HOME> 試薬> 遺伝子工学> ゲノミクス> ゲノム編集> Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA

Cas9とsgRNAを同時発現できるレンチウイルスベクター Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA

掲載日情報:2019/10/29 現在Webページ番号:65183

Horizon Discovery社のWebサイトでの本記事掲載製品の検索方法はこちら!

guide RNAによるゲノム編集ツール CRISPR-Cas9特集

トランスフェクションが困難な細胞に!複数回の導入ステップが不要
Cas9と標的遺伝子に対するガイドRNA(sgRNA)を同時発現できるレンチウイルスベクターです。
標的遺伝子をノックアウトした細胞株を用いてのスクリーニング実験に有用です。

 Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

特長

  • 標的遺伝子に対するデザイン済みsgRNAをクローニング済みです。
  • ヒトコドンに最適化済みのspCas9およびPuromycin耐性遺伝子が組み込まれています。
  • sgRNAクローニング済みベクターの大腸菌グリセロールストック,またはパッケージング済みの高力価レンチウイルス粒子のフォーマットがあります。
  • ヒト/マウス/ラットのラインナップがあります。
  • Cas9ヌクレアーゼを発現するプロモーターはmCMVまたはhEF1αからお選びいただけます。

独自のアルゴリズム(Edit-R algorithm)によって,ヒト・マウス・ラット遺伝子をほぼ完全に網羅したデザイン済みガイドRNAをご用意しています。製品はHorizon Discovery社のWebサイト「Edit-R predesigned all-in-one lentiviral sgRNA」でご希望の遺伝子名で検索して表示される中から選択することができます。


目次に戻る

遺伝子ノックアウトのワークフロー

Gene knockout workflow using the Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA system

mixed popultion (左) またはclonal cell line (右) でのEdit-R All-in-one Lentiviral sgRNA を使用したノックアウトのワークフロー


目次に戻る

使用例

Comparison of Edit-R™ two-vector and all-in-one system

Cas9とsgRNAの2ベクターシステムまたはAll-in-one システム(AIO,本製品)で,遺伝子ノックダウンを行った。


目次に戻る

製品ラインナップ

品名をクリックすると製品の詳細,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。
標的遺伝子に対するsgRNA配列の標的部位については,「Edit-R predesigned all-in-one lentiviral sgRNA」をご確認下さい。

品名 動物種 包装
glycerol stock*1 100μl(107 TU/ml) 200μl(107 TU/ml)
Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Human GSGH11935 VSGH11936 VSGH11937
Mouse GSGM11941 VSGM11942 VSGM11943
Rat GSGR11947 VSGR11948 VSGR11949
Edit-R Human All-in-one Set of 3 Lentiviral sgRNA*2 Human GSGH11938 VSGH11939 VSGH11940
Mouse GSGM11944 VSGM11945 VSGM11946
Rat GSGR11950 VSGR11951 VSGR11952

*1 sgRNA発現ベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。
*2 標的遺伝子に対するデザイン済みsgRNA配列から,お好みの3種類を発現するベクターのセット製品です。

■製品のご選択について

下記画像部分クリックするとHorizon Discovery社のWebサイトをご覧いただけます。

horizon discovery注文リンク用画像



目次に戻る

コントロール

品名をクリックすると製品の詳細とHorizon Discovery社のご注文Webサイト,商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名 動物種 包装
glycerol stock*1 50μl(107 TU/ml)
Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Non-targeting
Control #1 - mCMV GSGC11953 VSGC11954
Control #1 - hEF1α GSGC11963 VSGC11964
Control #2 - mCMV GSGC11955 VSGC11956
Control #2 - hEF1α GSGC11965 VSGC11966
Control #3 - mCMV GSGC11957 VSGC11958
Control #3 - hEF1α GSGC11967 VSGC11968
Control #4 - mCMV GSGC11959 VSGC11960
Control #4 - hEF1α GSGC11969 VSGC11970
Control #5 - mCMV GSGC11961 VSGC11962
Control #5 - hEF1α GSGC11971 VSGC11972
Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Positive Control
DNMT3B Positive Control - mCMV Human GSGH11973 VSGH11974
Mouse GSGM11981 VSGM11982
Rat GSGR11989 VSGR11990
DNMT3B Positive Control - hEF1α Human GSGH11975 VSGH11976
Mouse GSGM11983 VSGM11984
Rat GSGR11991 VSGR11992
PPIB Positive Control - mCMV Human GSGH11977 VSGH11978
Mouse GSGM11985 VSGM11986
Rat GSGR11993 VSGR11994
PPIB Positive Control - hEF1α Human GSGH11979 VSGH11980
Mouse GSGM11987 VSGM11988
Rat GSGR11995 VSGR11996
Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Positive Control Kit
DNMT3B Positive Control Kit- mCMV Human GSGH11997 VSGH11998
Mouse GSGM12005 VSGM12006
Rat GSGR12013 VSGR12014
DNMT3B Positive Control Kit- hEF1α Human GSGH11999 VSGH12000
Mouse GSGM12007 VSGM12008
Rat GSGR12015 VSGR12016
PPIB Positive Control Kit- mCMV Human GSGH12001 VSGH12002
Mouse GSGM12009 VSGM12010
Rat GSGR12017 VSGR12018
PPIB Positive Control Kit- hEF1α Human GSGH12003 VSGH12004
Mouse GSGM12011 VSGM12012
Rat GSGR12019 VSGR12020

*1 sgRNA発現ベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。

目次に戻る

ご注文方法

Horizon|Dharmacon製品をご注文いただくには,事前にユーザー登録が必要です。

初めてご注文いただくお客様はユーザー登録・ご注文方法の詳細をこちらでご覧下さい。

ユーザー登録済みのお客様はID(メールアドレス)とパスワードで,Horizon Discovery社のWebサイトトップページでログインして,製品を検索・ご指定の上ご注文下さい。

Horizon Discovery社Webサイトの利用には,Google ChromeおよびSafariが推奨されています。
Internet Explorer では製品検索・ご注文の際の一部の機能が正常に作動しない場合があります。

目次に戻る

カタログ紹介


ゲノム編集試薬カタログ
ゲノム編集関連の試薬を紹介した1冊です。
・ 遺伝子ノックアウト
・ 遺伝子ノックイン&塩基配列の挿入・欠失・置換
・ 遺伝子の転写活性化
ゲノム編集試薬カタログはこちら。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。