HOME> 受託サービス・特注品> 試料分析> バイオマーカー> 唾液試料中バイオマーカーの受託測定サービス

様々なストレス関連因子の測定に対応! 唾液試料中バイオマーカーの受託測定サービス

掲載日情報:2019/09/18 現在Webページ番号:4394

Salimetrics社が構築したアッセイ系を用いて,ご提供いただいた唾液試料に含まれる各種バイオマーカーをEIA法またはkinetic assayにより比色定量する受託サービスです。
Salimetrics社唾液測定の特集についてはこちらをご覧下さい。
測定キットについては,こちらをご覧下さい。
唾液試料のDNA解析受託サービス については,こちらをご覧下さい。

唾液試料中バイオマーカーの受託 唾液試料中バイオマーカーの測定サービス Salimetrics社

特長

  • 米国ペンシルバニア州に本拠を置き,唾液中の各種因子を定量するEIAキットを製造しているSalimetrics社が提供する測定受託サービスです。
  • 熟練したスタッフが定量を行います。
  • 唾液を試料とするため,採取や保管,輸送が簡便です。
  • ストレスホルモン,サイトカイン,生殖ホルモンなどについて,下表のラインナップから,ご希望のバイオマーカーを1つ以上選択していただきます。

血液試料の受託測定は承っておりません。

Check it out!

なぜ『唾液測定』なのか?


採取が簡単なこと,採取時に侵襲を伴わないこと,保存・輸送が簡便なこと,得られた値が多くの因子で血中濃度と高い相関性を示すことなどから,ストレス研究,スポーツ医学,小児科学などの分野で注目されています。
1998 年に設立されたSalimetrics 社は,唾液研究の最先端をリードし,世界中の唾液研究の支援に取り組んでいます。 メーカーウェブサイトでは,唾液を試料としたアッセイに際する注意点について,様々な資料を見ることができます。


目次に戻る

参考文献

  1. 「唾液中コルチゾールによるストレス評価と唾液採取手順」
     井澤 修平,他『労働安全衛生研究』, Vol.3, No.2, p.119~124, (2010) [DOI:10.2486/josh.3.119]
  2. 「唾液を用いたストレス評価 ― 採取及び測定手順と各唾液中物質の特徴 ―」
     井澤 修平,他『日本補完代替医療学会誌』,4巻 3号,p.91~101, (2007) [DOI:10.1625/jcam.4.91]
  3. 「唾唾液中コルチゾールの測定キットの比較 ― 唾液中・血漿中コルチゾールの相関ならびに測定法間の比較 ―」
     井澤 修平,鈴木 克彦『日本補完代替医療学会誌』,4巻 3号,p.113~101, (2007) [DOI:10.1625/jcam.4.113]

目次に戻る

測定可能なバイオマーカーと推奨唾液試料採取器具

表中のをクリックすると,別画面で唾液試料採取器具の説明が表示されます。

測定因子 流涎,Saliva Collection Aid (SCA) Salimetrics Oral Swab (SOS) Salimetrics Children's Swab (SCS) Salimetrics Infant's Swab (SIS)
17-OH progesterone (17OHP)
Aldosterone
α-Amylase*1
Androstenedione
C-Reactive Protein
Chromogranin A
Cortisol
Cotnine
Cytokine Panel
(IL-1β, IL-6, IL-8, TNF-α)
DHEA
DHEA-S
DNA Analysis
Estradiol
Estriol
Estrone
IFN-γ
IgG
IgM
IL-1β
IL-2
IL-6
IL-8
IL-10
IL-12 p70
IL-13
Insulin
Melatonin
Neopterin
Osteocalcin
Oxytocin
Progesterone
Secretory Immunoglobulin A (sIgA) *3 *3 *3
Testosterone
TNF-α
Total Protein
Transferrin & Blood Contamination
Uric Acid*2

灰色で網掛けされた測定因子は,Salimetrics社から唾液試料用測定キットが発売されておらず,受託サービス独自の測定対象となります。
表にない因子については別途ご相談下さい。
*1 α-Amylaseは競合EIA法ではなく,kinetic assayによる比色定量を行います。
*2 Uric Acidは競合EIA法ではなく,酵素反応混合液を利用して定量を行います。
*3 SOS,SCS,SISの使用も可能ですが,流涎(SCA)による採取をお勧めします。

唾液試料中オキシトシン(Oxytocin)の受託測定サービス

Salimetrics社が構築したアッセイ系を用いて,ご提供いただいた唾液試料に含まれるオキシトシンを電気化学発光免疫測定法(ECLIA)により定量する受託サービスもあります。
詳細はこちらをご覧下さい。

目次に戻る

ご 注 意

  • すべての因子について,測定用の唾液採取には流涎を推奨しています。
  • α-Amylase, Aldosterone, Cortisol, Cotinine, C-Reactive Protein, DNA Analysis, IL-1β,Secretory IgA, Testosterone測定用の唾液採取には,唾液採取用器具も使用できます。

流涎(りゅうぜん)とは,SCA(#5016.02)などを使用し,保存用チューブ内に唾液を垂れ流すことにより採取する方法です。
測定する対象により,唾液の採取方法が異なります。各バイオマーカーに最適な唾液採取方法については,採取前にご相談下さい(コットンなどを用いて採取した試料の場合,正確な測定結果が得られない場合があります)。
試料取り扱い法などについて,Salimetrics社WebsiteにFAQが掲載されています。詳細はこちらをご覧下さい。

目次に戻る

実施概要

  1. お見積依頼:対象項目,検体数、などお知らせ下さい。
  2. 検体ご準備:お客様にて,必要な唾液をストック下さい(-80℃保存推奨)
  3. 書類ご準備:検体へのラベリングNo.,測定項目の詳細など再確認。必要事項を書類にご記入頂き提出していただきます。
  4. 送付連絡 :検体を送付できる日時が決まりましたらご連絡下さい。また,フナコシの案内に従い,検体をご発送下さい。
  5. 発 送 :フナコシから測定先に検体を発送致します。
  6. 測定,解析:測定先にて指定項目を解析します。
  7. 結果報告 :測定データをExcel形式のリストで返却いたします。

目次に戻る

DNA解析受託サービス

下記項目について,DNA解析受託サービスも承ります。詳細は,こちらをご覧下さい。

  • DNA Extraction and Normalization
  • Single Nucleotide Polymorphism (SNP) Genotyping
  • Variable Number Tandem Repeat (VNTR) Analysis
  • Short Tandem Repeat (STR) Analysis

目次に戻る

ご注文/価格

ご注文方法,お見積りなどの詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。



目次に戻る

関連製品:唾液試料採取用器具

高回収率で唾液試料を採取できる各種器具です。専用の保存用チューブと組み合わせることにより,唾液の回収・保存が可能です。
詳細はこちらの記事『唾液試料採取用器具』をご覧下さい。

本サービス用の唾液試料採取にも使用可能ですが,対応するバイオマーカーについては当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

唾液試料採取用器具の使用例


目次に戻る

関連製品:唾液中成分(各種バイオマーカー)の測定キット

Salimetrics社では,唾液中の各種バイオマーカーを比色法により定量するEIAキットを製造しており,高い信頼を得ています。
詳細はSalivary EIA Kitをご覧下さい。

唾液試料中各種バイオマーカーの測定キット

目次に戻る

おすすめ製品記事

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。