HOME> 試薬> 細胞培養> 前駆細胞/正常細胞/その他細胞> TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line
HOME> 試薬> 創薬研究> 探索研究> TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line
HOME> 試薬> 細胞情報伝達> その他シグナル伝達> TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line

TL1AによるNF-κBシグナル伝達経路の活性化のモニタリングに有用です(BPS Bioscience社) TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line

掲載日情報:2024/07/10 現在Webページ番号:70908

NF-κB応答エレメントの転写制御下にホタルルシフェラーゼレポーター遺伝子を導入したTL1A応答性DR3/NF-κBルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株です。本細胞株は、DR3(DeathReceptor 3、TNFRSF25、Ref Seq:NM_003790.3)を安定発現します。TATAプロモーターの上流に位置するNF-κB応答エレメントによりホタルルシフェラーゼレポーターの発現が開始され、ルシフェラーゼ活性の測定によりDR3のリガンドであるTL1AによるNF-κBシグナル伝達経路の活性化をモニタリングすることができます。

TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line(#78811)によるTL1A応答の概略図

TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line(#78811)によるTL1A応答の概略図

TL1A(TNF-Like Protein 1A、TNFSF15)とは

TL1A(TNF-Like Protein 1A、血管内皮増殖阻害物質、VEGI、TNFSF15)は、血管新生を抑制するサイトカインです。炎症関連因子であり、そのレセプターであるDR3(Death Receptor 3)に結合して下流のシグナル伝達を活性化し、自然免疫および適応免疫の恒常性の維持に関与します。

正常な腸管 クローン病の腸管 潰瘍性大腸炎の腸管
正常な腸管
クローン病の腸管
潰瘍性大腸炎の腸管

図をクリックすると拡大します(🔍)

腸管

数多くの研究において、可溶性TL1Aが、関節リウマチ、乾癬性関節炎、炎症性腸疾患などのT細胞が関連する自己免疫疾患患者の血清から検出されています。さらに、最近の臨床研究では、抗TL1A抗体治療が炎症性疾患および自己免疫疾患における有望な治療法であることが示唆されています。

TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line(#78811)によるTL1A応答の概略図

  ☞ 価格  




目次に戻る

特長

  • 宿主細胞:Jurkat細胞(cloneE6-1)、ヒトTリンパ腫懸濁液
  • マイコプラズマ陰性を確認しています。
  • 包装:2 vials(各バイアルに1 × 106 cells/1 ml [Cell Freeing Medium(#79796)]を含む。)

  ☞ 価格  


目次に戻る

適用

  • 可溶性TL1A活性の評価。
  • 細胞ベースアッセイによる抗TL1A抗体のスクリーニング。

  ☞ 価格  


目次に戻る

別途必要な試薬

品名をクリックすると製品の詳細、商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

培地

本細胞株のご使用にあたっては、下記の培地が別途必要です。

  • 融解用培地:Thaw Medium 2(#60184
  • 培養用培地:Growth Medium 2A(#60190

細胞アッセイを行う上で別途必要となる試薬

  • TL1A, His-Tag, Avi-Tag Recombinant(#101880
  • Anti-TL1A Antibody(#101729
  • Recombinant Human TNF-alpha Protein(R&D Systems、#210-TA
  • Human Recombinant DcR3/TNFRSF6B Fc chimera(R&D Systems、#142-DC
  • NF-κB Luciferase Reporter Jurkat Cell Line(#60651
  • 96-well tissue culture treated, white, clear-bottom assay plate
  • One-Step Luciferase Assay System(#60690
  • Luminometer

  ☞ 価格  


目次に戻る

使用例

DR3タンパク質発現の比較

NF-κBルシフェラーゼレポーターJurkat細胞親株(NF-κB Jurkat)およびTL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株(DR3/NF-κB Jurkat)によるDR3タンパク質発現の比較

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株ライセートとNF-κBルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株ライセートを用いてウエスタンブロットを行った。

  • 一次抗体:DR3組換えモノクローナル抗体(11H6L9)(ThermoFisher社、#702277)
  • ローディングコントロール:β-アクチン(13E5)Rabbit mAB(CellSignaling社、#4970)

TL1AおよびTNFαに対する用量反応性

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株によるTL1A用量応答曲線

図をクリックすると拡大します(🔍)

