HOME> 試薬> 抗体> 一次抗体> Anti-MUC1 Antibody (014E)

スキルス胃がん検出に有用なモノクローナル抗体 Anti-MUC1 Antibody (014E)

掲載日情報:2016/10/27 現在Webページ番号:65349

フナコシ /
フナコシ株式会社

各種腫瘍組織で,腫瘍マーカーMUC1(Mucin1)を免疫組織染色で検出できる抗体です。特に,これまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんも特異的に検出可能です。

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。
本製品は,鹿児島大学の研究成果を元に製品化されました。

使用例

MUC1(Mucin1)IHC MUC1(Mucin1)West
ヒト胃がん組織の免疫組織染色像
ヒト胃がん組織切片を賦活化処理後,免疫組織染色を行った。
希釈倍率:1:2,500
検出試薬:ImmPRESSReagent, Anti-Mouse Ig
(VEC社 #MP-7402-15
発色色素:ImmPACT DAB Peroxidase Substrate
(VEC社 #SK-4105
細胞ライセート(5μg)のウエスタンブロット検出像

左:Capan-1(ヒト膵がん由来細胞株:MUC1発現)
右:HEK293(MUC1非発現)
希釈倍率:1:2,500
二次抗体:Anti-Mouse IgG, Goat-Poly, HRP
(KPL社 #074-1516
化学発光基質:SuperSignal West Pico(pierce)
検出:GeneGnome(Syngene社)で1分間検出

MEMO

MUC1(Mucin1)と抗MUC1抗体(クローン:014E)について


ムチン型糖タンパク質のひとつであるMUC1は様々ながんにおいて発現しており,がん細胞の浸潤や転移に関与していると考えられています。

MUC1は単一の遺伝子から,細胞外領域(MUC1-N)と,細胞外~膜貫通~細胞質領域(MUC1-C)のヘテロダイマーとして発現します。MUC1-Nにはタンデムリピート配列があり,この部分へ糖鎖修飾が行われます。また,MUC1-Nが切断される場合もあります。一方MUC1-Cは,多数のスプライシングバリアントを有します。

従来の抗MUC1抗体の多くは,MUC1-Nや切断部位を抗原にしていたため,MUC1-Nの切断・糖鎖修飾状況によっては検出できないことがありました。クローン:014E抗体は,MUC1-Cの細胞質領域(Cytoplasmic Tail Domain:CTD)中の,スプライシングバリアント間での高保存性配列(Common Region)を抗原としています。そのため,MUC1の細胞外領域の構造に関わらず,大多数のスプライシングバリアントの検出が可能です。

MUC1(Mucin1)

■スキルスを始めとした胃がんの検出

胃がんの検出には,抗体(抗MUC1抗体の別クローン,抗ケラチン抗体など)を用いた免疫組織染色や,HE染色,ジアスターゼ消化PAS染色が用いられています。

しかしこれらの検出法では,スキルス胃がん(印環細胞がん:sig,非充実型低分化腺がん:por2)が染色されない,不鮮明な染色像しか得られない,非特異的な染色があるなどの理由により,がん細胞見落としの恐れがありました。クローン:014E抗体はこれまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんでも特異的に検出可能です1, 5

■膵がんの検出

膵がんの検出において,抗MUC1抗体の一部のクローンでは膵管腺がん(PDAC)のみ検出でき,膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN-gastric typeおよびIPMN-intestinal type)を検出できないことがありました。これらの腫瘍においてMUC1-Nの切断・糖鎖修飾状況が異なっているためで,細胞外領域を抗原とした抗体では検出が行えませんでした。

クローン:014E抗体はMUC1の細胞質領域を抗原としており,MUC1の細胞外領域の構造に関わらず検出可能です4, 5。また,クローン:014E抗体を用いたMUC1の検出結果と,MUC1遺伝子のプロモーター領域のメチル化の相関が報告されています4, 5


