HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子工学・植物工学> ベクター構築> Minicircle作製受託サービス

長期間発現可能な発現システム Minicircle作製受託サービス

掲載日情報:2013/07/22 現在Webページ番号:6612

目的遺伝子などを発現するMinicircleを作製する受託サービスです。

Minicircle作製用製品についてはフナコシホームページをご覧下さい。


MEMO

Minicircleとは


Minicircle(MC)は非ウイルス性のDNAで,ΦC31を介した分子内組換えにより,元となるプラスミド(Parental Plasmid)DNAから作製されます。通常のプラスミドDNAと異なりバクテリア由来の複製開始点や抗生物質耐性遺伝子を有していません。また,メチル化やサイレンシングなどの影響を受けないため,Minicircleからの発現は長期間に渡って持続します。


特  長

  • 作製したMinicircleは,ウイルスを用いずにReady-to-useでそのままトランスフェクションに使用でき,宿主細胞のゲノムに組み込まれることもありません。
  • 作製したMinicircleは,in vivoおよびin vitroでのトランスフェクションに使用できます。
  • Minicircleによるタンパク質発現は,通常のプラスミドを用いた場合よりも,高効率かつ長期間(最大14日間)に持続します。
  • 元となるプラスミド(Parental Plasmid)や,Minicircleに組み込まれないバックボーン部分の混入がなく,免疫応答を引き起こす恐れはありません。
  • System Biosciences社の有する幅広いParental Plasmidのラインナップから,最適なものをご選択できます。
  • Minicircle作製用製品と異なり,企業(Commercial Entities)にご所属の方でも研究目的に用いる場合は,受託サービスを承ります。

in vivoでの目的遺伝子の長期間発現

目次に戻る

選択可能な項目

目的配列の種類:cDNA,shRNA,miRNA

プロモーターの選択:CMV,EF1a,(IRES:バイシストロニック発現)

マーカーの選択:GFP,RFP

目的配列を挿入したプラスミドDNAの米国への送料を別途申し受けます。
詳細は当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

ご注文方法/価格

詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。