HOME> 試薬> 抗体> 一次抗体> フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 GeneTex社の紹介

フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 GeneTex社の紹介

掲載日情報:2017/08/15 現在Webページ番号:80920

Frontiers

Vol.14 多種多様な感染ウイルス研究用抗体


GeneTex 社は,自社の生産設備と試験部門を持ち,信頼性の高いポリクローナル抗体とモノクローナル抗体を生産し,20 年以上にわたり研究者を支援してきたメーカーです。今回は,同社が数多くのラインナップを販売している感染ウイルス研究用抗体についてうかがいました。

■ウイルス研究用抗体の開発

ウイルスは細菌や真菌,寄生虫とは異なり,ウイルスゲノムにコードされた遺伝子により宿主細胞の生化学的機構を乗っ取ることによって複製(増殖)するため,そのライフサイクルは宿主細胞に完全に依存しています。ウイルス関連疾患を研究している研究者は,ウイルスタンパク質に対する高品質の抗体を必要とします。我々GeneTex は,ヒトに害を及ぼす数多くのウイルスをターゲットとする多様な抗体を開発し,他社にはない豊富な製品ラインナップを保有しています。

  ウイルス抗体

■自社の生産設備と試験部門

ウイルス抗体  

自社の生産設備と試験部門で標的ウイルス選択から免疫抗原の設計,動物への免疫,抗体精製,製品試験までを一貫して行っています。特に製品試験では,ウイルス抗体を検査するための厳密な検証プロトコルが確立されており,ウイルス感染細胞由来の試料を用いて様々なアプリケーション(Western Blot,Immunohistochemistry,Immunofluorescence およびELISA)について確認を行っています。また可能であれば,ウイルスファミリーの異なる種由来の抽出物または感染細胞を用いた交差反応性アッセイによって特定のウイルスタンパク質に対する抗体特異性も確認しています。

■研究者のニーズに応えるために

我々GeneTex は,特定のウイルスのタンパク質に対する抗体を複数種類提供(一部の抗体について)しています。これによって,同じタンパク質に対する複数の抗体を用いたアッセイが可能となり,得られた結果を確実なものにすることができます。また,GeneTex は実験で再現性を得ることの重要性についても重視しているので,品質の一貫性や品質の管理を徹底して行っています。さらに抗体を実際に使用した研究者などからのフィードバックを積極的に収集し,製品がどのように利用されているのかをGeneTex ウェブサイトで公開しています。このため,多くの抗体がウイルス研究の論文で用いられています

  ウイルス抗体



GeneTex社の製品

2017年8月15日現在

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。