HOME> 試薬> 免疫化学> ウイルス/微生物/アレルゲン> ヒスタミン関連製品> Histamine ELISA Kit(Bertin Pharma社)
HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> Histamine ELISA Kit(Bertin Pharma社)
HOME> 試薬> 神経/イオンチャネル> 神経化学関連製品> Histamine ELISA Kit(Bertin Pharma社)

感度と特異性に優れたヒスタミンELISAキット Histamine ELISA Kit(Bertin Pharma社)

掲載日情報:2020/06/12 現在Webページ番号:402

血漿,尿,細胞培養上清およびその他の液体(気管支肺胞洗浄液など)または固形(脳,神経組織など)生物試料中のヒスタミン(Histamine)を,Acetylcholinesterase(AChE)標識ヒスタミントレーサーを用いた競合法により比色定量するELISAキットです。感度と特異性に優れ,また(抽出)溶媒の違いによる測定誤差が少ないため(参照),信頼性の高い定量結果が得られます。

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

Histamine ELISA Kitの検量線

検量線

ヒスタミンとは

ヒスタミンは,多くの動物やヒトの組織に存在する天然のアミンで,即時のアレルギーの伝達物質として考えられてきました。ヒスタミンは,胃酸の分泌,神経伝達および炎症や免疫反応の変調の制御など様々な生理学的プロセスにおいて関与しています。



目次に戻る

特長

  • 免疫原に用いられるスペーサーアームに化学構造が近い誘導化試薬を用いることにより,高い分析感度が得られます。
  • ヒスタミンに対する高い特異性を有し,ヒスタミンの前駆物質であるヒスチジンや,S-アデノシルメチオニン(SAMe)による代謝産物であるメチルヒスタミン等との交差性が最低限に抑えられています。
  • 血漿,尿,細胞培養上清試料の測定では,抽出などの前処理は不要です
  • 測定試料:血漿(EDTA処理),尿,細胞培養上清,生物試料(固形または液体試料)
  • 測定試料量:100 μl(1ウェル当たり)
  • 測定範囲:0.39~50 nM
  • 検出限界:0.5 nM
  • 測定波長:405~414 nm
  • インキュベーション時間(温度):24時間(4℃)

その他の液体または固形生物試料の場合では,前処理として過塩素酸(HClO4)による抽出が必要です。

目次に戻る

キット内容

  • Pre-coated 96-well plate with mouse anti-histamine monoclonal antibody
  • Histamine tracer
  • Histamine standard
  • Derivatization reagent / buffer
  • Histamine EIA buffer
  • Wash buffer
  • Tween 20
  • Quality control sample
  • Ellman's reagent
  • Well cover sheet

目次に戻る

特異性

化合物名交差性(%)
Histamine100%
3-methyl histamine0.038%
1-methyl histamine0.01%
Histidine<0.01%
Serotonine<0.01%

目次に戻る

使用例

溶媒の違いによる回収率の比較

溶媒としてヒスタミンEIAバッファー,培地(添加剤なし),培地(添加剤あり),過塩素酸(HClO4)のいずれを用いた場合においても,回収率に大きな差は見られなかった(下表参照)

溶媒ヒスタミン添加量(nM)ヒスタミン測定値(nM)回収率(%)
Histamine EIA buffer55.2103
Cell culture medium5.04101
Cell culture medium and additives4.5891.6
HClO45.47109

各種(抽出)溶媒を用いた場合の標準曲線

溶媒の比較


2種類の測定方法を用いて18試料を測定した結果の比較

18試料の測定結果比較

本キットと,RIA(Immunotech社)を用いた測定結果との相関を示した。



目次に戻る

試料種別操作方法概要

試料種別Blank血漿(EDTA処理)尿,細胞培養上清液状または
固形状生物試料
前処理通常,抽出などの前処理は不要。必要に応じてキットに含まれるHistamine EIA bufferで希釈する。ポリプロピレン製チューブに収集し,測定実施まで-20℃で保存する。この場合,抽出操作は不要。0.1M過塩素酸(HClO4)によりヒスタミンを抽出し,上清をNaOHで中和する。
誘導体化標準物質,コントロール,試料を各200 μlとderivatization buffer 50 μlをチューブに入れて攪拌する。PPチューブへの最大吸着量(B0)の測定には,試料などのかわりにAssay buffer 200 μlを加える。標準物質,コントロール,試料を各200 μlと1.5M NaOH 50 μl,derivatization buffer 50 μlをチューブに入れて攪拌する。PPチューブへの最大吸着量(B0)の測定には,試料などのかわりにAssay buffer 200 μlを加える。
derivatization reagent 20μlを加える。
攪拌すぐに攪拌する。
プレートの洗浄プレートの各ウェルにWash buffer 300 μlを加え,合計5回洗浄する。
分注誘導体化した試料を各ウェルに100 μl加える。
トレーサー100 μl加える。
インキュベーションプレートにカバーを装着し,4℃で24時間インキュベートする。
プレートの洗浄プレートの各ウェルにWash buffer 300 μlを加え,合計5回洗浄する。
発色Ellman’s試薬200 μl加える。
インキュベーション室温暗所下,オービタルシェーカーでプレートをインキュベートする。
測定405414 nmの吸光度を測定する。

