HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> 新型コロナウイルス感染に起因するサイトカインストームのモニタリング用製品
HOME> 試薬> 抗体アレイ/タンパク質アレイ> 抗体アレイ> 新型コロナウイルス感染に起因するサイトカインストームのモニタリング用製品
HOME> 試薬> 免疫化学> フローサイトメトリー> フローサイトメトリー用試薬> 新型コロナウイルス感染に起因するサイトカインストームのモニタリング用製品

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2/COVID-19)研究用キット:ELISA, Array, Luminex Assay Kit 新型コロナウイルス感染に起因するサイトカインストームのモニタリング用製品

掲載日情報:2020/07/31 現在Webページ番号:67142

R&D Systems社のSARS-CoV-2感染後のサイトカイン応答をモニタリングするためのイムノアッセイキット製品をご紹介します。定性的または定量的な結果が必要な場合,試料量が限られている場合,あるいは単一または複数の分析物測定が必要な場合でも,試料中のサイトカインの検出に最適な製品を見つけることができます。

新型コロナウイルス研究用キット

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。
新型コロナウイルス(COVID-19) SARS-CoV-2 組換え体タンパク質製品については,「新型コロナウイルス(COVID-19) SARS-CoV-2 Proteins」をご覧下さい。


サイトカインストーム研究用キット製品ラインナップ

シリーズ名をクリックすると製品の詳細を,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

シリーズ名 Proteome Profiler
Array Kit

Proteome Profilerイメージ
Luminex®
Performance Assay

Luminexイメージ
Quantikine
ELISA Kit

Quantikineイメージ
Quantikine HS
ELISA Kit

Quantikine HSイメージ
QuicKit
ELISA Kit

QuicKitイメージ
DuoSet
ELISA Kit

DuoSetイメージ
フォーマット メンブレン 磁性蛍光ビーズ 96ウェルプレート 96ウェルプレート 96ウェルプレート 96ウェルプレート
測定 複数因子を
定性検出
(化学発光)
複数因子を
蛍光定量
(Luminex®システム)
一因子を
比色定量
(スタンダードタイプ)
一因子を
比色定量
(高感度タイプ)
一因子を
比色定量
(短時間測定タイプ)
一因子を
比色定量
(構築タイプ)
測定因子 CCL2/MCP-1 ARY005B
ARY022B
FCSTM18
FCSTM09
FCSTM14
FCSTM21
LKTM008
DCP00 DY279
CCL3/MIP-1α DMA00 DY270
CXCL10/IP-10 DIP100 QK266 DY266
G-CSF DCS50 HSTCS0 QK214 DY214
IL-1β/IL-1F2 DLB50 HSLB00D QK201 DY201
IL-2 D2050 HS200 QK202 DY202
IL-6 D6050 HS600C QK206 DY206
IL-8/CXCL8 D8000C HS800 DY208
IL-10 D1000B HS100C DY217B
TNF-α DTA00D HSTA00E QK210 DY210


目次に戻る

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2, COVID-19)感染に起因するサイトカインストームとは

サイトカイン(炎症性サイトカインを含む)は,様々な細胞によって放出され,細胞間コミュニケーションの役割を果たすシグナルタンパク質です。免疫系において,サイトカインは免疫反応や炎症反応を調節します。ウイルス感染時に,免疫の過剰反応は,免疫細胞の過剰集積や炎症性サイトカインの過剰産生を起こすことがあり,このプロセスは,一般的にサイトカインストーム(Cytokine Storm),またはサイトカイン放出症候群(CRS)と呼ばれ,ショック症状や播種性血管内凝固症候群(DIC)から多臓器不全へと進行する可能性が高くなります。

CSSとCRSの相関図

参考文献
Journal for ImmunoTherapy of Cancer, 6:56 (2018).
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1968

SARS-CoVとMERS-CoVの感染症では,肺に炎症性細胞浸潤がみられ,炎症性サイトカインが上昇していることが多く,急性肺損傷(ALI)や急性呼吸窮迫症候群を引き起こします。重症化すると,肺の局所的な炎症部位に二次感染を起こし,敗血症を引き起こすこともあります。肺感染症とそれに続いて敗血症を発症した患者の血漿サイトカインプロファイルでは,Tumor necrosis factor-α(TNF-α),IL-β/IL-1F2,IL-8/CXCL8,CCL2/MCP-1が増加し,その後,IL-6が持続的に増加していました。 また,代償的に免疫系が炎症を制御するため,IL-10の増加が続いて観察されます。

