNAが発現される。

ポリプレックス:DNAとトランスフェクションポリマー試薬の複合体


目次に戻る

特長

  • in vitro およびin vivoにおけるDNAのトランスフェクションに有用です。
  • 少量の核酸でトランスフェクションが行えます。
  • 新しいポリマーベースのトランスフェクション試薬で、細胞毒性を最小限に抑えています。
  • 幅広い細胞株およびトランスフェクションが困難な細胞に適用できます。
  • 操作が簡便で、核酸を高レベルで凝縮でき、タンパク質生産量の増加が期待できます。
  • あらゆる培地に適合します。

目次に戻る

適用細胞

接着細胞

例)HEK-293、NIH-3T3、CHO、COS、HeLa、MCF7、MEF、RPE-1、C2C12など
詳細は下表をご参照下さい。

細胞内輸送の原理

目次に戻る

操作法概略

操作法概略1
  1. 細胞の種類に応じてDNA:Helix-IN=1:1~3:1の比率で(DNA 1μl/μgに対しHelix-IN 1μl~DNA 3μl/μgあたりHelix-IN 1μl)を使用し、DNAと直接混合する。
  2. 30分間インキュベーションを行い、ポリプレックスを形成する。
  3. HIB 100×enhancer reagentとポリプレックスを細胞に添加する。
操作法概略2

詳細なプロトコルは、以下をご覧下さい。

目次に戻る

製品の仕様

品名 HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT
商品コード HX10100 HX10500 HX11000
包装 100μl 500μl 1 ml
アッセイ数
(in 24-well plate)
100 assays 500 assays 1,000 assays


目次に戻る

キット内容

  • Helix-IN reagent
  • HIB 100× enhancer reagent

目次に戻る

使用例

1. 使用量の比較

6 well-plate
トランスフェクション試薬 試薬使用量
(μl/well)
DNA量
(μl/well)
トランスフェクション数
(per 1 ml)
Helix-IN2~42250~500
D社Transfection reagent3.75~7.52.5133~363

2. 導入遺伝子の発現効率の比較

発現効率の比較

核酸を高いレベルで凝縮でき、タンパク質産生量が増加します。


3. 細胞内タンパク質生成量と毒性の比較

発現効率の比較

4. 分泌性アルカリホスファターゼの生産量(左軸)とROS(活性酸素種)産生量(右軸)の比較

発現効率の比較

5. 導入後の蛍光観察

HEK293 細胞に本製品または他社製品を用いてGFP 発現ベクター(0.25 μg)+ mCherry 発現ベクター(0.25 μg)を導入し、24 時間後の蛍光を観察した。

発現効率の比較

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年05月22日 14時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較
HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較
HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較

[在庫・価格 :2024年05月22日 14時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT

文献数: 0

説明文 新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較

HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT

文献数: 0

説明文 新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較

HELIX-IN TRANSFECTION REAGENT

文献数: 0

説明文 新しいポリマー技術(CHAMP)を用いることで,細胞のストレスを減少し,生存率や導入効率を向上できるトランスフェクション試薬。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年9月1日号 p.8
ニュース2021年8月15日号 p.8

製品記事
関連記事 トランスフェクション試薬 無料サンプルをご用意しています
トランスフェクション試薬選択ガイド
トランスフェクション手法の紹介・比較


目次に戻る

おすすめ製品記事

  • PolyPlus-transfection SAS / 少ないDNA量で幅広い細胞種に高効率で導入可能なトランスフェクション試薬
    jetOPTIMUS

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。