HOME> 試薬> 免疫化学> 抗体の作製> 抗体の精製> KANEKA KanCap™シリーズ
HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> クロマトグラフィー> アフィニティクロマトグラフィー用試薬> KANEKA KanCap™シリーズ

抗体のアフィニティ精製用レジン KANEKA KanCap™シリーズ

掲載日情報:2020/09/17 現在Webページ番号:67170

天然のProtein Aなどを改変し,抗体への親和性を高めたアフィニティ精製用レジン(担体)です。KanCap™レジンを充填したアフィニティ精製用カラムと担体のみ(バルクレジン)タイプがあります。

KANEKA KanCapプレパックカラム

KANEKA KanCap™プレパックカラムの製品イメージ

KanCap™のリガンド設計について

KanCapA™

天然型のProtein A のC末端ドメインは,抗体のFc領域だけでなく,Fab領域にも結合します。Protein Aが抗体のFc領域とFab領域の両方に結合している場合,抗体を溶出するには,酸性度の高い溶液が必要となります。KanCapA™は,遺伝子改変したProtein AのCドメインを五量体化させたタンパク質で,高アルカリ耐性を有し,Fab(Fragment Antigen Binding)への結合能が減少しています。そのためマイルドな条件での抗体の溶出が可能となります。

KanCapAのリガンド設計について

天然型Protein AとKanCapA™の違い

KanCap™G

リガンドの選択は,複数のProtein G変異体をスクリーニングすることによって行われました。
KANEKA KanCap™GのProtein Gリガンドは,CH1領域に対して高い結合親和性を持っています。

KanCapGのリガンド設計について

KanCap™Gのリガンド設計のイメージ

KanCap™L

最も広い結合スペクトルとFabへの最高の結合親和性を有するリガンドの選択は,複数のProtein L変異体をスクリーニングすることによって行われました。

KanCapLのリガンド設計について

野生型Protein LとKANEKA KanCap™LのProtein Lの異なる抗体フラグメントに対する親和性の比較



目次に戻る

KANEKA KanCap™シリーズの特長

品名をクリックすると製品の詳細をご覧いただけます。

KANEKA KanCap™シリーズ 担体タイプ リガンドが結合する
抗体の領域
精製タンパク質のタイプ 特長
KANEKA KanCapA™ 3G 改変型Protein A ・Fc領域 ・Fc領域を有する抗体
・Fc融合タンパク質の精製
・モノクローナル抗体
・高純度・高収率
KANEKA KanCapA™ ・高いアルカリ耐性
・マイルドな溶出pH
KANEKA KanCap™G 改変型Protein G ・CH1領域
・Fc領域
・ヒトFab断片
・ヒトF(ab')2 断片
・完全長ヒト抗体
・Fc領域やFc融合タンパク質の精製にも使用可能
・抗体フラグメントの精製が可能
KANEKA KanCap™L 改変型Protein L ・VL 領域 ・κ軽鎖を持つ抗体
・scFv,diabody、Fab、F(ab')2断片
・完全長ヒト抗体
・より広い選択性
・抗体フラグメントの精製が可能
KNK-67170-6-Antigen-binding-site.jpg

ヒト抗体の構造イメージ



目次に戻る

KANEKA KanCap™製品タイプ

製品タイプ プレパックカラム RoboColumn Handy Column バルクレジン
仕様 KanCap™を充填したアフィニティ精製用カラム 精製用カラムを8個並べたタイプ 少容量精製用カラム 担体のみのタイプ
プレパックカラム
1 ml:8 mm I.D.×20 mmH
5 ml:8 mm I.D.×100 mmH
RoboColumn Handy Column
1 ml:7 mm I.D.×25 mmH
5 ml:16 mm I.D.×25 mmH
バルクレジン


目次に戻る

KANEKA KanCap™製品ラインナップ

品名をクリックすると製品の詳細を,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名 KANEKA KanCapA™ 3G KANEKA KanCapA™ KANEKA KanCap™G KANEKA KanCap™L
製品タイプ 包装 商品コード
プレパックカラム 1 ml KPA03-C001 KPA02-C001 KPG01-C001 KPL01-C001
1 ml×3個 KPA03-C001-3P KPA02-C001-3P KPG01-C001-3P KPL01-C001-3P
1 ml×5個 KPA03-C001-5P KPA02-C001-5P KPG01-C001-5P KPL01-C001-5P
5 ml KPA03-C005 KPA02-C005 KPG01-C005 KPL01-C005
RoboColumn 8列×200μl KPA03-S200 KPA02-S200 KPL01-S200
8列×600μl KPA03-S600 KPA02-S600 KPL01-S600
Handy Column 1 ml KPA02-P001 KPG01-P001 KPL01-P001
1 ml×3個 KPA02-P001-3P KPG01-P001-3P KPL01-P001-3P
1 ml×5個 KPA02-P001-5P KPG01-P001-5P KPL01-P001-5P
5 ml KPA02-P005 KPG01-P005 KPL01-P005
バルクレジン 25 ml KPA03-B025 KPA02-B025 KPG01-B025 KPL01-B025


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。