HOME> 試薬> 天然物/有機化合物/糖質> 天然物/有機化合物> 低分子化合物> Rapamycin (CAS: 53123-88-9)

Rapamycin (CAS: 53123-88-9)

掲載日情報:2018/09/25 現在Webページ番号:52001

AdipoGen社のRapamycin (CAS: 53123-88-9)です。
AdipoGen社は高品質な低分子化合物,希少な抗生物質,天然物などを販売しています。生理活性や阻害効果を有する物質も多数取り揃えております。

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

価格

[在庫・価格 :2021年07月23日 20時05分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Rapamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事
Rapamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事
Rapamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事
Rapamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 オートファジー研究関連試薬
関連記事

[在庫・価格 :2021年07月23日 20時05分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Rapamycin

文献数:0

説明文 抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事

Rapamycin

文献数:0

説明文 抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事

Rapamycin

文献数:0

説明文 抗菌・抗真菌活性を有する。FKBP12と複合体を形成し,mTORを阻害する。IL-2の応答を阻害することでT細胞およびB細胞の活性化を阻害する。M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 細胞周期研究用の低分子化合物
オートファジー研究関連試薬
細胞周期・微小管研究用製品特集
関連記事

Rapamycin

文献数:0

説明文 M.W.:914.2,純度:>98%,化学式:C51H79NO13,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO, methanol or chloroform.
CAS No:53123-88-9
別名:Sirolimus,Rapamune,NSC 226080,Antibiotic AY-22989,WY-090217,RAPA,SILA 9268A,CCRIS 9024
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年9月1日号 p.19

製品記事 オートファジー研究関連試薬
関連記事



目次に戻る

製品情報

商品コードAG-CN2-0025
品名Rapamycin
分子式C51H79NO13
分子量914.2
CAS53123-88-9
構造式Rapamycin構造式
純度≥98%
形状White to off-white solid.
別名Sirolimus; Rapamune; NSC 226080; Antibiotic AY-22989; WY-090217; RAPA; SILA 9268A; CCRIS 9024
特長
  • Antibiotic.
  • Antibacterial and antifungal properties [1, 2].
  • Forms a complex with FKBP12 and inhibits the mammalian target of rapamycin (mTOR). Inhibits the response to interleukin-2 (IL-2), and thereby blocks activation of T and B cells [3, 5, 6, 11].
  • Potent immunosuppressant [4, 10] used as an alternative to calcineurin inhibitors [12].
  • Restricts the proliferation of smooth-muscle cells by blocking cell cycle progression at the G1/S transition [7, 13].
  • Anti-proliferative. Antitumor compound [14, 15].
  • Apoptosis enhancer. Activator of autophagy both in vitro and in vivo [8, 9].
  • Anti-HIV and anti-aging compound [16, 17].
  • Neuroprotective [18].
  • Suppressor for self-renewal and vascular differentiation potential in hemangioma stem cells [19].
  • mTORC1 inhibitor [20].
文献
  1. Rapamycin (AY-22,989), a new antifungal antibiotic. I. Taxonomy of the producing streptomycete and isolation of the active principle: C. Vezina, et al.; J. Antibiot. (Tokyo) 28, 721 (1975)
  2. Rapamycin (AY-22,989), a new antifungal antibiotic. II. Fermentation, isolation and characterization: S.N. Sehgal, et al.; J. Antibiot. (Tokyo) 28, 727 (1975)
  3. Inhibition of T and B lymphocyte proliferation by rapamycin: J.E. Kay, et al.; Immunology 72, 544 (1991)
  4. FK506 and rapamycin: novel pharmacological probes of the immune response: J.Y. Chang, et al.; TIPS 12, 218 (1991) (Review)
  5. Rapamycin-FKBP specifically blocks growth-dependent activation of and signaling by the 70 kd S6 protein kinases: J. Chung, et al.; Cell 69, 1227 (1992),
  6. Rapamycin inhibition of interleukin-2-dependent p33cdk2 and p34cdc2 kinase activation in T lymphocytes: W.G. Morice, et al.; J. Biol. Chem. 268, 22737 (1993)
  7. A mammalian protein targeted by G1-arresting rapamycin-receptor complex: E.J. Brown, et al.; Nature 369, 756 (1994)
  8. Rapamycin, a potent immunosuppressive drug, causes programmed cell death in B lymphoma cells: S. Muthukkumar, et al.; Transplantation 60, 264 (1995)
  9. Rapamycin enhances apoptosis and increases sensitivity to cisplatin in vitro: Y. Shi, et al.; Cancer Res. 55, 1982 (1995)
  10. Mechanism of action of the immunosuppressant rapamycin: F.J. Dumont & Q. Su; Life Sci. 58, 373 (1996) (Review)
  11. Rapamycin causes poorly reversible inhibition of mTOR and induces p53- independent apoptosis in human rhabdomyosarcoma cells: H. Hosoi, et al.; Cancer Res. 59, 886 (1999)
  12. Rapamycin in transplantation: a review of the evidence: R.N. Saunders, et al.; Kidney Int. 59, 3 (2001) (Review)
  13. Rapamycin in cardiovascular medicine: P.N. Ruygrok, et al.; Intern. Med. J. 33, 103 (2003) (Review)
  14. Rapamycin: an anti-cancer immunosuppressant?: B.K. Law; Crit. Rev. Oncol. Hematol. 56, 47 (2005) (Review)
  15. Tubers and tumors: rapamycin therapy for benign and malignant tumors: D.R. Plas & G. Thomas; Curr. Opin. Cell Biol. 21, 230 (2009) (Review)
  16. Potential use of rapamycin in HIV infection: M. Donia, et al.; Br. J. Clin. Pharmacol. 70, 784 (2010) (Review)
  17. Resveratrol and rapamycin: are they anti-aging drugs? M. Kaeberlein; Bioessays 32, 96 (2010)
  18. Fighting neurodegeneration with rapamycin: mechanistic insights: J. Bové, et al.; Nat. Rev. Neurosci. 12, 437 (2011) (Review)
  19. Rapamycin suppresses self-renewal and vasculogenic potential of stem cells isolated from infantile hemangioma: S. Greenberger, et al.; J. Invest. Dermatol. 131, 2467 (2011)
  20. Inhibition of the PI3K–Akt and mTORC1 signaling pathways promotes the elongation of vascular endothelial cells: K. Tsuji-Tamura & M. Ogawa; J. Cell Sci. 129, 1165 (2016)
  21. Chemically defined and growth-factor-free culture system for the expansion and derivation of human pluripotent stem cells: S. Yasuda, et al.; Nature Biomed. Eng. 2, 173 (2018)


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。