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株とNF-κBルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株を各濃度のTL1Aで5時間処理し、その後One-Step Luciferase Assayで測定した。DR3を発現しないJurkat細胞株(NF-κB Luciferase Reporter Jurkat Cell Line、#60651)は、TL1Aによりルシフェラーゼ活性が誘導されないことが示された。

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株によるTL1A/TNFα用量応答曲線

図をクリックすると拡大します(🔍)

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株を各濃度のTL1AまたはTNFαで5時間処理し、その後One-Step Luciferase Assayで測定した。


抗TL1A抗体およびDcR3 Fcキメラタンパク質によるTL1A応答阻害

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株における抗TL1A抗体によるTL1A応答阻害

図をクリックすると拡大します(🔍)

各濃度の抗TL1A中和抗体(#101729)を、1 μg/mlのヒトTL1Aとともに1時間プレインキュベートし、次に抗TL1A抗体とTL1Aの混合物をTL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株に添加した。プレートを5時間インキュベートし、その後One-Step Luciferase Assayで測定した。

TL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株におけるDcR3 FcキメラによるTL1A応答阻害

図をクリックすると拡大します(🔍)

各濃度のDcR3 Fcキメラタンパク質を、1 μg/mlのヒトTL1Aとともに1時間プレインキュベートし、次に抗TL1A抗体とTL1Aの混合物をTL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株に添加した。プレートを5時間インキュベートし、その後One-Step Luciferase Assayで測定した。

  ☞ 価格  


目次に戻る

関連製品

商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

品種 品名 包装 商品コード 製品概要
阻害物質スクリーニングキット DcR3:TL1A Inhibitor Screening Assay Kit
DcR3:TL1A Inhibitor Screening Assay Kit(#82160)🔍
96 reactions 82160 DcR3(Decoy receptor 3)とTL1Aの間の相互作用の阻害物質のスクリーニングおよびプロファイリングに有用なキット。
DR3:TL1A Inhibitor Screening Assay Kit
DR3:TL1A Inhibitor Screening Assay Kit(#82241)🔍
96 reactions
384 reactions
82241 DR3(Death Receptor 3)とTL1Aの間の相互作用の阻害物質のスクリーニングおよびプロファイリングに有用なキット。
組換え体タンパク質 TL1A, His-Tag, Avi-Tag Recombinant

TL1A, His-Tag, Avi-Tag, Recombinant(#101880)🔍
100 μg
500 μg
101880
  • 組換え体ヒトTL1Aタンパク質(未標識)
  • 産生:HEK293細胞株
  • アミノ酸:aa 72~251(end)
  • タグ:N末端His-tag(6×His)+ Avi-Tag
TL1A, His-Tag, Avi-Tag, Biotin-Labeled Recombinant

TL1A, His-Tag, Avi-Tag, Biotin-Labeled Recombinant(#101882)🔍
100 μg
500 μg
101882
  • 組換え体ヒトTL1Aタンパク質(ビオチン標識)
  • 産生:HEK293細胞
  • アミノ酸:aa 72~251(end)
  • タグ:N末端His-tag(6×His)+ Avi-Tag
抗体 Anti-TL1A Neutralizing Antibody

Anti-TL1A Neutralizing Antibody(#101729)🔍
50 μg
100 μg
101729 組換え体抗ヒトTL1Aモノクローナル抗体
  • 交差性:ヒト
  • クロナリティー:モノクロール
  • 産生:HEK293細胞
  • 精製:Protein A
  • 適用:ELISAおよび細胞アッセイにおけるTL1Aの中和研究


目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年07月15日 14時35分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • お問い合わせ
説明文
※ライセンス同意書の提出が必要。※輸入諸費用(60,000円)を別途いただく製品です。 ヒトDR3(death receptor 3; TNFRSF25)を安定発現させたTL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株。※受注発注品。※別途ご購入いただきたい製品の商品コード:60184,60190,79796,606090,産生:Jurkat (clone E6-1),※推奨培地の商品コード:60184,60190,79796,606090
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2024年07月15日 14時35分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

TL1A-Responsive Luciferase Reporter Jurkat Cell Line

文献数: 0

説明文 ※ライセンス同意書の提出が必要。※輸入諸費用(60,000円)を別途いただく製品です。 ヒトDR3(death receptor 3; TNFRSF25)を安定発現させたTL1A応答性ルシフェラーゼレポーターJurkat細胞株。※受注発注品。※別途ご購入いただきたい製品の商品コード:60184,60190,79796,606090,産生:Jurkat (clone E6-1),※推奨培地の商品コード:60184,60190,79796,606090
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。