目次に戻る

引用文献

引用文献 (クリックで開閉します)
  1. Kassas-Guediri A1,2, et al., PLoS One., 12(3):e0173815(2017).
  2. Shimoda T., et al., Int. Arch. Allergy Immunol., 171(3-4), 276~284(2016).
  3. Choi H., et al., J. Nanotechnol Nanomed Nanobiotechnol, 3:009(2016).
  4. Isaka M., et al., Veterinary Science Development, 4, 5123(2014).
  5. Graf A., et al., Am. J. Physiol. Gastrointest Liver Physiol., 307, G813~G823, (2014).
  6. Saligrama N., et al., J. Immunol., 191, 614~622(2013).
  7. LShiraishi Y., et al., J. Immunol., 190, 539~548(2013).
  8. Kim Y., et al., J. Biol. Chem., 287, 25844~25859(2012).
  9. Skovgaard N., et al., Am. J. Physiol. Regulatory Integrative Comp. Physiol., 296, 774~785(2009).
  10. Yanagisawa R., et al., Exp. Biol. Med., 234, 314~322(2009).
  11. Nautiyal K., et al., PNAS, 10, 1073/pnas.0809479105 Supporting Information (2008).
  12. Struthers S., et al., Endocrinology, 148, 857~867(2007).
  13. Noguchi J., et al., J. Leukoc. Biol., 78, 605~611(2005).
  14. Furutani K., et al., JPET, 307, 331~338(2003).

目次に戻る

ヒスタミンELISAキット選択上のワンポイントアドバイス

ヒスタミンELISAキット選択上のワンポイントアドバイス (クリックで開閉します)

一般に,ELISA(EIA)キットの選択においては,価格適応試料に加え,感度特異性簡便性測定時間(インキュベーション時間)およびロットや測定間の誤差などがポイントになります。

ヒスタミンELISAキット選択表

品名をクリックすると製品の特長,商品コードをクリックすると,価格表をご覧いただけます。

品名 Histamine ELISA Kit Histamine ELISA Kit Histamine ELISA Kit
for Food and Beberages
メーカー SPB OBR OBR
商品コード A05890 EA31 FS35
測定原理 競合ELISA
測定フォーマット 96 well plate
測定試料 血漿(EDTA処理),尿,細胞培養上清,生物試料(固形または液体試料) 組織培養液,組織抽出物,細胞またはセルフリー抽出物 食品,飲料
測定試料量 100 μl/well 50 μl/well50 μl/well
インキュベーション時間(温度) 約24時間(4℃) 約90分(室温) 約90分(室温)
測定方法比色法
測定波長 405~414 nm 650 nm
450 nm)
650 nm
450 nm)
測定範囲 0.39~50 nM 2.5~50 ng/ml 2.5~50 ng/ml
検出限界 0.5 nM 2.5 ng/ml
主な特長 測定対象が広く,感度と特異性に優れている。 簡便性,迅速性に優れる。 食品,飲料用中のヒスタミン測定にプロトコルを最適化したキット。

Bertin Pharma(SPB)社 Histamine ELISA Kit(高感度/優れた特異性)

Bertin Pharma(SPB)社 のHistamine ELISA Kit(#A05890)は,測定時間(インキュベーション時間)は長く結果が得られるのに時間を要しますが,一方で高感度幅広い試料に適応し,抽出溶媒による測定誤差が少なく特異性にも優れているため,信頼性の高いデータが得られます。特にヒスタミンの代謝産物であるN-メチルヒスタミン(N-methyl histamine)との交差性が極めて低いことが特長で,血液中や尿中のヒスタミンの特異的な検出にも有用です。

Oxford Biomedical Research(OBR)社 Histamine ELISA Kit(簡便/迅速)

Oxford Biomedical Research(OBR)社のHistamine ELISA Kit(#EA31)は,ready-to-useのHistamine conjugateやHistamine standardを採用することで操作の簡便性を向上させており,他のヒスタミンキットに比べて少量の測定試料で,短時間かつ室温の反応で測定結果を得られるのが特長です。実験効率が向上し,人為的なミスも低減できるメリットもあります。ヒスタミンは肥満細胞中に高濃度に存在し,また肺,肝臓,胃粘膜,脳などにも存在してそれぞれの生理機能を担っているため,こうした組織中のヒスタミミンの定量などに有用です。

Oxford Biomedical Research(OBR)社 Histamine ELISA Kit(食品・飲料用)

また,食品や飲料中のヒスタミン濃度を測定する場合には,専用のOxford Biomedical Research(OBR)社のHistamine ELISA Kit, for Food and Beverage(#FS35)のご使用をお勧めします。



目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2020年11月25日 16時52分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Histamine, EIA Kit
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
ヒスタミン(histamine)をacetylcholinesterase(AChE)標識histamineを用いた競合ELISAにより比色定量するキット。感度:0.5 nM,測定波長:405~414 nm,測定範囲:0.39-50 nM,測定試料:血漿(EDTA),尿,培養上清,検出方法:呈色,アッセイ法:競合EIA,アッセイ数:96 wells
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年12月1日号 p.26

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2020年11月25日 16時52分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Histamine, EIA Kit

文献数:0

説明文 ヒスタミン(histamine)をacetylcholinesterase(AChE)標識histamineを用いた競合ELISAにより比色定量するキット。感度:0.5 nM,測定波長:405~414 nm,測定範囲:0.39-50 nM,測定試料:血漿(EDTA),尿,培養上清,検出方法:呈色,アッセイ法:競合EIA,アッセイ数:96 wells
法規制等 医薬用外毒物
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年12月1日号 p.26

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。