HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> 蛍光/標識用試薬> 蛍光および標識試薬> Ageladine A

pH依存性の生細胞イメージング用蛍光色素 Ageladine A

掲載日情報:2015/08/19 現在Webページ番号:8726

生細胞イメージングに最適な,pH依存性の細胞膜透過性蛍光色素です。

Natural_Products_Rare_Antibiotics_flyer

Ageladin Aを紹介しているチラシです(A4版2ページ 英語版)。
フライヤーのダウンロードはこちら。

特長

  • AM-esterとエステラーゼによる反応を用いない,新規のpH依存性蛍光色素です。酸性条件下で蛍光を生じ(pH 4~8),塩基性条件下では蛍光を生じません。
  • 疎水性相互作用により細胞や酸性細胞内小器官の内膜にトラップされます。
  • 細胞内ではほとんど代謝されず,長期間安定性を保ちます。
  • 毒性はなく(<30μM),蛍光は数日間継続します。
  • 適用試料:細胞内小器官,小胞,細胞,組織,微生物,幼虫など
  • 推奨使用量:1μM(細胞),30μM(微生物,小動物)
  • Loading time:10~30分(細胞),30~120分(微生物,小動物)
  • 測定波長:励起 325~415 nm/蛍光 415~500 nm

Ageladine Aの構造式

目次に戻る

使用例

CFLSM scan of M. lignano stained with Ageladine A (fluorescence is shown in false color).
Ageladine A shows a pH-depending fluorescence. Highly fluorescent areas (white) are more acidic than dark areas (dark red).

PC12-cells staining with ageladine A during UV excitation and the transmission image of the cells.

Nematocysts in different regions of Aiptasia sp. stained with Ageladine A
left: in acontia; right: in tentacles
Monitored by a confocal laser scanning microscope. Fluorescence is displayed in red (false colour).

[在庫・価格 :2021年09月18日 00時14分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Ageladine A, TFA
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
pH依存性の生細胞イメージング用蛍光色素。非毒性,細胞透過性,pH依存性蛍光色素。In vitroおよびin vivoにおいて抗血管新生作用を有する。DYRK1A,DYRK2,TYK2の選択的阻害物質。M.W.:357.0 . 114.0,純度:>98% (NMR),化学式:C10H7Br2N5 . C2HF3O2,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO or methanol.
CAS No:950766-21-9, 643020-13-7 (free base)
別名:(4-(4,5-Dibromo-1H-pyrrol-2-yl)-1H-imidazo[4,5-c]-pyridin-2-amine) . TFA
法規制等
保存条件 4℃,暗所保存,乾燥状態(デシケータ内)で保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年10月15日号 p.16

製品記事 無毒性のpH感受性蛍光色素
海洋生物由来の希少生理活性化合物
Ageladine A . trifluoracetate (CAS: 950766-21-9 | 643020-13-7 (free base))
イメージング解析用プローブ(細胞用)特集
関連記事

[在庫・価格 :2021年09月18日 00時14分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Ageladine A, TFA

文献数:0

説明文 pH依存性の生細胞イメージング用蛍光色素。非毒性,細胞透過性,pH依存性蛍光色素。In vitroおよびin vivoにおいて抗血管新生作用を有する。DYRK1A,DYRK2,TYK2の選択的阻害物質。M.W.:357.0 . 114.0,純度:>98% (NMR),化学式:C10H7Br2N5 . C2HF3O2,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO or methanol.
CAS No:950766-21-9, 643020-13-7 (free base)
別名:(4-(4,5-Dibromo-1H-pyrrol-2-yl)-1H-imidazo[4,5-c]-pyridin-2-amine) . TFA
法規制等
保存条件 4℃,暗所保存,乾燥状態(デシケータ内)で保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2019年10月15日号 p.16

製品記事 無毒性のpH感受性蛍光色素
海洋生物由来の希少生理活性化合物
Ageladine A . trifluoracetate (CAS: 950766-21-9 | 643020-13-7 (free base))
イメージング解析用プローブ(細胞用)特集
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。