HOME> 機器・消耗品> 精密機器> 電気泳動関連製品> Qsep1 Bio-Fragment Analyzer

小型キャピラリー式フラグメントアナライザー Qsep1 Bio-Fragment Analyzer

掲載日情報:2018/11/13 現在Webページ番号:65176

フィールドワークでも使えます!

小型のキャピラリー電気泳動装置です。
別売のカートリッジを使用することで,DNAまたはRNAのキャピラリーゲル電気泳動(CGE)が簡単に行えます。
先行モデルQsep100の能力はそのままに,ポータブルで持ち運べるサイズまで小型化を実現しました。


キャピラリー式電気泳動装置Qsep1外観

サイズ:24L×21W×30H cm,5.5 kg


アガロース電気泳動は手間がかかる…

アガロース電気泳動は手間がかかる

Qsepなら,わずか3ステップの簡単操作!

Qsep の使用方法
  • チップへのゲル充填,試薬の事前調合,使用後の清掃は不要です。
  • 解析用ソフトウェアが付属しているので解析も簡単です。
  • 測定結果はPDF,CSV形式,ゲル画像など,目的に応じた形式で出力できます。

わずか2 bpの違いもハッキリ分けて検出できます

High Resolutionカートリッジを使用した場合。

わずか2 bpの違いも検出可能

特長

  • DNAやRNAの測定から解析を全自動で行います。
  • ゲルの調製,サンプルローディング,電気泳動およびゲル撮影を含む複雑で時間のかかるゲル電気泳動を,簡単かつスピーディに行うことができます。
  • 一度に最大8試料まで連続測定が可能です。
  • カーシガーアダプターを使用すれば屋外での使用も可能です(電源:DC 12 V)。
  • 小型ポータブルサーマルサイクラーQampMiniと組み合わせれば,フィールドワークでの試料の迅速分析が可能です。
  • 解析用ソフトウェア「Q-Analyzer」が付属しています。

解析にはPC(Windows 10)が別途必要です。

■ 別売のカートリッジについて(詳細はこちら

  • キャピラリーはペン型のカートリッジ形状で,分析回数や使用期限を自動的にモニタリングして表示します。
  • 蛍光色素を含んだポリマーがキャピラリー内に充填されているため,試料をあらかじめ染色する必要はありません。
  • キャピラリー内に充填されたポリマーは,分析後に自動的に洗浄され,次の分析前に新しく充填されます。
  • カートリッジ1本当たり100~200回の電気泳動が可能です。
  • カートリッジ式は,その都度準備が必要なチップ式に比べると無駄が出ず,コスト面で有利です。
  • DNA分析用カートリッジには,スタンダードタイプ(Standard)・高分解能タイプ(High Resolution)・広範囲タイプ(Kilo base)・高感度タイプ(High Sensitivity)・高感度/広範囲タイプ(High Sensitivity Kilo base)・定量タイプ(Quantitative)があります。
  • RNA分析用カートリッジには,スタンダードタイプ(Standard)・高感度タイプ(High Sensitivity)があります。

Qsep1使用方法

Qsep1の使用イメージ

BiOptic社の各種PCR酵素については,こちらをご覧下さい。

製品パンフレット

下記画像をクリックすると,製品パンフレット(pdf版)をご覧になれます。

349

製品紹介動画



関連製品

Qsep100  

手のひらサイズの小型サーマルサイクラー
Qamp Mini Portable PCR Thermal Cycler


わずか1kgの軽量・コンパクト・簡単操作な8ウェルタイプのサーマルサイクラーです。
詳細は,こちらをご覧下さい。

Qsep100  


多検体処理(96試料)をご希望の方はこちら!
Qsep100 DNA Fragment Analyzer


高感度(0.1ng/μl),高解像度(1~4 bp間隔:100~500 bpの場合)でDNAフラグメント解析できるキャピラリー電気泳動装置です。
詳細は,こちらをご覧下さい。



目次に戻る

主なアプリケーション