HOME> お知らせ> ATCC®ウェビナーのお知らせ
(ウイルス株増殖のヒントとテクニック)

ATCC®ウェビナーのお知らせ
(ウイルス株増殖のヒントとテクニック)

掲載日情報:2022/04/06 現在Webページ番号:68388

ATCC®(メーカー略称:ACC)では 2022年5月13日(金)に,ウイルス株の増殖について無料のウェビナーを開催します。
夜遅い時間になりますが,ぜひご覧いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。
ATCC® ウェビナー一覧についてはこちらをご覧下さい。


ウイルス培養ウェビナー案内

・演題:Tips and Techniques for Propagating your Viral Strains Webinar
・演者:Adria Allen, MS,(Senior Biologist, ATCC®
    Alexander Piccirillo, MS,(Senior Biologist, ATCC®
    Megan Yockey, BS,(Senior Biologist, ATCC®
・言語:英語
・開催日:2022年5月13日(金)1:00 am(日本時間)
・応募方法:応募フォームからご登録下さい。ご登録いただいたメールアドレスに,ウェビナー参加先のURLを記したメールを配信いたします。


ウェビナー要旨

ウイルスは病原性を有する細胞内生物であり,増殖するためには生きた細胞を必要とします。しかしながら,経験豊富なウイルス研究者であっても,異なるウイルス種を培養する際には問題が生じることがあります。ATCC®の製造科学技術(MSAT)ウイルス学部門は,新しいウイルス製品の製造とトラブルシューティングに取り組み,製品改良の研究を行っています。
本ウェビナーでは,MSATのウイルス学者が,ウイルスの増殖に用いられる様々な方法を詳しくご説明し,既存のウイルス製品の品質を向上させるためにATCC®で用いられている基本的な戦略についてご説明します。

キーポイント

  • ATCC®では,いくつかの基本的な増殖法(溶解性,細胞随伴性,持続感染細胞,鶏卵培養法など)でウイルスを培養しています。
  • 複数のツールやプロセスを用いて,多重感染度(MOI)の最適化など,プロトコルの最適化を行っています。
  • ATCC®では,最高品質の製品をお届けするために,各ウイルスの認証と検査を行っています。
  • ATCC®では,トラブルシューティング(マイコプラズマの除去,増殖の失敗,新しい宿主細胞への適応など)のために数多くの戦略を駆使しています。

プレゼン終了後に,ウイルス株増殖に関する皆様の疑問や質問にお答えします。


演者について

Ms.Adria Allen

Adria Allen, MS,(Senior Biologist, ATCC®

Adria Allen is a Senior Biologist in the Manufacturing Science and Technology (MSAT) Virology department of ATCC®. She graduated from Virginia Polytechnic Institute and State University in 2015 with an MS in Public Health with a concentration in infectious disease. Adria honed her microbiology skills as a medical technologist at Quest Diagnostics. She joined MSAT Virology in 2019 and brought with her extensive experience in the isolation, study, manufacturing, and quality control testing of viruses in academic, clinical, and biotechnology settings.


Mr. Alexander Piccirillo

Alexander Piccirillo, MS,(Senior Biologist, ATCC®

Alex Piccirillo is a Senior Biologist in the Manufacturing Science and Technology (MSAT) Virology department at ATCC®. He graduated from George Mason University with an MS in Microbiology and Infectious Diseases. Alex joined MSAT in 2018, where he works hands-on with numerous cell lines and virus strains. Working in MSAT has allowed Alex to further his knowledge and training using innovative tools and technologies while the daily R&D work that MSAT does challenges him to think outside-the-box for troubleshooting problems that occur in the laboratory.


Ms.Megan Yockey

Megan Yockey, BS,(Senior Biologist, ATCC®

Megan Yockey is a Senior Biologist in the Manufacturing Science and Technology (MSAT) Virology department at ATCC®. She graduated from North Carolina State University with degrees in Biochemistry and Chemistry in 2011. Megan joined MSAT Virology in 2019 and brought with her 12 years of research experience in virology and bacteriology, with 3 years of specialized experience working with influenza viruses. Working with ATCC®’s diverse portfolio of bacteria and viruses has given Megan an encyclopedic knowledge of both of these areas of microbiology.


ウェビナーご視聴後,内容に関してのご質問がございましたらフォームからお問い合わせ下さい。

ATCCウェビナーに関するお問い合わせ

© 2022 American Type Culture Collection. The ATCC trademark and trade name, and any other trademarks listed in this publication are trademarks owned by the American Type Culture Collection unless indicated otherwise.

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。