フナコシニュース連載企画 「FRONTIERS」 Pop-Bio Imaging社の紹介

掲載日情報:2018/10/01 現在Webページ番号:66034

Frontiers

Vol.38 過去の常識を打ち破り,新しいアイデアと技術で,ゲル撮影装置の新時代を築く

世界で唯一のゲル・イメージングシステムVü System(ビュー・システム)を開発したPop-Bio Imaging社の方にお話を伺いました。

Pop-Bio Imaging社の紹介

Pop-Bio Imaging の母体となる会社“Pop-Bio 社”は,2016年11月にEng Lim Law 氏とPaul Ellwood 氏により設立されました。元々は機器を製造する会社ではなく,マレーシアに拠点を置く関連メーカーの試薬や消耗品を,ヨーロッパ市場に展開する代理店業をしていました。そして今回,機器メーカーとしてスタートを切ったわけです。
さて,ゲル・イメージングシステムというと,ご存知の通り,市場には様々な製品が溢れていますが,どれも価格・性能に大差はありません。基本的に,どのシステムもCCD カメラを搭載していますが,CCD カメラとレンズを使う限り,微弱な光を捉える「感度」と「電子ノイズ」の問題がつきまとってきます。また,ノイズを減らすためには,取り付けスペースの問題から,高額なペルティエ冷却システムでCCD を冷却するのが有効なのですが,製品価格の上昇に繋がるという次の問題が出てきます。


CCDカメラを使用しないシステム開発への情熱

この混迷状況にメスを入れたのがPaul Ellwood 氏です。Paulは,ゲル・ドキュメンテーション分野で30 年以上の経験と実績を積んできました。そして2016 年から,従来のゲルイメージング方式に代わる新技術の開発に着手しました。
“CCD カメラを使わないシステムを開発したい。従来のCCDベースのシステムと同程度の性能でも,より簡単に使えて,コストも抑えられるシステムを作りたい”
Paulはこの目標に向かって開発を続け,2018年,ついに目標を達成しました。


革新的なVu System

新しいイメージングシステムVüは,最大感度を得るために高感度センサーを被写体に近接させ,高価なレンズや大型フィルターを省くことに成功しました。また,高感度センサーを自動制御ソフトウェアで駆動させ,「高感度」と「低ノイズ」を両立させることにも成功しました。センサー・ソフトウェアおよびソフトウェアにより制御されるプロセスは,特許出願中です。そのため,他社からの類似製品は,しばらくは登場することはありません。


ドイツの展示会で大成功

2018年4月にミュンヘンで開催された機器の見本市AnalyticaでVü Systemをお披露目しました。それと同時に,このシステムの製造・販売部門として,Pop-Bio Imaging 社を設立しました。Analytica では大成功を収め,世界中の30 社以上の販売代理店と契約を締結し,ほんの数週間で40 台以上を受注することができました。


革新はこれからも続く

Vü Systemの次の段階としては,RGB 光源を追加することにより,マルチプレックス撮影ができるようにしたいと思っています。その後に,コロニー数カウント用デバイスに注力するつもりです。Vü のイメージングプラットフォームを,手に収まるサイズの小型デバイスに組み込めば,様々なアプリケーションに適用できるようになります。


Vu Systemの製品紹介ページへ

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 機器・消耗品担当)

kiki@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。