HOME> お知らせ> ATCC®ウェビナーのお知らせ
(がん転移モデルとして優れたEMT / METレポーター細胞株)

ATCC®ウェビナーのお知らせ
(がん転移モデルとして優れたEMT / METレポーター細胞株)

掲載日情報:2022/01/11 現在Webページ番号:68363

ATCC®(メーカー略称:ACC)では 2022年1月28日(金)に,上皮間葉転換レポーターモデルによるがん転移のモデル化について無料のウェビナーを開催します。
夜遅い時間になりますが,ぜひご覧いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。
ATCC® ウェビナー一覧についてはこちらをご覧下さい。


ATCC上皮―間葉転換レポーターモデルウェビナー案内

・演題:EMT Reporter Cell Lines: Migrating to Better Models of Transition
・演者:Diana Douglas, BS,(Senior Biologist, ATCC®
    Sangeeta Kumari, MS,(Senior Biologist, ATCC®
・言語:英語
・開催日:2022年1月28日(金)2:00 am(日本時間)
・応募方法:応募フォームからご登録下さい。ご登録いただいたメールアドレスに,ウェビナー参加先のURLを記したメールを配信いたします。
EMT Reporter Cell Lineの詳細についてはこちらをご覧下さい。


ウェビナー要旨

上皮間葉転換(Epithelial-to-mesenchymal transition:EMT)と,その逆の現象の間葉上皮転換(Mesenchymal-epithelial transition:MET)は,腫瘍細胞の移動と浸潤に関与する生理的なメカニズムです。
転移研究に有用な高度な生物学的モデルを研究者に提供するために,ATCC®はCRISPR/Cas9技術を用いて,数多くのEMTおよびMETレポーター細胞株を作製しました。これらのレポーター細胞株は,赤色蛍光タンパク質(RFP)タグ融合ビメンチンや緑色蛍光タンパク質(GFP)融合E-カドヘリンの発現により,細胞の上皮から間葉系への移行(またはその逆)をリアルタイムにモニタリングすることができます。
本ウェビナーでは,気道,大腸,乳腺,膵臓の細胞株から得られたEMT / METモデルの概要を説明し,その開発と検証において得られた転換についての幅広いデータをご紹介します。

キーポイント

  • ATCC®では,CRISPR/Cas9を用いて,多数のEMTおよびMETレポーターのノックイン細胞株を作製した。
  • VIM-RFPおよびECAD-GFPについて,ノックイン遺伝子の完全性を,ゲノム,mRNA,およびタンパク質レベルで検証した。
  • EMT / METアゴニストでの刺激による形態変化,内在性レポーター発現,マーカー発現,浸潤など,転換についての詳細なデータが得られた。

演者について

Ms.Diana Douglas

Diana Douglas, BS,(Senior Biologist, ATCC®

Diana Douglas is a Senior Biologist at ATCC®. For the last four years, she has focused her research on the development of advanced biological models via CRISPR/Cas9 gene-editing technology. Previously, Ms. Douglas worked at the Baker Institute for Animal Health at Cornell University and the Dalton Cardiovascular Research Center at the University of Missouri, where her research focused on the mechanisms of necrotic cell death in heart disease. Ms. Douglas attended Truman State University where she obtained a Bachelor of Science in Biology.


Ms.Sangeeta Kumari

Sangeeta Kumari, MS,(Senior Biologist, ATCC®

Sangeeta Kumari is a Senior Biologist in the Research and Development department at ATCC®. In the past several years, she optimized and employed the CRISPR/Cas9 genome-editing platform to generate new advanced cancer model cell lines for biopharma and basic research. Previously, Ms. Kumari worked at the Food Drug and Administration, National Institutes of Health, and University of Virginia. Throughout her research career, she has authored many scientific publications and made significant contributions in the areas of biomedical research. Ms. Kumari received her Master of Science in Bioinformatics degree from the University of Maryland and Bachelor of Arts in Biology degree from the University of Virginia.


ウェビナーご視聴後,内容に関してのご質問がございましたらフォームからお問い合わせ下さい。

ATCCウェビナーに関するお問い合わせ

© 2022 American Type Culture Collection. The ATCC trademark and trade name, and any other trademarks listed in this publication are trademarks owned by the American Type Culture Collection unless indicated otherwise.

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。