HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 ImmuSmol社の紹介

フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 ImmuSmol社の紹介

掲載日情報:2017/02/01 現在Webページ番号:80908

Frontiers

Vol.2 低分子化合物認識抗体の最先端


ImmuSmol(イムスモル)社は,2012 年に設立されたフランスの抗体メーカーです。今まで作製が難しかった神経伝達物質や代謝マーカーなどの低分子化合物を特異的に認識する抗体と,それを用いた免疫染色キットの開発を行っています。今回は,同社の創業者(現CEO)であるDr. Bessede に設立の経緯や製品の特長について伺いました。

ImmuSmol(イムスモル)社社員

■25 年間培ってきたノウハウをビジネス化

「私はかつて,『トリプトファン代謝活性とそれによる免疫応答の制御』というテーマで研究を行っていました。自力で研究に必要な抗体の開発をスタートし,結果としてこの分野におけるノウハウを持っていると広く知られるようになりました。」



■低分子化合物の認識を可能にする,精緻なテクノロジー

「低分子化合物はそのままの状態では検出できず,抗体が認識できるタンパク質などの大きな分子と結合させなくてはなりません。神経伝達物質を含む様々な低分子化合物を標的とした抗体は何とか開発できましたが,それらを用いて染色できるようにするには,非常に苦労しました。時間をかけて試料の調製方法を最適化していくことで,やっと製品化に至りました。」

ImmuSmol(イムスモル)社社長

■今後の展望

「当社製品の主なユーザーは世界中の公的研究機関や製薬企業を含む民間企業です。
今後も,神経科学分野に特化した新たなモノクローナル抗体の開発をさらに続けつつ,他の分野(例えばキヌレニン経路など)でも,それぞれの抗体にフィットした試料の調製方法を追究していきたいと考えています。」



ImmuSmol社の製品

ImmuSmol社抗体専用の免疫染色前処理用キット
STAINperfect Immunostaining Kit

STAINperfect Immunostaining Kitは,細胞・組織などに含まれる低分子をImmuSmol社抗体を用いて免疫染色する際の前処理用キットです。組織や細胞の固定,洗浄,細胞浸透および安定化など染色に必要な試薬が含まれています。本キットとImmuSmol社抗体を使用することで,より鮮明な染色像を得ることができます。

  STAINperfect Immunostaining Kit


生体試料中のL-キヌレニン(L-Kynurenine)とL-トリプトファン(L-Tryptophan)を,競合法により比色定量するELISAキットです。

  キヌレニン/トリプトファン測定ELISAキット


神経伝達物質を定量できるELISAキット
神経伝達物質ELISAキット

生体試料中の神経伝達物質を,競合法により比色定量するELISAキットです。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。