最近の疫学研究では,SARS-CoV-2感染時,炎症性サイトカインの上昇と疾患の重症度が相関していることが指摘されています。SARS-CoV-2感染患者では,高レベルのIL-1β,IFN-γ,CXCL10/IP-10,および CCL2/MCP-1が観察されています。さらに,重症患者は,軽症患者に比べ,血漿炎症性因子 (IL-2, IL-7, IL-10, G-CSF, CXCL10/IP-10, CCL2/MCP-1, CCL3/MIP-1α, TNF-α) レベルが高くなっています。これらの報告は,SARS-CoVやMERS-CoVの感染者と同様に,COVID-19患者のサイトカインレベルと肺病変の重症度が相関している可能性を示唆しています。

従って,重症患者の炎症因子を解析することは,病状の進行状態や疾患の傾向のモニタリング,予後の評価,治療の研究に役立ちます。R&D Systems社の抗体とタンパク質が,すべてのBio-Techneイムノアッセイキットの中核となっています。68,000を超える文献引用と,ゴールドスタンダードのQuantikine ELISA Kitの基礎となる専門知識に裏打ちされており,信頼性の高い結果を初回からそして継続して提供します。



目次に戻る

Proteome Profiler Array Kit

試料中に存在する複数の因子の相対的な発現レベルを,同時に検出できる抗体アレイキットです。キットには,特異性の高い抗体をスポットした4枚のニトロセルロースメンブレンアレイ,各種バッファーおよび検出抗体などが含まれています。論文中にも多く引用され,高評価を得ているProteome Profiler Array Kitはウイルス感染後のサイトカイン状態を観察するのに最適です。

製品の詳細は,「Proteome Profiler Cytokine Antibody Array Kit」をご覧下さい。

Proteome Profiler Array Kitの操作法概略

試料とビオチン標識抗サイトカイン抗体カクテルをインキュベートした後,これをメンブレンと反応させ,ストレプトアビジン標識HRP と化学発光基質により検出します。

■使用例

Proteome Profiler Array Kit #ARY022Bの図

THP-1ヒト急性単球性白血病細胞をRecombinant Human IFN-γ(#285-IF)で16時間処理後,LPSで8時間処理し,未処理細胞と比較した。未処理細胞と処理細胞のライセートをProteome Profiler Human XL Cytokine Antibody Array(#ARY022B)を用いて105種類のサイトカインで検出(A図)し,未処理細胞(オレンジ色)と処理細胞(青色)の解析結果をヒストグラム化(B図)した。

Proteome Profiler Array Kit #ARY005Bの図

THP-1ヒト急性単球性白血病細胞をLPSで4時間処理後,選択的なK+ ionophore Nigericin(#4312)で処理し,未処理細胞と比較した。未処理細胞と処理細胞のライセートをProteome Profiler Human Cytokine Antibody Array(#ARY005B)を用いて36種類のサイトカインで検出(A図)し,未処理細胞(オレンジ色)と処理細胞(赤色)の解析結果をヒストグラム化(B図)した。

■製品ラインナップ

商品コードをクリックすると,各製品の価格表がご覧いただけます。

品名測定可能な因子数商品コード
Human XL Cytokine Array Kit 105 ARY022B
Adiponectin/Acrp30, Angiogenin, Angiopoietin-1, Angiopoietin-2, Apolipoprotein A1, BAFF/BLyS/TNFSF13B, BDNF, CCL2/JE/MCP-1, CCL3/CCL4 (MIP-1α/MIP-1β), CCL5/RANTES, CCL-7/MCP-3, CCL17/TARC, CCL19/MIP-3β, CCL20/MIP-3α, CD14, CD30, CD40/TNFRSF5, Chitinase 3-like, Complement Component C5/C5a, Complement Factor D, CRP, Cripto-1, CXCL1/GROα, CXCL4/PF4, CXCL5/ENA-78, CXCL9/MIG, CXCL10/IP-10, CXCL11/I-TAC, CXCL12/SDF-1α,Cystatin C, Dkk-1, DPPIV/CD26, EGF, EMMPRIN, Endoglin/CD105, Fas Ligand, FGF basic/FGF2/bFGF, FGF-19, Flt-3 Ligand, G-CSF, GDF-15, GM-CSF, Growth Hormone, HGF, ICAM-1/CD54, IFN-γ, IGFBP-2, IGFBP-3, IL-1α/IL-1F1, IL-1β/IL-1F2, IL-1ra/IL-1F3, IL-2, IL-3, IL-4, IL-5, IL-6, IL-8, IL-10, IL-11, IL-12 p70, IL-13, IL-15, IL-16, IL-17A, IL-18 BPz, IL-19, IL-22, IL-23, IL-24, IL-27, IL-28, IL-31, IL-32α/β/γ, IL-33, IL-34, Kallikrein 3/PSA, KGF/FGF-7, Leptin, LIF, Lipocalin-2/NGAL, M-CSF, MIF, MMP-9, Myeloperoxidase, Osteopontin (OPN), PDGF-AA, PDGF-AB/BB, Pentraxin 3/TSF-14, RAGE, RBP4, Relaxin-2, Resistin, Serpin E1/PAI-1, SHBG, ST2/IL-1 R4, TFF3, TfR, TGF-α,Thrombopoietin, TIM-1/KIM-1/HAVCR, TNF-α, uPAR, VCAM-1/CD106, VEGF, Vitamin D BP
Human Cytokine Array Kit 36 ARY005B
CCL1/I-309, CCL2/MCP-1, CCL3/CCL4 (MIP-1α/MIP-1β), CCL5/RANTES, CD40 Ligand/TNFSF5, CXCL1/GROα, CXCL8/IL-8, CXCL10/IP-10, CXCL11/I-TAC, CXCL12/ SDF-1α, G-CSF, GM-CSF, ICAM-1/CD54, IFN-γ, IL-1α/IL-1F1, IL-1β/IL-1F2, IL-1ra/IL-1F3, IL-2, IL-4, IL-5, IL-6, IL-8, IL-10, IL-12 p70, IL-13, IL-16, IL-17, IL-17E/IL-25, IL-18, IL-21, IL-27, IL-32α, MIF, Serpin E1/PAI-1, TNF-α, TREM-1


