HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> タンパク質の抽出・精製> Minute Plasma Membrane Protein Isolation Kit

非変性で膜タンパク質を抽出するキット Minute Plasma Membrane Protein Isolation Kit

掲載日情報:2017/01/16 現在Webページ番号:8517

Invent Biotechnologies社の独自技術であるスピンカラムと試薬を組み合わせて,迅速かつ容易に膜タンパク質を抽出できるキットです。

膜タンパク質以外のタンパク質抽出キットについてはこちらをご覧下さい。

特長

  • 幅広い容量の試料(20~500μl)から,スピンカラムを用いた次世代タンパク質抽出法により,簡便・迅速・高収率にタンパク質などを抽出できます。
  • 試料のソニケーション処理は不要です。
  • 本製品を用いて抽出したタンパク質などは,タンパク質の存在比率にバイアスがかかりません。
  • 本製品を用いて抽出・精製したタンパク質は,SDS-PAGE,イムノブロッティング,ELISA,免疫沈降などのタンパク質を用いる各種アッセイに使用できます。
  • Cell lysis bufferには界面活性剤およびEDTAが含まれていません。
試料 培養細胞(哺乳動物),組織(哺乳動物)
抽出物 膜タンパク質(総膜タンパク質 または 細胞膜タンパク質のみ)
(界面活性剤,EDTAフリー)
精製タンパク質の状態 非変性
収率 10-500μg/sample
操作時間(分) 45

目次に戻る

使用文献

  1. Donghai Wen, et al., Am. J. Physiol. Renal. Physiol., 305, F463~F476 (2013).
  2. Ohmine S., et al., J. Innate Immun., 5, 414~424 (2013).

目次に戻る

操作方法概略

■培養細胞の前処理

  1. 細胞を回収してPBSで洗浄し,Buffer Aで懸濁する。
  2. 氷上で5~10分間静置し,ボルテックスを行う。
  3. 試料をFilter cartridgeに移す。

■組織の前処理

  1. 組織片とBuffer AをFilter cartridgeにいれ,Plastic rodで組織をホモジナイズする。
  2. 再度Buffer Aを添加し,ピペッティングにより試料を混合する。
  3. キャップを開けたまま,氷上で5分静置する。

■抽出操作

  1. キャップを閉め,14,000 rpm(16,000 ×g)で30秒間遠心する。
  2. ボルテックスを行い,沈殿を再懸濁する。
  3. 3,000 rpm(700 ×g)で1分間遠心し,上清を新しいチューブに移す(沈殿は核画分)。
  4. 4℃,14,000 rpm(16,000 ×g)で10~30分間遠心し,上清を除き(細胞質画分),沈殿(総膜タンパク質画分)を-70℃で保存または界面活性剤を含むバッファーで溶解する。

細胞膜タンパク質の抽出を続けて行う場合,4.で得た沈殿をそのまま使用して下さい。試料は凍結しないで下さい。

■細胞膜タンパク質の抽出

  1. 抽出した試料を,Buffer Bで懸濁し,ピペッティングまたはボルテックスにより混合する。
  2. 4℃,10,000 rpm(7,800 ×g)で5分間遠心し,上清を新しいチューブに移し(沈殿は細胞内小器官 由来の膜タンパク質画分),PBSと混合する。
  3. 14,000 rpm(16,000 ×g)で15~30分間遠心し,上清を捨て(沈殿が細胞膜タンパク質画分),界面活性剤を含むバッファーで懸濁する。

目次に戻る

使用例

Minute Protein Extraction Kit

マウス各種試料から本製品を用いて,総膜タンパク質(TM)および細胞膜タンパク質(PM)を分離し,プロファイリングを行った。

A:SDS-PAGE
B:ウエスタンブロット
  抗Cadherin抗体(細胞膜マーカー)を使用
C:Cadherinの定量

Minute Protein Extraction Kit

各種試料から抽出した総ライセート(TC)と,本製品を用いて分離した膜タンパク質(PM)を用いて,プロファイリングを行った。

A:SDS-PAGE
B:ウエスタンブロット
  抗Na / K ATPase α1抗体(細胞膜マーカー)および抗Lamin B1抗体(核膜マーカー)を使用
C:Na / K ATPase α1の定量

Lane 1:ヒト肺がん由来A549細胞の総ライセート,Lane 2:A549細胞の膜タンパク質,
Lane 3:ラットREL-6TN細胞の総ライセート,Lane 4:REL-6TN細胞の膜タンパク質

目次に戻る

膜タンパク抽出例(ユーザー使用例)

GPCR TLR3 PGP CD-1 Siglecs Cadherin
Na/K-ATPase Oct-1 TNF-a Trim5a Flotillin-1 BK-a

上記以外にも,多数のタンパク質の抽出例が報告されています。

目次に戻る

キット内容

  • Cell lysis buffer
  • Protein extraction filter cartridge
  • Collection tube with cap
  • Plastic rod
  • Tissue dissociation bead

[在庫・価格 :2021年04月17日 00時13分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Minute Plasma Membrane Protein Isolation Kit
10日程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 2
説明文
細胞膜タンパク質抽出キット。精製タンパク質の状態:非変性,操作時間:45分,試料:培養細胞(哺乳動物),組織(哺乳動物),抽出物:膜タンパク質(総膜タンパク質または細胞膜タンパク質のみ)(界面活性剤,EDTAフリー),収率:10-500μg/sample
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年11月1日号 p.12
ニュース2018年10月1日号 p.5

製品記事 MINUTE Total Protein Extraction Kitシリーズ
タンパク質抽出 - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

[在庫・価格 :2021年04月17日 00時13分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Minute Plasma Membrane Protein Isolation Kit

文献数:2

説明文 細胞膜タンパク質抽出キット。精製タンパク質の状態:非変性,操作時間:45分,試料:培養細胞(哺乳動物),組織(哺乳動物),抽出物:膜タンパク質(総膜タンパク質または細胞膜タンパク質のみ)(界面活性剤,EDTAフリー),収率:10-500μg/sample
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年11月1日号 p.12
ニュース2018年10月1日号 p.5

製品記事 MINUTE Total Protein Extraction Kitシリーズ
タンパク質抽出 - ウエスタンブロット(Western Blot)特集
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。