HOME> 試薬> 遺伝子工学> ゲノミクス> FISH> フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 OaCP社の紹介

フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 OaCP社の紹介

掲載日情報:2017/10/01 現在Webページ番号:80923

Frontiers

Vol.17 in situ ハイブリダイゼーションの最前線


OaCP S. r. l. はイタリアのボローニャ大学発のベンチャー企業です。
in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の時間・試薬量を節約する製品を扱っています。今回は,同社の創業者の一人でCEO を務めるEnrico Di Oto 博士にお話を伺いました。

Rapid ISH

社名の ”OaCP” は,Oncology and Cytogenetic Productsの略です。

  Rapid ISH


■がん診断技術のさらなる向上を目指して

私は分子生物学者として,がん診断の分野に13 年以上携わってきました。医療関係者や患者と協力し合って研究を行うなかで,ISH の技術的な限界に直面し,「より早く,より簡単に結果を出せないか」と考えるようになりました。現代人の多くがスマートフォンを持つようになって人間関係のあり方が変化したように,研究分野でもそのような画期的なツールを開発したいと考えたのです。その経験がきっかけでがん診断の分野で技術のさらなる向上を目指すようになり,OaCP 社のビジネスを始めるまでに至りました。
OaCP 社は,異なるバックグラウンドと情熱を持ったプロフェッショナル達が集まって設立されたメーカーです。当社は販促,ウェブサービスなどについて,ボローニャ大学のサポートを得て運営されています。さらに,臨床・生体医学分野でのビジネス経験があるアドバイザーに助言をもらっています。

Rapid ISH Rapid ISH


■現在のプロトコルを変えずに,時間とコストを削減

近年,FISH のスピードアップを謳う製品がいくつか出てきています。しかし,それには試薬・装置の変更,プロトコルの見直しが必要となる場合があります。また,FISH 以外の実験手法を身につけなければならないケースもあります。
OaCP 社製品(特にRapid-ISH Integra)は,研究者のルーチンを邪魔しません。今まで使ってきた試薬・プローブはそのままで,しかしたった40 分のハイブリダイゼーション時間で,今までと同じクオリティの結果が得られます。

Rapid ISH

Rapid-ISH Integra シリーズを使用し,少量のプローブで40 分間のハイブリダイゼーションを行った。従来のISH と同等の結果が得られている。



■あなたの実験を,私たちのソリューションが変えます

OaCP 社のポテンシャルユーザーはFISH を行う全ての研究室,機関にいます。 現在はイタリア国内の研究機関や研究室が主なユーザーですが,ブラジル,パキスタン, アメリカ,アイルランド,オーストラリア,ニュージーランドにもユーザーがいます。 FISH 技術の開発から始まった当社は,今後全てのDNA 関連技術において「より速く,よりお手軽に,簡単に」を実現するツールを開発したいと考えています。
今後さらに,OaCP 社のツールを世界中の研究者に浸透させ,適切な診断・治療を助け ることで,人々の健康維持に貢献していきたいです。

Rapid ISH

OaCP社の研究室風景



OaCP社のRapid-ISH Integraシリーズ

ハイブリダイゼーション時間を40分に減らし,プローブ量も減らせます!
Rapid-ISH Integraシリーズ

本製品をプローブに添加するだけで,通常一晩を要するプローブのハイブリダイゼーション時間を40 分に短縮できます。ISH プローブの使用量も低減できることから,大幅なコスト削減も可能です。

  Rapid ISH
Rapid ISH Rapid ISH

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。