目次に戻る

Luminex® Performance Assay Kit

磁性ビーズベースのマルチプレックスアッセイ用キットです。ヒト試料中に含まれるサイトカインやホルモンなど複数の因子を,Luminex®システムを用いて同時に検出できるキットです。約350種類の中から任意で50(磁性ビーズ)種類まで選択可能なカスタムオーダー製品です。

研究の初期段階で必要なスクリーニングをマルチプレックスアッセイで行えます。初期スクリーニング後には,最も高精度のLuminex High Performance panelsでさらに検証を進めることができます。カスタマイズアッセイで,抗ウイルスサイトカインの検出,サイトカイン放出症候群やサイトカインストームの検証,T細胞の活性化などの研究にご利用いただけます。

検出にはLuminex® 100 / 200,もしくはBio-Rad Bio-Plex,およびソフトウェアが必要です。
製品の詳細は,「Human Luminex® Performance Assay Kit in the Magnetic Bead Format (#FCSTM) 」をご覧下さい。

Proteome Profiler Array Kitの操作法概略

測定対象を捕捉した磁性ビーズが,ウェルの底面にモノレイヤーとして固定され,波長の異なるLEDを照射することによって,測定対象の種類を同定し,シグナル強度を測定します。

■使用例

Luminex Th1/Th2 Discovery LKTM008 A図 Luminex Th1/Th2 Discovery LKTM008 B図

活性化Th1およびTh2細胞培養上清中のサイトカインの定量

MagCellect Human CD4+ T Cell Isolation Kit(#MAGH102)を用いて,CD4+ T細胞を末梢血単核細胞(PBMC)から分離した。
NT:未処理細胞
Th1への分化誘導:Recombinant Human IL-2(#202-IL), Recombinant Human IL-12(#219-IL), Mouse Anti-Human IL-4 Monoclonal Antibody(#MAB304)で処理し,固相化Mouse Anti-Human CD3ε Monoclonal Antibody(#MAB100)および可溶性Mouse Anti-Human CD28 Monoclonal Antibody(#MAB342)で活性化した。
Th2への分化誘導:Recombinant Human IL-2(#202-IL)で処理し,Phytohemagglutinin-L(PHA)で活性化した。
刺激されたすべての細胞は,PMA(#1201)(10 ng/ml)とIonomycin calcium salt(#1704)(500 ng/ml)で活性化後24時間処理し,細胞培養上清を(#LKTM008)を用いて解析した。
+:検量線範囲の上限値を超えた値,●:サイトカイン刺激濃度

