HOME> 試薬> 神経/イオンチャネル> 神経生理> ニューロン染色用試薬> NEUROBIOTIN® Tracerシリーズ

神経細胞染色用トレーサー NEUROBIOTIN® Tracerシリーズ

掲載日情報:2020/06/08 現在Webページ番号:6811

NEUROBIOTIN® Tracerは神経の細胞内染色に有用なビオチンのアミノ誘導体です。Biocytinなどの一般的なトレーサーと比較して水溶性が高く、導入効率に優れています。

製品の種類

品名をクリックすると製品の詳細、使用例の画像をクリックすると拡大図、商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

品名 NEUROBIOTIN® NEUROBIOTIN® Plus NEUROBIOTIN® 350 NEUROBIOTIN® 488
使用例 SP-1120の使用例拡大図 SP-1150の使用例拡大図 SP-1155の使用例拡大図
SP-1125の使用例-2 SP-1125の使用例-3 SP-1125の使用例-4
商品コード SP-1120 SP-1150 SP-1155 SP-1125
標識物質 ビオチン ビオチン青色蛍光色素
(AMCAやAlexa Fluor® 350に類似)
ビオチン緑色蛍光色素
(Cy2やAlexa Fluor® 488に類似)
製品概要 ABCシステムにより検出可能。 脳組織中のbiotinidase活性の影響を受けず、低分子量で溶解性が高いため、トレーサーとして長時間使用可能。 リンカーは、biotinidase活性に対する耐性を有する。
蛍光顕微鏡下で観察可能。
蛍光顕微鏡下で観察可能。
パッチクランプ法での使用実績もある。
製品データシート pdf※最新のデータシートでない場合があります pdf※最新のデータシートでない場合があります pdf※最新のデータシートでない場合があります pdf※最新のデータシートでない場合があります


目次に戻る

特長

  • 化学式:N-(2-Aminoethyl) Biotinamide Hydrochloride
  • 細胞内に長く留まりますが、細胞毒性はありません。
  • ホルマリンまたはグルタールアルデヒドで固定するため、免疫染色と併用できます。
  • 検出はアビジンービオチンシステムを利用するため、発色と蛍光のいずれでも観察可能です。
  • マイクロインジェクションによる導入のほか、電極を用いた細胞内記録法における記録細胞の染色に使用できます。

製品の種類へ

目次に戻る

参考文献

Kita, H., Armstrong, W., "A biotin-containing compound N-(2-aminoethyl)biotinamide for intracellular labeling and neuronal tracing studies: comparison with biocytin", J. Neurosci. Methods, 37 (2), 141~150 (1991). [PMID:1715497]

製品の種類へ

目次に戻る

操作方法概略(脳スライス標本の場合)

  1. 記録電極の作製
    ミクロフィラメントの入ったガラスキャピラリー(外径:1~2 mm)を牽引し、記録電極を作製する。これに電極内液として2%NEUROBIOTIN® Tracer/1.0 Mメチル硫酸カリウム(または1.0 M塩化カリウム)溶液を充填させる。
  2. 細胞内への導入
    脳スライス標本中のニューロンに記録電極を刺入し、脱分極性の矩形波を2~10分間通電することによりNEUROBIOTIN® Tracerを細胞内に拡散させる。
  3. 切片の作製
    脳スライス標本を4%PFAで一晩固定し、Vibratomeで薄切するか凍結切片(40μm)を作製する。PBSで洗浄後、0.4%Triton-X100/PBS溶液で1~2時間処理する。
  4. 各種染色法による検出

    ・VECTASTAIN ABC試薬+DAB基質(発色による観察)
    ・アビジン+酵素標識ビオチン+DAB基質(発色による観察)
    ・蛍光標識アビジン(蛍光による観察)

製品の種類へ

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年05月20日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
NEUROBIOTIN Tracer
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
N-(2-aminoethyl) biotinamide hydrochloride,神経細胞間のマッピングに有用なビオチンのアミノ誘導体。ホルマリンやグルタルアルデヒドで固定可能。ABCシステムにより検出可能。SKU:SP-1120-50
法規制等
保存条件 4℃,乾燥状態(デシケータ内)で保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年6月15日号 p.30
免疫染色実験ガイド2019-2020 p.209
ニュース2023年8月合併号 p.31

製品記事 神経科学特集
関連記事
Neurobiotin-Plus
中止
本製品は取扱中止になりました 0
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事
Neurobiotin 350
中止
本製品は取扱中止になりました 0
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事
Neurobiotin 488
中止
本製品は取扱中止になりました 0
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事

[在庫・価格 :2024年05月20日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

NEUROBIOTIN Tracer

文献数: 0

説明文 N-(2-aminoethyl) biotinamide hydrochloride,神経細胞間のマッピングに有用なビオチンのアミノ誘導体。ホルマリンやグルタルアルデヒドで固定可能。ABCシステムにより検出可能。SKU:SP-1120-50
法規制等
保存条件 4℃,乾燥状態(デシケータ内)で保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2022年6月15日号 p.30
免疫染色実験ガイド2019-2020 p.209
ニュース2023年8月合併号 p.31

製品記事 神経科学特集
関連記事

Neurobiotin-Plus

文献数: 0

  • 商品コード:SP-1150
  • メーカー:VEC
  • 包装:5mg
  • 本製品は取扱中止になりました

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事
中止

Neurobiotin 350

文献数: 0

  • 商品コード:SP-1155
  • メーカー:VEC
  • 包装:2mg
  • 本製品は取扱中止になりました

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事
中止

Neurobiotin 488

文献数: 0

  • 商品コード:SP-1125
  • メーカー:VEC
  • 包装:2mg
  • 本製品は取扱中止になりました

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事 神経科学特集
関連記事
中止



目次に戻る

Check it out ! 神経細胞トレーサーPHA-L

PHA-Lはインゲンマメ凝集素で、神経突起特異的な順行性輸送型(anterograde)トレーサーです。取り込まれたPHA-Lは抗PHA-L抗体とABCシステムにより光学顕微鏡で検出できます。




黒質線条体の末端の染色像

黒質線条体の末端の染色像

価格

[在庫・価格 :2024年05月20日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Phaseolus vulgaris Leucoagglutinin <PHA-L>
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
インゲンマメ凝集素。神経突起特異的な順行性輸送型(anterograde)トレーサー。取り込まれたPHA-Lは抗PHA-LとABCシステムにより光学顕微鏡で検出可能。SKU:L-1110-5
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ 免疫染色実験ガイド2019-2020 p.207

製品記事 標識・非標識レクチン(Vector Laboratories社)
免疫化学実験用レクチン(Vector社)
神経科学特集
関連記事

[在庫・価格 :2024年05月20日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Phaseolus vulgaris Leucoagglutinin <PHA-L>

文献数: 0

説明文 インゲンマメ凝集素。神経突起特異的な順行性輸送型(anterograde)トレーサー。取り込まれたPHA-Lは抗PHA-LとABCシステムにより光学顕微鏡で検出可能。SKU:L-1110-5
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ 免疫染色実験ガイド2019-2020 p.207

製品記事 標識・非標識レクチン(Vector Laboratories社)
免疫化学実験用レクチン(Vector社)
神経科学特集
関連記事

製品の種類へ



目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。