フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」System Biosciences 社の紹介

掲載日情報:2018/08/01 現在Webページ番号:66043

Frontiers

Vol.34 エクソソーム研究用試薬のリーディングカンパニー

System Biosciences 社 は,エクソソーム研究やゲノム編集などに関するユニークで革新的なツールと受託サービスを提供しているメーカーです。サンフランシスコから約30 マイル南東のパロ・アルト市に本拠を置き,周囲にはAgilent Technologies 社,Genentech 社などのバイオ関連企業の他,スタンフォード大学やカリフォルニア大学サンフランシスコ校が所在します。今回は,エクソソーム研究に革新をもたらしたExoQuick シリーズについてお話を伺いました。

Frontiers

2010 年,私たちSystem Biosciences(SBI)社の研究者は,長い間「細胞の小さなゴミ箱」としか考えられてこなかった「エクソソーム」を回収する新たな方法を開発しました。それがエクソソームを沈殿・回収できるポリマー試薬ExoQuick です。その当時,エクソソーム研究はまだ発展初期で,研究者は実験室で長時間を費やし,苦労してエクソソームを回収してい ました。私たちはその状況を打開すべく,「エクソソームをより簡単な操作で回収する」というビジョンを掲げて,ExoQuickを開発・発売したのです。ExoQuick(およびExoQuick-TC)は,現在に至るまでに600 を超える文献で使用され,私たち はエクソソーム研究に大きく貢献してきたと自負しています。

2010 年以降,「エクソソーム回収方法」のトレンドは変化しました。現在では,市場に様々な回収法・精製法が溢れており,選択肢が豊富にあります。エクソソームの回収には,主に超遠心分離法が用いられ,次いでサイズ排除クロマトグラフィー,沈降法(ExoQuick など),または下流のアプリケーションに応じていくつかの方法を組み合わせて用いられています。それぞれの方法には長所と短所(時間・操作性・精製度)があるため,貴重な試料を処理する前に,目的の実験に最適な回収方法を 慎重に検討しなければなりません。

ExoQuick 発表後,私たちはお客様から「エクソソーム中の因子を高感度に検出するアプリケーション(例えばNGS,MS 解析)に使用できる,高純度なエクソソームを回収したい」というリクエストを,毎日のように受けていました。そこで「ExoQuick と同等のエクソソーム収量」「より純度の高いエクソソームの回収」「シンプルな操作性」をすべてかなえる手法の 開発に取り組み,2018 年,ExoQuick ULTRA / ExoQuick-TC ULTRA の発表に至りました。血清や血漿などの生体試料中 にはアルブミン,IgG などの夾雑タンパク質が多く含まれていますが,バイオマーカーはそれらより少ない量で存在します。 夾雑物が多量に含まれる試料からバイオマーカーを検出するというのは,「干し草の山の中にある1 本の針」を見つけるような ものです。私たちの開発したExoQuick ULTRA シリーズは,これらの夾雑タンパク質を低減することができるため,得られ たエクソソームはNGS,MS 解析にお勧めです。ヒト疾患に対する診断マーカーや予後マーカーとしてのエクソソーム利用の 先駆け研究において,私たちのExoQuick ULTRA シリーズはその一助となると信じています。

エクソソーム研究におけるイノベーターの1 人として,私たちはこれからもエクソソーム研究を推進するための革新的ツールの開発に尽力し続けます。「革新」は私たちの中核となるモットーであり,私たちはその分野の「第一人者」で居続けたいと考えています。そして私たちの製品を使用した研究により,新しい知見が次々と生み出されることを祈っています。

Frontiers

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。