■製品ラインナップ

商品コードをクリックすると,各製品の価格表がご覧いただけます。

品名測定可能な因子数商品コード
Human XL Cytokine High Performance Panel 45 FCSTM18
CCL2/JE/MCP-1, CCL3/MIP-1α, CCL4/MIP-1β, CCL5/RANTES, CCL11/Eotaxin, CCL19/MIP-3β , CCL20/MIP-3α, CD40 Ligand/TNFSF5, CX3CL1/Fractalkine, CXCL1/GROα/KC/CINC-1, CXCL2/GROβ/MIP-2/CINC-3, CXCL10/IP-10, FGF basic/FGF2/bFGF, Flt-3 Ligand/FLT3L, G-CSF, GM-CSF, Granzyme B, IFN-α/IFNA2, IFN-β, IFN-γ, IL-1α/IL-1F1, IL-1β/IL-1F2, IL-1ra/IL-1F3, IL-2, IL-3, IL-4, IL-5, IL-6, IL-7
Human High Sensitivity Cytokine Panel A 12 FCSTM09
GM-CSF, IFN-γ, IL-1β/IL-1F2, IL-2, IL-4, IL-5, IL-6, IL-8/CXCL8, IL-10, IL-12 p70, TNF-α, VEGF
Human High Sensitivity Cytokine Panel B 17 FCSTM14
GM-CSF, IFN-γ, IL-1β/IL-1F2, IL-2, IL-5, IL-6, IL-7, IL-13, IL-15, IL-17A, IL-17F, IL-22, IL-23, IL-31, IL-33, IL-36β, TNF-α
Human Fixed Th1/Th2 Discovery 11-plex 11 LKTM008
GM-CSF, IFN-γ, IL-1β/IL-1F2, IL-2, IL-4, IL-5, IL-6, IL-10, IL-12 p70, IL-13, TNF-α
NHP XL Cytokine High Performance Panel 35 FCSTM21
BDNF, CCL2/MCP-1, CCL5/RANTES, CCL11/Eotaxin, CCL20/MIP-3α, CD40 Ligand/TNFSF5, CXCL2/GROβ, CXCL10/IP-10, CXCL11/I-TAC, CXCL13/BLC, FGFbasic/ FGF2/bFGF, G-CSF, GM-CSF, Granzyme B, IFN-α, IFN-β, IFN-γ, IL-1β/IL-1F2, IL-2, IL-4, IL-5, IL-6, IL-7, IL-8/CXCL8, IL-10, IL-12 p70, IL-13, IL-15, IL-17A, IL-21, PDGF-AA, PDGF-BB, PD-L1, TGF-α, TNFα


目次に戻る

Quantikine / QuicKit / DuoSet ELISA Kit

R&D Systems社30年以上にわたって,イムノアッセイキットの開発,評価,最適化を行っています。そのELISAキットは世界中の研究者に最も信頼され,最も多く論文に引用されています。現在,700の測定対象,12種の生物種対応キットを取りそろえています。
各ELISAキットは,最適化されたサンドイッチELISA法で測定します。

Quantikine ELISA外観イメージ

Quantikine / Quantikine HS ELISA Kit
世界中の研究者に使用されている定番キットで,必要な試薬がすべて含まれています。
多数の使用文献があり,バリデーションデータも豊富です。

QuicKit ELISA外観イメージ

QuicKit ELISA Kit
必要な試薬がすべて含まれており,少ない操作ステップで素早く,わずか90分で測定できます。

DuoSet ELISA外観イメージ

DuoSet ELISA Kit
お客様自身でELISAを組み立てるシステムです。
Capture antibody,Detection antibody,Standard,およびStreptavidin-HRPで構成されています。

1キットで,複数プレート分(2 plates/5 plates/15 plates)の試薬が含まれており経済的です。

■標準曲線の例

IL-6 Quantikine ELISA標準曲線

Human IL-6 Quantikine ELISA (Serum/Plasma)(#D6050

IL-6 Quantikine QuicKit ELISA標準曲線

Human IL-6 Quantikine QuicKit ELISA(#QK206

Human IL-6 DuoSet ELISA標準曲線1

Human IL-6 DuoSet ELISA(#DY206

■製品ラインナップ

商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

シリーズ名 Quantikine
ELISA

Quantikineイメージ
Quantikine HS
ELISA

Quantikine HSイメージ
QuicKit
ELISA

QuicKitイメージ
DuoSet
ELISA

DuoSetイメージ
特長 使用論文が多数!
Publishedイメージ
高感度タイプ
Sensitivityイメージ
測定時間が約90分
Fastイメージ
経済的タイプ
Ecoイメージ
測定因子 CCL2/MCP-1 DCP00 DY279
CCL3/MIP-1α DMA00 DY270
CXCL10/IP-10 DIP100 QK266 DY266
G-CSF DCS50 HSTCS0 QK214 DY214
IL-1β/IL-1F2 DLB50 HSLB00D QK201 DY201
IL-2 D2050 HS200 QK202 DY202
IL-6 D6050 HS600C QK206 DY206
IL-8/CXCL8 D8000C HS800 DY208
IL-10 D1000B HS100C DY217B
TNF-α DTA00D HSTA00E QK210 DY210

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。