Innovative Cell Technologies社 Accutase, Accumaxに関するFAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80566

Innova Cell Technologies社 Accutase, Accumaxに関するFAQ

■関連製品

下記のFAQは,Innova Cell Technologies社ウェブサイトに掲載されている情報です。(2014年3月16日現在)

A

Accutase can be used whenever gentle and efficient dissociation of any adherent cell line is needed. Accutase is a direct replacement for trypsin. Add enough Accutase to just cover your cells. Do not add less and then aspirate up and down, this defeats the advantages of Accutase. Wait for the cells to detach on their own.

Accutaseは穏やかに効率よく剥離させたい接着細胞株にご使用いただける、トリプシン代替品です。細胞全体が浸る十分量のAccutaseを加え、細胞が自然に剥がれるまでお待ちください。

A

Yes. Accutase can be used to dissociate spheres of neural progenitors (neurospheres). However, if the clumps do not dissociate completely, then consider using Accumax which contains the Accutase enzymes, but at a higher concentration.

はい。神経前駆細胞塊や神経幹細胞塊(neurosphere)といった非接着細胞塊の分離にもAccutaseをご使用いただけます。細胞塊が完全に分離しないようでしたら、Accutaseに含まれる酵素を高濃度に調製したAccumaxのご使用をご検討ください。

A

Yes. During the defrosting procedure or shipping, uneven color can be observed. However, this will not compromise the activity or performance of Accutase. Just be sure to mix the defrosted Accutase by inverting the bottle to get even color before use.

凍結した状態や解凍中でも色むらがみられることがありますが、Accutaseの品質に問題はございません。Accutaseを解凍されましたらご使用前にボトルを反転させて混合してください。

A

Yes. As long as the product contains an "ice-cube" or is cool to the touch it can be placed in the refrigerator for later use. It also can be refrozen for long term storage (more than a month before use).

氷が残っている状態や冷たい状態で届いたようでしたら大丈夫です。冷蔵庫・冷凍庫に入れて保存していただけます。

A

If it was exposed to 37 °C just until complete thawing was achieved without raising its temperature to 37C, it still can be used. However, it could result in decreased enzyme activity and it may take more time to get full dissociation. If you observe this, consider starting with a new bottle. If a bottle of Accutase or Accumax is kept at 37 °C for more than one hour, it will loose its activity.

37℃の湯せんで解凍し 製品自体の温度が37℃まで上がっていないようでしたら、そのままご使用いただけます。しかし、酵素活性が落ちて細胞剥離・分離に時間がかかってしまう場合がありますので、そのような場合は新しいものに替えていただくことをおすすめします。なお、AccutaseやAccumaxは37℃で1時間以上おいてしまうと活性が失われてしまいます。

A

No. Once thawed, it is stable for at least 2 months in the refrigerator if replaced promptly after use in the refrigerator.
いいえ、一度解凍されましたら冷蔵保存で約2ヵ月保存していただけます。

A

No, pour off the media and add enought Accutase to cover your cells and wait for them to "ball up".

いいえ、培地を除去しましたら細胞が覆われるくらいの十分量のAccutaseを加えていただき、細胞が剥がれてくるのをお待ちください。

A

Usually not. Accutase is gentle enough that only dilution of the reagent with DPBS or media is required to stop the dissociation activity. In the unusual cases where inactivation is required, the standard trypsin inhibitors will work, such as soybean trypsin inhibitor.

通常は不要です。PBSや培地でAccutaseの濃度を薄めるだけで細胞分離作用は停止します。酵素の不活性化が必要となる場合には、ダイズトリプシン阻害因子などのトリプシン阻害物質をご使用いただけます。

A

No, this is one of the advantages of using Accutase.
不要です。使用後Accutaseを洗い流す必要がないことはAccutaseの特長の1つです。

A

No. Accutase is supplied as a convenient, ready to use reagent. No dilution required prior to use.
いいえ、Accutaseは便利な希釈調製済試薬ですので、希釈せずにそのままご使用いただけます。

A

Detachment times for Accutase are similar to trypsin. This time should be determined empirically. Look under the micrscope and watch them turn from spidery to little balls. In general, cells can be left in Accutase without damage for a much longer time than trypsin.

Accutaseの細胞剥離にはトリプシンと同じくらいの時間を要しますが、所要時間は実験的に(経験則で)検討されることをおすすめいたします。通常、トリプシンよりかなり長い間Accutaseに浸していても、細胞はダメージを受けません。

A

Accutase contains no mammalian or bacterial components. It is a natural enzyme mixture with proteolytic and collagenolytic enzyme activity. This means it mimics the action of trypsin and collagenase at the same time. However, because it is more efficient than mammalian trypsin & collagenase, it is formulated at a much lower concentration making it less toxic, gentler just as effective.

Accutaseはタンパク質分解およびコラーゲン分解作用を持った天然の酵素の混合物であり、哺乳類動物やバクテリア由来のものを含んでおりません。トリプシンとコラゲナーゼと同じ働きをしますが、それらよりずっと低毒性です。

A

Accumax contains the same proteolytic and collagenolytic enzymes as Accutase, but is formulated at a higher concentration and does not contain phenol red.
AccumaxにはAccutaseと同じく、タンパク質分解酵素とコラーゲン分解酵素を含んでいますが、高濃度であり、また、フェノールレッド不含です。

A

No. However, although Accutase is gentle on cells, the optimal time for dissociation should be determined for your specific cell type and application.
いいえ、ありません。ただし、Accutaseは細胞に対して穏やかに作用しますが、ご使用される細胞や実験用途に応じたAccutase処理時間を最適化されることをおすすめいたします。

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。