HOME> 特集> フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」TANBead社の紹介
HOME> 機器・消耗品> 精密機器> 破砕/攪拌/超音波/シェーキング> フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」TANBead社の紹介

フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」TANBead社の紹介

掲載日情報:2019/09/17 現在Webページ番号:68678

Frontiers

Vol. 50 手軽な核酸精製用デバイス

Taiwan Advanced Nanotech 社(以下,TANBead 社)は2004 年に創業した台湾のメーカーで,世界初のポータブル型核酸精製用デバイスMaelstrom 8 Channel Handler を製造・販売しています。今回は,同社および注力製品のMaelstrom 8 Channel Handler についてお話を伺いました。

TANBead 社について教えて下さい。

TANBead 社では,オートメーションやバッファーの最適化,磁気ビーズの改良といった専門知識を生かし,磁気ビーズを用いて核酸精製が手軽にできる核酸精製用のデバイス,および核酸精製キットを製造しています。
従業員80 名のうち30% が研究開発の業務に携わっています。純正の核酸抽出キット*などを製造するGMP 準拠の工場を2つ有しており,1 日当り32,000 テスト分を製造することができます。

TANBead社の試薬製造ライン

製造ライン

TANBead社本社の外観

本社

Maelstrom 8 Channel Handler とはどのような製品ですか。

Maelstrom 8 Channel Handler は,世界初のポータブル核酸精製システムです。磁気ビーズを撹拌するユニークな技術を応用し,核酸を精製することができます。
専用オートスタンドを用いることで核酸精製の完全自動化が可能なため大変便利で,最新のライフサイエンス研究から分子診断の分野まで幅広く活躍します。血液のスクリーニング,疾患についての遺伝的解析,がん治療研究,細菌の抗生物質耐性の解析などさまざまな研究に使用できます。

ろ過や遠心分離といった分離方法を用いることなく,磁気ビーズを素早く一点に集め分離することができるため,自動化に有用です。また,磁気ビーズを用いた自動化精製システムを使用することで人為的ミスを減らし,実験者への感染も回避することができます。

Maelstrom 8 Channel Handler は,撹拌とスピンチップについて特許取得済みの技術を用いています。
純正の核酸抽出キットに対応したプログラムがプリセット済みですが,他社の磁気ビーズを用いたキットも使用可能です。

TANBead Reagent Kit:Maelstrom 8 Channel Handler と組み合わせ可能な各種試料用の核酸抽出キット(下記参照

Maelstrom 8 Channel Handlerの特許取得済みの撹拌技術とスピンチップ
Maelstrom 8 Channel Handlerの概観

Maelstrom 8 Channel Handler



Maelstrom 8 Channel Handler

直感的なインターフェイスで手軽に核酸精製が可能な磁気ビーズ(TANBeads)核酸精製用デバイスです。2,500ガウスの磁気ロッドが8本付いており,最高3,000 rpmで試料と磁気ビーズを回転(撹拌)させることで高収量・高純度に核酸を精製できます。

Maelstrom 8 Channel Handlerの概観

操作方法概略

Maelstrom 8 Channel Handlerの操作方法概略

別売品 専用核酸抽出キット

磁気ビーズを用いて生体試料,植物,細菌などから核酸を抽出するキットです。

Maelstrom 8 Channel Handler専用核酸抽出キット

■ラインナップ

抽出する核酸 試料
DNA 動物組織,細胞
細菌
血液
FFPE
コメ
cfDNA 血清,血漿,体液
total RNA 動物組織,細胞
植物組織
ウイルスDNA/RNA 血清,PBS 懸濁液

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。