HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> 酵素活性測定キット> ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kit

活性型プロテインキナーゼの阻害物質探索に最適なキット ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kit

掲載日情報:2016/11/02 現在Webページ番号:65355

セリン/スレオニンキナーゼであるカゼインキナーゼ2(Casein kinase 2, CK2)の酵素活性を,蛍光偏光法で簡便かつ迅速に測定するキットです。遊離型CK2α触媒サブユニットCK2ホロ酵素の両方の活性が測定できるため,ATPまたはプロテインキナーゼ(CK2)の競合阻害物質のスクリーニングに有用です。

操作方法概略

ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kitの操作方法概略

蛍光偏光測定結果

プロテインキナーゼCK2α1-335・プローブCK2-FLUO590複合体に対する各種阻害物質,ヌクレオチドATPおよびGTPとCK2-FLUO590との置換による蛍光偏光測定結果

ARC-Lum/Fluo Protein Kinase Assay Kitsの製品ラインナップ

商品コードをクリックすると,直接価格表がご覧いただけます。

品名 ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kit
商品コード CK2-FLUO590
検出 蛍光偏光法
測定波長 540 nm / 590 nm
試料量 10~25μl
アッセイフォーマット 384-well low volume micro plate

目次に戻る

ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kitの特長

  • 試料と溶液を混合し,蛍光偏光プレートリーダーで測定するだけの簡便,迅速な方法でプロテインキナーゼCK2の活性測定,ATPまたは基質阻害物質のスクリーニングが行えます。
  • 384ウェルフォーマットのため,ハイスループットスクリーニングに最適です。
  • 測定物質:CK2(遊離型CK2α触媒サブユニットおよびCK2ホロ酵素

目次に戻る

ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kitの測定原理

蛍光偏光測定結果

CK2α触媒サブユニットおよびCK2ホロ酵素に高い親和性を有する蛍光プローブCK-FLUO590は,溶液中で基質と結合した高分子(MW>40,000)状態では強い蛍光偏光(Ex 540 nm / Em 590 nm)を発します。競合阻害物質(C)存在下では,CK-FLUO590が置換されて遊離型の低分子(MW<2,000)となるため,ブラウン運動による高速回転が可能となり蛍光偏光が減少します。この蛍光強度の差異から,試験物質のCK2に対する阻害活性を求めることができます。

目次に戻る

ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kitのキット内容

  • Assay buffer
  • CK2-FLUO590 probe
  • Solid DTT
  • Film-covered 384-well low-volume microtiter plate
  • Transparent lid

測定には蛍光偏光の測定が可能なマイクロプレートリーダーが必要です。
プロテインキナーゼ(CK2α)および補因子(Cofactors)はキットには含まれていません。別途ご用意下さい。

目次に戻る

ARC(CK2)-Fluo Protein Kinase CK2 Assay Kitの価格

[在庫・価格 :2021年06月14日 17時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
ARC(CK2)-Fluo: Protein Kinase CK2 Assay Kit
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
Casein kinase 2 (CK2) のキナーゼ活性を測定できるアッセイキット。キットに含まれるARC(CK2)-FluoプローブはCK2に結合すると蛍光偏向性が変化する。CK2の活性測定や阻害剤探索に有用。測定には蛍光偏向 (Fluorescence polarization) プレートリーダーが必要(Ex: 540 nm/Em: 590 nm)。キットには384ウェルフォーマット1枚分の試薬が含まれている。
法規制等
保存条件 室温,-20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事 AGC タンパク質キナーゼファミリーのハイスループットアッセイシステム(KinaseRa社)

[在庫・価格 :2021年06月14日 17時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

ARC(CK2)-Fluo: Protein Kinase CK2 Assay Kit

文献数:0

説明文 Casein kinase 2 (CK2) のキナーゼ活性を測定できるアッセイキット。キットに含まれるARC(CK2)-FluoプローブはCK2に結合すると蛍光偏向性が変化する。CK2の活性測定や阻害剤探索に有用。測定には蛍光偏向 (Fluorescence polarization) プレートリーダーが必要(Ex: 540 nm/Em: 590 nm)。キットには384ウェルフォーマット1枚分の試薬が含まれている。
法規制等
保存条件 室温,-20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事 AGC タンパク質キナーゼファミリーのハイスループットアッセイシステム(KinaseRa社)



目次に戻る

メーカーインタビュー: AGC タンパク質キナーゼファミリーの ハイスループットアッセイシステム


Frontiers_KRS

KinaseRa(キナセラ)社は,2006 年にエストニアのTartu 大学発ベンチャーとして起業した,タンパク質キナーゼファミリーのアッセイキットを販売するメーカーです。
今回は,創業者兼Tartu 大学研究者であるDr. Asko Uri 氏に設立の経緯や製品の特長について伺いました。

  Frontiers_KSR_Dr. Asko Uri CSO
続きを表示する。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。