HOME> 試薬> 細胞培養> 幹細胞> 間葉系幹細胞> BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地(アルブミンフリー)

ヒト脂肪組織からの脂肪幹細胞の分離・増殖に特化した安全性が高い培地 BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地(アルブミンフリー)

掲載日情報:2022/11/16 現在Webページ番号:68416

ヒト脂肪組織からの脂肪幹細胞の分離・増殖に特化した再生医療研究用培地です。ヒト・動物由来原料やアルブミン由来のウイルス感染リスクを排除しており、安全性が高くなっています。
また関連製品として幹細胞分離基材もあります。
初めて使用される方には、幹細胞分離基材と専用培地がそろった脂肪幹細胞分離キットがお勧めです。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


本製品で分離・増殖したhASCの細胞形態・増殖能

幹細胞分離基材を使用して、ヒト脂肪組織を本製品(1%ヒト血清添加)で培養した際のhASC(ヒト脂肪由来幹細胞)の増殖を確認した。

培養6日目

BSCM-SP1で増殖したhASC 6日目

培養5~6日目から基材の線維に沿ってoutgrowthしているhASC(ヒト脂肪由来幹細胞)の存在が確認できる。細胞が少ないと見つけるのが難しい。

培養9日目

BSCM-SP1で増殖したhASC 9日目

培養9~10日経過すると、hASCが基材に沿ってoutgrowthしていることがはっきりと確認できる。

培養12日目

BSCM-SP1で増殖したhASC 12日目

培養10~14日経過すると基材全体に増殖する。基材全体の10~20%程度hASCが占めるようになったら基材からhASCを回収する。


特長

  • アルブミンフリー(アニマルフリー)で安全性が高くなっています。
  • ヒト脂肪組織からの脂肪幹細胞の分離・増殖に特化しています。
  • 本製品で分離した脂肪幹細胞は、分化能を維持します。
  • ロット間での性能差が小さくなっています。
  • 培養容器へのコーティングは不要です。
  • 冷蔵保管可能です。
  • 国内製造です。

抗生剤(ペニシリン、ストレプトマイシン、アムホテリシン)は添加済みです。血清(ヒト血清、FBSなど:1~2%程度、別途ご用意)は、ボトルに直接添加せず、培養する都度添加して下さい。
幹細胞分離基材と併せてご使用下さい。

BSCM-SP1製品外観

写真と実際の内容物が異なる可能性があります。


目次に戻る

アルブミンフリー(アニマルフリー)培地とは

間葉系幹細胞培地の安全性

アニマルフリーとはヒト・動物由来原料が含まれていない培地のことで、アルブミンフリーとは、アニマルフリー+組換え体アルブミンが含まれていない培地のことです。ヒトや動物由来原料が培地中に含まれていると、ウイルスへの感染リスクがあるため、それらのリスクを排除した安全性の高い培地となっています。ヒト、動物由来原料以外にも植物や微生物由来原料の使用もできるだけ抑えるためにアルブミンフリーの培地にしています。


目次に戻る

使用例

細胞表面マーカー

BSCM-PL1で培養したhASCの細胞表面マーカー

本製品で分離したhASC(ヒト脂肪由来幹細胞)を、BSCM-PL1 間葉系幹細胞増殖培地で6継代後、細胞表面マーカーの発現を確認した結果、間葉系幹細胞(MSC)に特徴的な表面マーカー(CD105、44、29、73、90)は発現を保持しており、血球系細胞に特徴的な表面マーカー(CD45、14、31)は発現していなかった。


分化能

脂肪細胞

脂肪細胞への分化

Oil Red O染色

骨芽細胞

骨芽細胞への分化

Alizarin Red S染色

軟骨細胞

軟骨細胞への分化

Alcian Blue染色

本製品で分離したhASC(ヒト脂肪由来幹細胞)を、BSCM-PL1 間葉系幹細胞増殖培地で継代した後、脂肪細胞、骨芽細胞、軟骨細胞に分化誘導して染色した結果、各細胞に分化した。


目次に戻る

バイオ未来工房の間葉系幹細胞研究用製品

バイオ未来工房の製品のみで、幹細胞の分離から、各細胞への分化誘導・確認まで可能です。
()内に商品コードが記載されている製品については、製品名をクリックすると各製品の詳細をご覧になれます。

バイオ未来工房の間葉系幹細胞研究用製品

脂肪幹細胞分離キット 間葉系幹細胞分離培地 間葉系幹細胞増殖培地 幹細胞分離基材 脂肪細胞分化誘導キット 骨芽細胞分化誘導キット 軟骨細胞分化誘導キット Oil Red O染色キット Alizarin Red S染色キット Alcian Blue染色キット

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年04月17日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地(アルブミンフリー)
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
ヒト脂肪組織からの脂肪幹細胞の分離・増殖用培地。アルブミンフリー(アニマルフリー)で安全性が高くなっている。※使用時には,別途ご用意の血清を添加して下さい。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18

製品記事 脂肪幹細胞分離キット
関連記事

[在庫・価格 :2024年04月17日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地(アルブミンフリー)

文献数: 0

説明文 ヒト脂肪組織からの脂肪幹細胞の分離・増殖用培地。アルブミンフリー(アニマルフリー)で安全性が高くなっている。※使用時には,別途ご用意の血清を添加して下さい。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18

製品記事 脂肪幹細胞分離キット
関連記事


目次に戻る

関連製品:幹細胞分離基材

少量のヒトの脂肪組織から、細胞外マトリックスを豊富に産生するヒト脂肪幹細胞(hASC)を分離することができる不織布です。
本製品を用いる際には、BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地との組み合わせをお勧めします。


幹細胞分離基材について

幹細胞分離基材上でのhASCの増殖

幹細胞分離基材は、PE-PPの芯鞘構造をもつ不織布にハイドロキシアパタイトを塗布したものです。左写真は、1枚の幹細胞分離基材に米粒大程度のヒト脂肪組織を載せ、専用培地(BSCM-SP1 脂肪幹細胞分離培地)を用いて培養したものです。矢印のように基材の線維に沿ってhASCがoutgrowthされています。これはhASCが分離基材を構成する線維を足場としてoutgrowthできることを利用しています。


幹細胞分離基材の特長

  • 細胞へのダメージを少なく、脂肪幹細胞の分離が可能です。
  • コラゲナーゼ不使用のため、短時間で培養準備ができます。
  • 米粒大程度のヒト脂肪(約0.02 g)、ヒト脂肪吸引破砕物(約0.5 ml)から脂肪幹細胞を分離可能です。
  • 滅菌済みのため、すぐに使用可能です。
  • 分離した脂肪幹細胞は、分化能と細胞表面マーカーを保持します。
幹細胞分離基材拡大写真
幹細胞分離基材外観

幹細胞分離基材の価格

[在庫・価格 :2024年04月17日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
幹細胞分離基材
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
脂肪幹細胞分離キットに入っている分離基材のみの製品。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18
細胞培養・再生医療研究カタログ2021-2022 p.29
ニュース2022年3月15日号 p.20

製品記事 脂肪幹細胞分離キット
関連記事

[在庫・価格 :2024年04月17日 20時55分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

幹細胞分離基材

文献数: 0

説明文 脂肪幹細胞分離キットに入っている分離基材のみの製品。
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18
細胞培養・再生医療研究カタログ2021-2022 p.29
ニュース2022年3月15日号 p.20

製品記事 脂肪幹細胞分離キット
関連記事


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。