目次に戻る

特長

  • MUC1の細胞外領域の構造に関わらず,大多数のスプライシングバリアントの検出が可能です。
  • アイソタイプ:IgG1, kappa
  • 抗原:合成ペプチドCommon Region in Cytoplasmic Tail Domain (CTD) of Human MUC1 (CRYVPPSSTDRSPYEKVSAG)
  • 交差性:ヒト
  • 特異性:ヒトMucin1(MUC1)
  • 適用:IHC (paraffin,1:2,500~1:5,000),Western Blotting (1:2,500~1:5,000)
  • 製品形状:腹水(50%グリセロール含有,防腐剤不含)

目次に戻る

参考文献

  1. Yonezawa, S., et al., Gastric Cancer, 15, 370-381 (2012).
  2. Yokoyama, S., et al., BMC Cancer, 12, 67 (2012).
  3. Kitamoto, S., et al., Oncogene, 32, 4614 (2013).
  4. Yokoyama, S., et al., PLoS ONE, 9 (4) :e93760 (2014).
  5. 日本国特許第5660486号,Patent US8951526 B2

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2020年04月06日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Anti-MUC1, Mouse-Mono(014E) <Anti-Mucin1>
- 4
説明文
これまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんや,一部の抗体では検出できなかったタイプの膵がんでも,特異的に検出できる抗体。
別名:Episialin, PEM, PEMT
クローン:014E
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse クラス IgG 標識 Unlabeled
交差性 Human 適用 IHC,Western Blot
クロナリティ Monoclonal フォーマット 性状 Acsites 吸収処理
掲載カタログ ニュース2018年7月1日号 p.10

製品記事
関連記事
Anti-MUC1, Mouse-Mono(014E) <Anti-Mucin1>
- 4
説明文
これまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんや,一部の抗体では検出できなかったタイプの膵がんでも,特異的に検出できる抗体。
別名:Episialin, PEM, PEMT
クローン:014E
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse クラス IgG 標識 Unlabeled
交差性 Human 適用 IHC,Western Blot
クロナリティ Monoclonal フォーマット 性状 Acsites 吸収処理
掲載カタログ ニュース2017年3月15日号 p.27

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2020年04月06日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Anti-MUC1, Mouse-Mono(014E) <Anti-Mucin1>

文献数:4

  • 商品コード:FDV-0012A
  • メーカー:FNA
  • 包装:25μl
  • 価格:¥12,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-
  • 法規制等:

説明文 これまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんや,一部の抗体では検出できなかったタイプの膵がんでも,特異的に検出できる抗体。
別名:Episialin, PEM, PEMT
クローン:014E
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse
交差性 Human 適用 IHC,Western Blot
標識 Unlabeled 性状 Acsites
吸収処理 クラス IgG
クロナリティ Monoclonal フォーマット
掲載カタログ ニュース2018年7月1日号 p.10

製品記事
関連記事

Anti-MUC1, Mouse-Mono(014E) <Anti-Mucin1>

文献数:4

  • 商品コード:FDV-0012B
  • メーカー:FNA
  • 包装:100μl
  • 価格:¥40,000
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-
  • 法規制等:

説明文 これまで検出が困難とされてきたスキルス胃がんや,一部の抗体では検出できなかったタイプの膵がんでも,特異的に検出できる抗体。
別名:Episialin, PEM, PEMT
クローン:014E
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -80℃ 法規備考
抗原種 Human 免疫動物 Mouse
交差性 Human 適用 IHC,Western Blot
標識 Unlabeled 性状 Acsites
吸収処理 クラス IgG
クロナリティ Monoclonal フォーマット
掲載カタログ ニュース2017年3月15日号 p.27

製品記事
関連記事


目次に戻る

関連製品

Check it out!

ImmPRESSReagent


二次抗体を結合させた酵素標識マイクロポリマー法を用いた免疫組織染色システム(ImmPRESS Reagent)です。わずか2ステップで,高感度かつ低バックグラウンドの免疫組織染色を行えます。マウスおよびウサギいずれの一次抗体にも対応できるユニバーサルタイプもあります。

製品の詳細はこちらをご覧下さい。

酵素標識ポリマー法を用いた免疫染色試薬 ImmPRESS Reagent

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。